中山一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
中山 一生
なかやま かずお
生年月日 (1962-11-13) 1962年11月13日(59歳)
出生地 日本の旗 日本 茨城県龍ケ崎市
出身校 日本大学法学部法律学科
前職 中山利生衆議院議員秘書茨城県議会議員
現職 茨城県龍ケ崎市長
所属政党 無所属
親族 祖父・中山栄一(元衆議院議員
父・中山利生(元防衛庁長官・衆議院議員)

当選回数 3回
在任期間 2010年1月18日 - 2022年1月17日

選挙区 龍ケ崎市選挙区
当選回数 1回
在任期間 2007年1月 - 2009年11月
テンプレートを表示

中山 一生(なかやま かずお、1962年11月13日 - )は、日本政治家。元茨城県龍ケ崎市長(3期)、元茨城県議会議員(1期)。

祖父は衆議院議員を務めた中山栄一防衛庁長官を務めた元衆議院議員中山利生は父。

来歴[編集]

茨城県龍ケ崎市生まれ。龍ケ崎市立龍ケ崎市小学校、龍ケ崎市愛宕中学校、茨城県立竜ヶ崎第一高等学校日本大学法学部法律学科卒業[1]

大学卒業後、父・中山利生政策担当秘書を務める。1991年、利生が宮澤内閣防衛庁長官に任命された際は、秘書官を務めた。

2005年第44回衆議院議員総選挙茨城県第3区から無所属で出馬したが、自由民主党葉梨康弘民主党小泉俊明の後塵を拝し、得票数3位で落選。2006年茨城県議会議員選挙に出馬。当選。

2009年11月、茨城県議会議員を任期途中で辞職。同年12月20日に行われた龍ケ崎市長選挙に立候補し、元市職員の油原信義元市議の大野誠一郎を破り初当選した[2]

2013年12月、自由民主党公明党の推薦を受けて市長選に立候補し無投票で再選。

2017年12月、自由民主党・公明党推薦の推薦を受けて市長選に立候補し、元市議の藤木妙子を破り3選。

2021年12月19日投開票の市長選挙で4選を目指すも元茨城県議会議員の萩原勇に敗れ落選した[3][4]

市政[編集]

特別職の育児休暇[編集]

育児休暇の取得率向上を目指し、特別職(市長及び副市長)が育児休暇を取得できるよう、条例案を提出。2010年9月24日の龍ケ崎市議会定例会で可決された。首長の育児休暇が認められたのは、東京都文京区に次いで全国で2例目[5]

官製談合事件[編集]

2021年3月3日、副市長の川村光男と、市社会福祉協議会理事の川北恵一郎が官製談合防止法違反容疑で逮捕された。逮捕容疑によれば、2020年12月に入札が行われた市立中学校の施設改修工事など計6件の市発注工事について、川村が秘密事項である入札参加業者名を、入札前に部下の市職員を通じて川北に漏らしたとされる[6]。川北は、中山利生の支援者の一人で、集票活動などで重用されていた。利生が2004年に死去すると、一生の選挙参謀となった[7]

2021年3月24日、東京地検は川村と川北の共謀者として、契約検査課長のSを在宅起訴し、市長公室参事のOを略式起訴(罰金50万円)した。同年4月14日、契約検査課長補佐のIが自宅で自殺。4月23日、生活支援課長補佐のMが自宅で自殺。4月30日、人事課長のSが自宅で自殺[8]

同年5月6日、中山は「職員の訃報について」と題する文書を職員に配布。「けっしてひとりで悩まずに、話せる人に相談してください。周囲の人が異変に気づいたら、相談するように助言してください」と呼びかけた[8]。6月1日、自身の給料を30%減らす方針を明らかにした。期間は7月1日から任期満了日の来年1月17日まで[9]

2021年6月28日、東京地裁は川北に対し官製談合防止法違反の罪で懲役1年6月、執行猶予4年を言い渡した[10]。2022年3月10日には川村に対しても懲役1年6月、執行猶予4年を言い渡した[11]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 令和3年12月19日執行 龍ケ崎市長選挙 選挙公報
  2. ^ 龍ケ崎市長選挙 - 2009年12月20日投票 | 茨城県龍ケ崎市 | 選挙ドットコム
  3. ^ 福田祥史、鹿野幹男 (2021年12月20日). “茨城・龍ケ崎市長に萩原氏 現職ら2氏破り初当選”. 朝日新聞. https://www.asahi.com/articles/ASPDM7HCBPDLUJHB00S.html 2021年12月20日閲覧。 
  4. ^ 龍ケ崎市長選挙 - 2021年12月19日投票 | 候補者一覧 | 政治山
  5. ^ 市長も育児休暇が取れるのだ! 茨城県龍ケ崎市”. 共同通信 (2010年9月24日). 2010年9月24日閲覧。
  6. ^ “茨城・龍ケ崎副市長ら逮捕 入札情報漏えい容疑―警視庁など”. 時事ドットコム. (2021年3月3日). https://www.jiji.com/jc/article?k=2021030300901&g=soc 2021年12月20日閲覧。 
  7. ^ 奥窪優木 (2021年6月6日). “「妻子に何かされるのでは」…龍ケ崎市役所3人連続自殺、関係者が今も恐れる“黒幕“の正体とは?”. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/45949 2021年12月20日閲覧。 
  8. ^ a b 奥窪優木 (2021年5月28日). “「私は部下を…死なせてしまいました!」 茨城・龍ケ崎市役所で起きた“職員3人連続自殺”の異常事態”. 文春オンライン. https://bunshun.jp/articles/-/45775 2021年12月20日閲覧。 
  9. ^ “龍ケ崎官製談合 市長給料30%減へ”. 茨城新聞. (2021年6月2日). https://ibarakinews.jp/news/newsdetail.php?f_jun=16225576324857 2021年12月20日閲覧。 
  10. ^ “茨城の社協元理事に有罪 工事入札談合事件”. 産経新聞. (2021年6月28日). https://www.sankei.com/article/20210628-N4EYA55AOBIPVIWG354IZ4SMQM/ 2022年5月3日閲覧。 
  11. ^ “官製談合、元副市長に有罪 茨城・龍ケ崎の発注工事”. 産経新聞. (2022年3月9日). https://www.sankei.com/article/20220309-3KMUIBXTXRIJFLV3CIHYKSZRCY/ 2022年5月3日閲覧。 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]