山原健二郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
山原 健二郎
生年月日 (1920-08-11) 1920年8月11日
出生地 高知県長岡郡本山町
没年月日 (2004-03-08) 2004年3月8日(83歳没)
出身校 二松學舍専門学校
前職 高知県議会議員
衆議院議員
所属政党 日本共産党

選挙区 高知1区
当選回数 10回
在任期間 1969年 - 2000年
テンプレートを表示

山原 健二郎(やまはら けんじろう、1920年〈大正9年〉8月11日 - 2004年〈平成16年〉3月8日)は、日本政治家

高知県議会議員(2期)、衆議院議員(10期)、日本共産党衆議院議員団長、党議員団総会副会長を歴任。

概要[編集]

高知県長岡郡本山町出身。

二松學舍専門学校卒。

出征高知新聞記者を経て中学・高校の国語教師に。

1948年、高知県教育委員に全国最年少で当選(27歳)。

1953年、共産党入党。

1956年からは県教組副委員長、県総評副議長を務め、勤評反対闘争の際に懲戒免職となった。

1963年高知県議当選。

1969年第32回衆議院議員総選挙で衆院議員に初当選。党衆議院議員団長、党議員団総会副会長を務める。

1980年2月には、党中央委員会の文教部長となり、87年から党中央委員、97年から幹部会委員。

1996年10月、第41回衆議院議員総選挙において小選挙区高知1区)で10期目の当選を果たす。 (共産党の小選挙区当選者は山原の他には京都3区寺前巌のみであり、山原と寺前の2人以外、共産党候補の小選挙区当選議員は2014年の第47回衆議院議員総選挙において沖縄1区赤嶺政賢まで現れなかった。)

2000年に引退。後継は春名眞章

2004年3月胃癌のため死去、享年83。

国会では主に文教委員会所属。教育政策を専門とした。議員在任中、高知市内の日曜朝市で議会報告を行った。趣味は和歌

2006年6月日本共産党国会事務所(高知市上町2丁目)に国会論戦のメモ、短歌や句、絵手紙などを展示する山原健二郎資料室がオープンした。

政策[編集]

外部リンク[編集]