刈羽村

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
かりわむら ウィキデータを編集
刈羽村
Kashiwazaki-Kariwa Nuclear Power Plant 14-Aug-2019.jpg
柏崎刈羽原子力発電所(画像奥側が村域)
刈羽村旗 刈羽村章
刈羽村旗 刈羽村章
日本の旗 日本
地方 中部地方北陸地方
甲信越地方信越地方
北信越地方上信越地方
広域関東圏
都道府県 新潟県
刈羽郡
市町村コード 15504-7
法人番号 9000020155047 ウィキデータを編集
面積 26.27km2
総人口 4,283[編集]
推計人口、2022年8月1日)
人口密度 163人/km2
隣接自治体 柏崎市長岡市
村の木 クロマツ
村の花 モモ
刈羽村役場
村長 品田宏夫
所在地 945-0308
新潟県刈羽郡刈羽村大字割町新田215番地1
北緯37度25分20秒 東経138度37分21秒 / 北緯37.42211度 東経138.62258度 / 37.42211; 138.62258座標: 北緯37度25分20秒 東経138度37分21秒 / 北緯37.42211度 東経138.62258度 / 37.42211; 138.62258
Kariwa village office New 2019,04.jpg
外部リンク 公式ウェブサイト

刈羽村位置図

― 政令指定都市 / ― 市 / ― 町 / ― 村

ウィキプロジェクト
テンプレートを表示

刈羽村(かりわむら)は、新潟県刈羽郡にあるである。

概要[編集]

1901年に発足した村で、刈羽郡に属する唯一の自治体。村内には東京電力ホールディングス柏崎刈羽原子力発電所が立地している。2021年度時点において地方交付税不交付団体である。柏崎市への通勤率は54.8%(平成22年国勢調査)。

公営の刈羽村ケーブルテレビを運営しており、村役場には大型の受信設備を有している。

地理[編集]

黒川・油田の2大字飛び地になっている。また、2005年平成17年)5月1日柏崎市が刈羽郡西山町を編入したことにより、飛び地以外の区域が柏崎市に囲まれている。なお、柏崎刈羽原子力発電所が海の程近くに存在するが、実際には海岸部分だけが柏崎市に属する形になっており、刈羽村に海岸線はない。

  • 河川: 別山川
  • 湖沼: 大池

歴史[編集]

人口[編集]

Demography15504.svg
刈羽村と全国の年齢別人口分布(2005年) 刈羽村の年齢・男女別人口分布(2005年)
紫色 ― 刈羽村
緑色 ― 日本全国
青色 ― 男性
赤色 ― 女性

刈羽村(に相当する地域)の人口の推移
総務省統計局 国勢調査より


行政[編集]

先代の刈羽村役場

経済[編集]

産業[編集]

砂丘桃の畑

姉妹都市[編集]

教育[編集]

施設[編集]

刈羽村生涯学習センター「ラピカ」
  • 刈羽村生涯学習センター「ラピカ」
    1999年(平成11年)10月に全館オープンした複合施設[2]。体育施設、図書館、文化ホール、公民館を備えた施設で、近隣に同時期に整備された源土運動広場と合わせ、村の生涯学習振興公社が管理運営する形でスタートした[2][3]

交通[編集]

鉄道路線[編集]

路線バス[編集]

  • 越後交通
  • 刈羽村コミュニティバス「ぴーちゃん」

道路[編集]

名所・旧跡・観光スポット・祭事・催事[編集]

ぴあパークとうりんぼ
  • 赤田城址
  • 東福院
  • 常楽寺
  • 宝蔵寺
  • 勝山城址
  • 刈羽貝塚
  • ぴあパークとおりんぼ
    2012年(平成24年)10月にオープンした複合施設[4]。約8.8 haの敷地に人工芝サッカー場2面と温浴施設を併設した宿泊交流センター「ピーチビレッジ」、特産の越後姫やトマト、砂丘桃を栽培する園芸ハウスや圃場、カフェ併設の菓子店「スイーツガーデン」のほか、JAや新潟大学の施設が整備された[5][6]。愛称は「ピーチ」「アグリカルチャー」と越後鉄道にかつて設けられていた臨時駅「桃林(とうりん)駅」に由来する[7]東京電力からの寄付金を活用し、公設民営方式で整備された[4]
  • 東京電力ホールディングス(株)原子力サービスホール
  • 刈羽村ふるさとまつり
  • 桃の花見フェスティバル
  • 滝谷灯籠押し合い祭

出身の著名人[編集]

エピソード(出来事)[編集]

  • 1970年代までに村内を流れる別山川に4本の橋(上流から和田橋、市中橋、井角橋、東栄橋)が架けられた。橋名の中の字を並べると「田中角栄」となる。田中に対する村民の感謝の表れとされている[8]
  • 2001年5月27日、柏崎刈羽原子力発電所でのプルサーマル計画の是非を問う住民投票が行われ、反対が賛成を上回った。有権者4090人のうち、投票者数は3605人(投票率:88.14%)。確定投票の結果は反対が1925(53.4%)に対し賛成が1533(42.52%)、保留が131(3.63%)。
PLANT-5刈羽店(2022年4月)
  • 2004年11月19日、村内に初の大型スーパーセンターPLANT-5刈羽店が開店した。しかし、2007年7月16日に発生した新潟中越沖地震により店舗施設などに甚大な被害を受け、復旧工事のために多額の資金がかかること、復旧工事期間に収益の見込みがないことを理由に、翌月に開かれた取締役会において同年9月20日をもって閉店することが決定した。その後、村政・住民からの熱望を受け、2012年4月26日に営業を再開した。再開後、被害の大きかった建物の一部スペースは未利用のままとなっていたが、村が公募型プロポーザル方式により開発事業者を募集し、2023年に宿泊施設がオープン予定である[9]。また、同年には駐車場の敷地内に刈羽診療所が移転新築予定である[9]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ お知らせ - 刈羽村役場新庁舎建設事業|刈羽村”. www.vill.kariwa.niigata.jp. 2019年4月28日閲覧。
  2. ^ a b “刈羽ラピカ利用4万5千人 村外が半数に迫る”. 柏崎日報. (1999年12月13日). http://www.kisnet.or.jp/nippo/nippo-1999-12-13-1.html 
  3. ^ “刈羽の源土運動広場の工事進む”. 柏崎日報. (1999年1月29日). http://www.kisnet.or.jp/nippo/nippo-1999-01-29-2.html 
  4. ^ a b “大型複合施設:10年に40億円、東電寄付で建設 10月1日オープン”. 毎日新聞. (2012年3月1日). https://web.archive.org/web/20120414042323/https://mainichi.jp/area/niigata/news/20120229ddlk15040066000c.html 
  5. ^ わがまち自慢 〜村長室から〜 (PDF) 」 『電源地域ニュース 電気のふるさと』第30巻、電源地域振興センター、2012年12月、 2頁。
  6. ^ “刈羽村の「とうりんぼ」竣工を祝う”. 柏崎日報. (2012年9月25日). http://www.kisnet.or.jp/nippo/nippo-2012-09-25-2.html 
  7. ^ “愛称は「ぴあパークとうりんぼ」に 刈羽・東電寄付事業の複合施設”. 新潟日報. (2011年11月17日). https://web.archive.org/web/20111118050302/https://www.niigata-nippo.co.jp/news/pref/29301.html 
  8. ^ ロッキード総選挙 田中立候補 4 腹心の県議が4不正『朝日新聞』1967年(昭和51年)11月5日朝刊、13版、23面
  9. ^ a b “刈羽「プラント」敷地内に宿泊施設 2023年春開業 スポーツ合宿など想定”. 新潟日報. (2021年9月3日). https://www.niigata-nippo.co.jp/news/local/20210903639614.html 

関連項目[編集]

外部リンク[編集]