挟間茂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

挟間 茂(はざま しげる、1893年3月24日 - 1987年12月3日)は、日本の内務官僚内務次官日本住宅公団総裁。広島県福山市出身。旧姓・三谷。「間茂」表記の文献もあり[1]。戸籍上は旧字体の挾間。

来歴・人物[編集]

海軍大佐挾間光太の養子[2]。福山中学(現福山誠之館高校)~第六高等学校を経て1919年東京帝国大学法学部法律学科卒業。内務省に入省、衛生局長、茨城県知事、土木局長、地方局長などを歴任。1937年衛生局長として保健所法制定に尽力、現在の保健所制度の基礎を作った[3]。茨城県知事時代の大洪水に対する災害復旧政策は今日でも評価が高い[4]1940年第2次近衛内閣内務次官に就任。大政翼賛会の結成をすすめ、翌1941年大政翼賛会組織局長として国民を戦時体制に動員した。1944年日本出版会会長。戦後は公職追放解除後、1959年日本住宅公団総裁就任、1965年までつとめた。同年従三位勲一等瑞宝章大蔵省に合格していた大学の後輩・鈴木俊一を内務省に入れたのは挾間だという[5]。1987年12月3日死去。享年94。

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 日本の歴代知事 第1巻』、『新・人国記』。
  2. ^ 『新・人国記』朝日新聞社、1963年、231頁
  3. ^ 第70回帝国議会貴族院保健所法案特別委員会議事速記録第二号
  4. ^ 『日本の歴代知事 第1巻』587頁
  5. ^ 戦後日本 01章 aid.indd

参考文献[編集]

  • 『日本の歴代知事 第1巻』歴代知事編纂会、1980年。
  • 『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。

外部リンク[編集]


公職
先代:
大達茂雄
日本の旗 内務次官
第44代:1940年
次代:
萱場軍蔵