中山信安

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

中山 信安(なかやま のぶやす、1832年8月22日(天保3年7月27日[1] - 1900年明治33年)6月19日[2])は、幕末幕臣、明治期の内務官僚茨城県権令。通称・修輔[1]、修助[3]

経歴[編集]

相模国で生まれる[2]漢学東条琴台[4]蘭学緒方洪庵に学び、開国論を唱えた[2][5]神奈川奉行所定番役、新徴組支配定役、御蔵奉行、鉱山取締、佐渡奉行所組頭などを務めた[1][2][5]戊辰戦争が始まると、奉行が退去した後に迅雷隊を組織[2]会津藩士などの来島に対しその駐屯を拒否した[2]新政府に対して統治者の派遣を要請し、中山が佐渡県権判事の辞令を受けた[4]慶応4年7月3日1868年8月20日)御雇・佐渡国取締となる[3]。明治元年11月(1868年-1869年越後府権大参事・奥平謙輔佐渡に渡り、中山は金塊などを引き渡した[2][4]。明治2年2月13日1869年3月25日)佐渡取締を免ぜられた[3]

明治5年5月30日1872年7月5日)新治県参事に任じられ、1873年12月27日、権令に昇進[3]。人民の意見を聞き、印刷機による布告の印刷配布、師範学校の創設、土浦病院の設立などを進めた[5]1875年5月7日、新治県が廃止され、茨城県権令に転じた[3]。師範学校の創設、県庁勧業課の設置、勧業試験場の創設などに尽力[5]1876年12月、地租改正に反対して那珂郡で農民騒擾が起こり、その鎮圧のため囚徒を解放して用いたが、それが越権行為として責任を問われ、1877年1月12日、免本官となり位記返上を命ぜられた[3][5][6]

1880年5月12日、長野県書記官として復帰し[3]1881年1月18日、依願免本官となり退官した[4]

逸話[編集]

妻・幸子は薩摩藩の出身で、幕末に幕府と薩摩藩の関係が悪化したため、彼女を離縁しようとしたが、彼女は承知せずに餓死しようと図り、中山は離婚を取りやめた[5][6]

栄典[編集]

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『明治過去帳』新訂初版、597頁。
  2. ^ a b c d e f g 『幕末維新大人名事典』下巻「中山修輔」218-219頁。
  3. ^ a b c d e f g 『百官履歴 下巻』367-368頁。
  4. ^ a b c d 「正七位中山信安特旨ヲ以テ位二級被進ノ件」
  5. ^ a b c d e f 『茨城県政と歴代知事』29-32頁。
  6. ^ a b 『新編日本の歴代知事』236頁。
  7. ^ 『太政官日誌』 明治7年 第1-63号 コマ番号114

参考文献[編集]

  • 森田美比『茨城県政と歴代知事 : 戦前45名の人物像』暁印書館、1991年。
  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 上田正昭他『日本人名大辞典』講談社、2001年。
  • 安岡昭男編『幕末維新大人名事典』下巻、新人物往来社、2010年。
  • 大植四郎編『明治過去帳』新訂初版、東京美術、1971年(原著私家版1935年)。
  • 修史局編『百官履歴 下巻』日本史籍協会、1928年。
  • 正七位中山信安特旨ヲ以テ位二級被進ノ件』 アジア歴史資料センター Ref.A10110640800