今井久 (内務官僚)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

今井 久(いまい ひさし、1902年明治35年)7月24日 - 1980年昭和55年)7月25日[1])は、日本の内務警察防衛官僚。官選茨城県知事防衛事務次官

経歴[編集]

東京府出身。専売局官吏・今井譲の二男として生まれる。愛知県立第五中学校第八高等学校を卒業。1924年11月、高等試験行政科試験に合格。1925年3月、東京帝国大学法学部法律学科(英法)を卒業。同年4月、内務省に入省し岡山県属となり内務部社会課兼地方課勤務となる。同年12月、休職して入営し、1926年11月、陸軍二等計手となり復職[1]

1927年3月、地方警視宮崎県警察部警務課長兼保安課長に就任。以後、神奈川県警察部警務課長、石川県工場監督官、大阪府警察部警務課長、警視庁警視・警務部警務課長、佐賀県書記官警察部長を歴任。1937年8月に応召され1940年1月まで入隊[1]

1940年1月、三重県書記官・警察部長に発令。内務書記官警保局警務課長、同保安課長を経て、1944年7月、茨城県知事に就任。戦時下の対応に尽力[2]1945年4月、防空総本部次長に転出。内務省調査官に異動し、同年10月に退任[1]。同年に退官[3]1946年9月から1951年10月まで公職追放となる[1]1949年、茨城石炭販売社長に就任[2]

1955年、内閣行政審議会委員となる[2]1956年5月、調達庁長官に就任。1957年6月、防衛庁次長、同年8月、防衛事務次官となり1960年11月まで在任。1974年10月から死去するまで国家公安委員を務めた[1]

脚注[編集]

  1. ^ a b c d e f 『日本近現代人物履歴事典』67頁。
  2. ^ a b c 『新編日本の歴代知事』255頁。
  3. ^ 『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』249頁。

参考文献[編集]

  • 歴代知事編纂会編『新編日本の歴代知事』歴代知事編纂会、1991年。
  • 秦郁彦編『日本官僚制総合事典:1868 - 2000』東京大学出版会、2001年。
  • 秦郁彦編『日本近現代人物履歴事典』東京大学出版会、2002年。