広島県立福山誠之館高等学校

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
広島県立福山誠之館高等学校
Hiroshima Prefectural Fukuyama-Seishikan High School.jpg
北緯34度30分10.1秒 東経133度21分37.2秒 / 北緯34.502806度 東経133.360333度 / 34.502806; 133.360333座標: 北緯34度30分10.1秒 東経133度21分37.2秒 / 北緯34.502806度 東経133.360333度 / 34.502806; 133.360333
過去の名称 広島県福山中学校
尋常中学福山誠之館
広島県福山尋常中学校
広島県第二尋常中学校
広島県第二中学校
広島県立福山中学校
広島県立福山誠之館中学校
広島県福山誠之館高等学校
広島県福山東高等学校
国公私立の別 公立学校
設置者 広島県の旗広島県
設立年月日 1855年(安政2年)1月16日
共学・別学 男女共学
課程 全日制課程
定時制課程
単位制・学年制 学年制(全日制)
単位制(定時制)
設置学科 総合学科(全日制)
普通科(定時制)
学校コード D134210000140 ウィキデータを編集
高校コード 34147K
所在地 720-0082
広島県福山市木之庄町6丁目11-1
外部リンク 公式ウェブサイト
Portal.svg ウィキポータル 教育
Project.svg ウィキプロジェクト 学校
テンプレートを表示
広島県立福山誠之館高等学校の位置(広島県内)
広島県立福山誠之館高等学校
誠之館記念館(旧玄関)

広島県立福山誠之館高等学校(ひろしまけんりつふくやませいしかんこうとうがっこう)は、広島県福山市に所在する県立高等学校

概要[編集]

歴史
校名は1854年(安政元年)備後福山藩阿部正弘により創設され、1872年(明治5年)に廃校となった藩校誠之館」に由来する。しかし直接の前身は1879年(明治12年)に設立された「広島県福山中学校」(旧制中学校)で、1887年(明治20年)にかつての藩校「誠之館」の館号を借り受けて「尋常中学福山誠之館」と改称された[1]。その後、度々の改称を経て1968年(昭和43年)に現校名となった。
設置課程・学科
全日制課程 総合学科学年制
定時制課程 普通科単位制
特色
広島県教育委員会より「トップリーダーハイスクール」(県内高校5校)に指定されている[2]
校歌
第一校歌(作詞:葛原しげる、作曲:小松耕輔)と第二校歌(作詞:葛原しげる、作曲:平井康三郎)がある[3]
姉妹校
2013年(平成25年)12月に以下の2校と姉妹校になっている。

沿革[編集]

  • 1879年(明治12年)7月 - 「広島県福山中学校」が開校。
  • 1887年(明治20年)4月 - 中学校令の制定により「尋常中学福山誠之館」と改称。
  • 1893年(明治26年)4月 - 「広島県福山尋常中学校」と改称。
  • 1897年(明治30年)4月 - 「広島県第二尋常中学校」と改称。
  • 1899年(明治32年)4月 - 中学校令の改正により「広島県第二中学校」と改称(「尋常」が除かれる)。
  • 1901年(明治34年)6月 - 「広島県立福山中学校」と改称。
  • 1927年(昭和2年)9月 - 「広島県立福山誠之館中学校」と改称。
  • 1932年(昭和7年)4月 - 福山市三吉町の旧広島県福山師範学校校舎に移転。
  • 1948年(昭和23年)
    • 2月 - 通信教育部を設置。
    • 5月 - 学制改革により、新制高等学校広島県福山誠之館高等学校」が発足。通常制(全日制)普通課程を設置。この時点では男子校であった。
    • 7月 - 定時制課程(夜間及び水呑(みのみ)分校、鞆(とも)分校)を設置。
  • 1949年(昭和24年)4月1日 - 高校三原則に基づく公立高等学校の再編により、総合制高等学校「広島県福山東高等学校」に改称。通常制商業課程を設置。男女共学を開始。
  • 1953年(昭和28年)4月 - 「広島県福山誠之館高等学校」と名称変更。
  • 1962年(昭和37年)4月 - 通常課程を全日制課程、通信教育部を通信制課程に改称。
  • 1963年(昭和38年)4月 - 全日制商業科[4]、定時制被服科水呑、鞆分校募集を停止。
  • 1964年(昭和39年)3月 - 福山市木之庄町に移転用地を買収完了。
  • 1967年(昭和42年)1月 - 移転用地敷地造成の地鎮祭・起工式を挙行。
  • 1968年(昭和43年)
    • 4月 - 移転用地敷地の造成が完了。
    • 10月 - 「広島県立福山誠之館高等学校」(現校名)に改称(県の後に「立」が付される)。
  • 1969年(昭和44年)
    • 8月 - 現在地に新校舎が完成。
    • 10月 - 移転を完了。
  • 1970年(昭和45年)8月 - 体育館プールが完成。
  • 1971年(昭和46年)
    • 2月 - 講堂が完成。
    • 3月 - 格技場・運動部室が完成。
  • 1976年(昭和51年)4月 - 第9学区総合選抜制(市内5校[5])を導入。
  • 1984年(昭和59年)4月 - 総合選抜制の一部を変更。(理数類型を設置)
  • 1988年(昭和63年)4月 - 規則改正により第9学区東部における総合選抜制(市内3校[6])を開始。
  • 1989年(平成元年)3月 - 通信制課程専用の体育館が完成。
  • 1991年(平成3年)4月 - 通信制課程が分離し、広島県立東高等学校として独立。
  • 1996年(平成8年)2月 - セミナーハウスが完成。
  • 1998年(平成10年)4月 - 総合選抜制が廃止され、単独選抜を開始。全日制普通科の募集を停止し、総合学科を設置。
  • 1999年(平成11年)12月 - 新南館が完成。
  • 2000年(平成12年)
    • 3月31日 - 全日制課程普通科を廃止。
    • 誠之会館(同窓会館)が完成。
  • 2003年(平成15年)4月 - 定時制課程において単位制を導入。
  • 2006年(平成18年)3月 - 部室を改築。
  • 2007年(平成19年)3月 - 新体育館が完成。プールを解体。
  • 2013年(平成25年)12月 - 海外の高等学校(アメリカ1校、カナダ1校)と姉妹校締結。
  • 2016年(平成28年)3月 - 新本館が完成。

行事[編集]

  • 記念祭(文化祭) - 6月
  • 合唱祭 - 6月
  • 体育祭 - 9月
  • マラソン

歴代校長[編集]

  • 初代 石井英太郎 
  • 2代 利根川浩
  • 3代 若井遜
  • 4代 武田安之助
  • 5代 関藤成緒
  • 6代 田口虎之助
  • 7代 瀬川彦四郎
  • 8代 青木儀太郎
  • 9代 山村弥久馬
  • 10代 田村喜作
  • 11代 末久喜十郎
  • 12代 長岡恒喜
  • 13代 原重太郎
  • 14代 福間典海
  • 15代 田邊領一
  • 16代 戒能録
  • 17代 香川光磨
  • 18代 掛江正之 
  • 19代 宮敏夫
  • 20代 後藤泰樹
  • 21代 長谷川雄一
  • 22代 沢井一男
  • 23代 桑田五郎
  • 24代 松岡正三
  • 25代 岸本金夫
  • 26代 小林達治
  • 27代 皿田文彦
  • 28代 高山正義
  • 29代 古田博保 
  • 30代 小林史郎
  • 31代 中山慧海
  • 32代 美濃盛國
  • 33代 山代猛博
  • 34代 下﨑邦明
  • 35代 安西和夫
  • 36代 古川正徳
  • 37代 平盛吉昭
  • 38代 山口哲治
  • 39代 古前勝教

著名な出身者[編集]

アクセス[編集]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ 学校情報 - 広島県立福山誠之館高等学校
  2. ^ 平成25年度高等学校学力向上対策事業指定校 (PDF) (広島県ウェブサイト)
  3. ^ 学校生活 - 広島県立福山誠之館高等学校
  4. ^ 1964年(昭和39年)に広島県福山商業高等学校が新設された。
  5. ^ 福山誠之館、福山葦陽松永大門市立福山
  6. ^ :福山誠之館、大門、福山明王台

関連項目[編集]

外部リンク[編集]