粟山ひで

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

粟山 ひで(もみやま ひで、1907年12月13日 - 1996年5月18日[1])は、日本の政治家自由民主党衆議院議員(4期)。衆議院議員を務めた粟山博は義父、同じく衆議院議員を務めた粟山明は弟。

来歴[編集]

福島県出身。福島県立福島高等女学校(現:福島県立橘高等学校)卒業後[2]日本女子大学で学ぶ[2]。その後は義父の粟山博の秘書を務める[2]1959年義父が死去。翌1960年第29回衆議院議員総選挙福島1区から自民党公認で立候補するが、次点に終わる[3]。次の1963年第30回衆議院議員総選挙で立候補して初当選し、以来連続4期務める[1]。この間厚生政務次官、科学技術政務次官、衆議院公職選挙法改正に関する調査特別委員長などを歴任し[1][2]、党内では総務、婦人局長、全国組織委員会副委員長などを務めた[2]1976年第34回衆議院議員総選挙には出馬せず、地盤を弟の明に譲った。1996年死去。

脚注[編集]

  1. ^ a b c 『新訂 政治家人名事典 明治~昭和』621頁。
  2. ^ a b c d e 『議会制度百年史 - 衆議院議員名鑑』647頁。
  3. ^ 『朝日選挙大観』459頁。

参考文献[編集]