佐藤たくみ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
さとうたくみ
佐藤 たくみ
出生地 日本の旗 日本
職業 子役俳優
活動期間 1975年 - 1980年
主な作品
テレビドラマ
子連れ狼

佐藤 たくみ(さとう たくみ)は、日本の元子役俳優。テレビドラマ『子連れ狼(萬屋錦之介版)』第3部での萬屋演じる主人公拝一刀の息子大五郎役で知られる。

出演作品[編集]

佐藤「大五郎」誕生の背景[編集]

当初は、従来のとおり西川和孝が大五郎を演じるはずだったが、第2部の制作終了と第3部の製作開始との間に予想外のブランクが生じ、そのために西川の容姿では大五郎を演じることが困難となった。そこで急遽オーディションが行われ、佐藤が新たに大五郎を演じることとなった。

佐藤「大五郎」への評価[編集]

悲しい宿命の子・大五郎」を上手く演じたと評価される前任者の西川に比べ、佐藤はその容姿が原作の大五郎によく似ているとか、「まだ三つの大五郎」を上手く演じたと評価されるが、第1部・第2部で大五郎を演じた西川に比べると、どうしても認知度が低く、大五郎というと西川の顔がすぐに思い浮かぶというファンが多い。尚、この第3部の放送開始の前後に原作が完結し、このドラマの終盤でも佐藤の演じる大五郎が宿敵・柳生烈堂(演・佐藤慶)を倒している。

裏話[編集]

佐藤の実父は、剣道の師範だったので、その息子の佐藤も幼少時から、父から稽古をつけられていたらしい。そのためか、一刀が刀を持つということを教えるべく大五郎に木切れで自身を叩かせるシーンの撮影で、佐藤は思い切り萬屋を叩き、萬屋はカットの声が掛る度に悲鳴を上げていたという。