重村一

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

重村 一(しげむら はじめ、1944年11月30日 - )は、日本テレビプロデューサーニッポン放送取締役相談役。

東映アニメーション社外取締役、日活クリエイティブアドバイザーも務める。

フジテレビでバラエティ番組及びテレビドラマのプロデューサーや編成を担当後、同局取締役、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ代表取締役社長、ニッポン放送代表取締役会長等を歴任した。

プロフィール[編集]

神奈川県出身[1]。1968年、早稲田大学第一政治経済学部卒業後、フジテレビに入社。『夜のヒットスタジオ」のゼネラルプロデューサーや、『大空港』などのテレビドラマのプロデューサー(企画)等を務めた後に、1987年に編成部長、1994年に編成局長に就任。

1997年には取締役に昇格し、同時にフジテレビがイコールパートナーとして資本参加したジェイ・スカイ・ビー(JスカイB)の代表取締役副社長に就任。1998年、日本デジタル放送サービス(後のスカイパーフェクト・コミュニケーションズ、現・スカパーJSAT)とJスカイBの合併に伴い同社副社長を務め、2002 FIFAワールドカップの放映権獲得に尽力した。

2003年6月、スカイパーフェクト・コミュニケーションズ代表取締役社長に昇格し、就任後の2004年3月期決算で初の黒字を達成したほか、オプティキャストを設立し、FTTHによる有線役務利用放送「スカイパーフェクTV!光」(のちの登録有線一般放送スカパー!プレミアムサービス光」)を開始した(オプティキャストは2014年にスカパーJSATへ合併)。

2006年6月にニッポン放送代表取締役会長に就任( - 2019年6月)。また、2007年には日本映画テレビプロデューサー協会特命副会長に就任、「国際ドラマフェスティバル in TOKYO」の実行委員長を務めた(2008年以降は副委員長・エクゼクティブプロデューサー)。

2018年6月にニッポン放送代表取締役から取締役会長となり、2019年6月からは同局取締役相談役となった。

脚注[編集]

  1. ^ 『読売年鑑 2016年版』(読売新聞東京本社、2016年)p.286

外部リンク[編集]