野狐禅 (フォークバンド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
野狐禅
出身地 日本の旗 日本
ジャンル フォークソング
活動期間 1999年 - 2009年
メンバー 竹原ピストルボーカルギター
濱埜宏哉キーボードコーラス

野狐禅(やこぜん、Yakozen)は、日本の2人組フォークバンド1999年に結成され、2009年に解散。

メンバー[編集]

来歴[編集]

竹原と濱埜が道都大学社会福祉学部在籍時に知り合い、大学卒業後の1999年に結成。結成後は、北海道で年間100本以上のライブを行い、2001年3月から活動の拠点を東京都に移す。オフィスオーガスタに所属。スピードスターレコードより「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」を出した際、スガシカオのラジオ「OH! MY RADIO」内にて、「好きですね」という内容のコメントを受ける。この楽曲は一部のラジオ局では「自殺」という言葉から放送自粛曲となった。後に放送可。

2006年、映画『青春☆金属バット』に竹原が主演。また同映画のテーマソングを野狐禅が担当した。2007年1月、竹原がアマチュア時代と同じ状況下に戻したいという理由から、オフィスオーガスタから独立。スピードスターレコードとも契約終了。2008年12月17日、2年半ぶりとなるアルバム、『野狐禅』を発売。全国ツアー「野狐禅」全41公演を開催。2009年5月9日、同ツアーを以って解散した事を公式サイト上で発表。

評価[編集]

笑福亭鶴瓶は、自身がパーソナリティーを務めるラジオ番組(『日曜日のそれ』など)で、お気に入りのバンドとして野狐禅の楽曲をたびたび取り上げ、『日曜日のそれ』2006年8月6日放送回にはゲストとして野狐禅を招いた。

松本人志は、2007年11月10日放送の『松本人志の放送室』内で「良いんですよ、こういうのが売れないといけない」とコメントした。

ディスコグラフィ[編集]

シングル[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2003年7月30日
2015年05月27日
自殺志願者が線路に飛び込むスピード VICL-35561
SCL-12685:MEG-CD
  1. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード
  2. サクラサイタ
2nd 2003年9月24日 少年花火 VICL-35570
  1. 少年花火
  2. 高校三年生
3rd 2003年11月19日
2015年05月27日
初恋 VICL-35587
SCL-12686:MEG-CD
  1. 初恋
  2. 酒と泪と‥‥
4th 2004年5月19日
2015年05月27日
東京紅葉 VICL-35655
SCL-12687:MEG-CD
  1. 東京紅葉
  2. 銀色
5th 2004年8月11日 カモメ VICL-35686:初回限定盤
VICL-35786:通常盤
  1. カモメ 〜伊藤園「お~いお茶」CMソング〜
  2. 凡才
6th 2004年10月27日
2015年05月27日
ぐるぐる VICL-35726:初回限定盤
VICL-357278:通常盤
  1. ぐるぐる 〜テレビドラマ19borders」主題歌〜
  2. 絶景
  3. 例の設計図

アルバム[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲 備考
Indies 2001年11月20日 便器に頭を突っ込んで ATS-001
  1. 便器に頭を突っ込んで
  2. 金属バット
  3. 少年花火
  4. さらば、生かねばならぬ 
  5. 初恋
  6. 君の瞳は何を見てるの
Augusta Records
1st 2003年12月3日
2007年12月19日
鈍色の青春 VICL-61238:CCCD
VICL-62704:CD
  1. 山手線
  2. 鈍色の青春 
  3. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード(アルバムバージョン)
  4. 少年花火(アルバムバージョン/シングルに入っているドラム音が入っていない)
  5. キッズリターン
  6. さらば、生かねばならぬ
  7. 首をかしげて‥‥
  8. 金属バット
  9. 拝啓、絶望殿
  10. 初恋(アルバムバージョン)
  11. 君の瞳は何を見てるの
2nd 2004年11月17日 東京23区推奨オモイデ収集袋 VIZL-126:初回限定盤
VICL-61538:通常盤
  1. あじさい
  2. フライング蝉
  3. 東京紅葉
  4. 夏みかん
  5. スタンド・バイ・ミー
  6. 約束
  7. カモメ
  8. 札幌処刑台
  9. 春夏秋冬
  10. 泪橋
  11. ぐるぐる
3rd 2006年6月21日 ガリバー VICL-61970
  1. 日々、割れた日々
  2. 青春ゴーズ・オン
  3. じゅうじか
  4. 風来坊
  5. 秋月
  6. 不完全熱唱
  7. 東京マシンガン
  8. ならば、友よ〈アルバムバージョン〉
4th 2008年12月17日 野狐禅 WHCD-55
  1. 地獄
  2. トレインとレイン
  3. さよならの唄
  4. ローアンドロー
  5. シーグラス(野狐禅が宮古島に行った時に竹原ピストルが書いたポエムが歌詞になっている)
  6. あほみたい
  7. えいえいおーと泣くのです
  8. 気付けなかったよ、ごめんね
  9. よう挑んだ
  10. 東雲
WESS Records
Live 2009年9月21日 野狐禅 LAST LIVE at 札幌 KRAPS HALL CD ATS-20:初回生産限定盤
  1. あじさい
  2. 青春ゴーズ・オン
  3. 東京紅葉
  4. ならば、友よ
  5. カモメ
  6. さらば、生かねばならぬ
  7. トレインとレイン
  8. じゅうじか
  9. 鈍色の青春
  10. 札幌処刑台
  11. 東雲
  12. ぐるぐる
  13. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード

初回生産限定盤DVD

  1. 春夏秋冬
  2. 気付けなかったよ、ごめんね
  3. 初恋
  4. シーグラス
  5. 少年花火
  6. ぐるぐる

DVD[編集]

  発売日 タイトル 規格品番 収録曲
1st 2003年6月18日 「野狐禅」-プレデビューDVD(CD付) VIZL-80

DVD

  1. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード (ライブ映像)
  2. 少年花火 (ライブ映像)
  3. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード (予告編)

8cmCDシングル

  1. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード (ライブ音源)
  2. 少年花火 (ライブ音源)
2nd 2009年9月21日 「野狐禅 LAST LIVE at 札幌 KRAPS HALL DVD」 ATS-21
  1. あじさい
  2. 日々、割れた日々
  3. 青春ゴーズ・オン
  4. 東京紅葉
  5. スタンド・バイ・ミー
  6. ならば、友よ
  7. カモメ
  8. さらば、生かねばならぬ
  9. トレインとレイン
  10. じゅうじか
  11. フライング蝉
  12. えいえいおーと泣くのです
  13. 鈍色の青春
  14. ローアンドロー
  15. 札幌処刑台
  16. よう挑んだ
  17. 東雲
  18. 泪橋
  19. ぐるぐる
  20. 自殺志願者が線路に飛び込むスピード

ミュージックビデオ[編集]

監督 曲名
熊切和嘉 「ぐるぐる」
竹内鉄郎 「自殺志願者が線路に飛び込むスピード」「初恋」「少年花火」
「不完全熱唱」
不明 「ならば、友よ」「カモメ」「東京紅葉」

テレビ出演[編集]

主なライブ[編集]

  • 2001年07月20日・28日 - Augusta Camp 2001
  • 2002年07月21日 - 山崎まさよし サマーライブ IN 上ノ国
  • 2002年07月27日 - FUJI ROCK FESTIVAL '02
  • 2002年08月04日 - Augusta Camp 2002
  • 2002年10月19日 - MINAMI WHEEL 2002
  • 2003年07月11日 - スペースシャワー列伝 第28巻 ~夏企画 男吼(おとこなき)の宴~
  • 2003年08月08日 - スペースシャワー列伝 第29巻 ~光波(きらめき)の宴~
  • 2003年08月23日・30日 - Augusta Camp 2003
  • 2003年08月24日 - 小岩井ロックフェスティバル
  • 2003年10月18日 - MINAMI WHEEL 2003
  • 2004年04月15日 - スペースシャワー列伝 特別編 三周年記念 大宴会
  • 2004年08月11日 - ロックロックこんにちは! in 仙台
  • 2004年08月13日 - RISING SUN ROCK FESTIVAL 2004 in EZO
  • 2004年08月21日 - MONSTER baSH 2004
  • 2004年12月29日 - COUNTDOWN JAPAN 04/05
  • 2006年10月08日 - MINAMI WHEEL 2006
  • 2007年08月05日 - 八食サマーフリーライブ 2007
  • 2008年11月02日 - MINAMI WHEEL 2008

備考[編集]

竹原は高校時代ボクシング部の主将を務めており、濱埜は大学で演劇部の裏方をしていた。2人はかつて、北海道内のアパートで同居。お互いのことを「濱埜君」、「竹ちゃん」と呼び合う。竹原はバンドを結成する際、強面だった自分とギャップのある人物とバンドを組みたくて「華奢で家帰ったらパソコンをしていそうなヤツを紹介してくれ」と友人に頼み、紹介された濱埜を見た瞬間「これ!!」と思った。また濱埜はあまりに竹原の風貌が恐ろしかったのでバンド結成の話を断れなかったとしている。HEY!HEY!HEY! MUSIC CHAMPに出演した際、給料について聞かれ竹原が「13万です」と語り笑いを誘ったが、濱埜は13万よりも3千円少ない12万7千円しか貰った事がないと驚いていた。

外部リンク[編集]