倫敦ノ山本五十六

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
特集ドラマ
倫敦ノ山本五十六
ジャンル テレビドラマ
企画 右田千代
脚本 古川健
演出 大原拓
出演者 香取慎吾
高良健吾
片岡愛之助
國村隼
渡辺いっけい
嶋田久作
中村育二
市原隼人
平岩紙
景井ひな
伊武雅刀
山本學
ナレーター 林田理沙
音楽 上野耕路
国・地域 日本の旗 日本
言語 日本語
時代設定 昭和初期
製作
制作統括 夜久恭裕
プロデューサー 倉崎憲
里内英司(MMJ)
中村直文
放送
放送チャンネルNHK総合
音声形式ステレオ放送
放送国・地域日本の旗 日本
放送期間2021年12月30日(予定)
放送時間木曜 22:00 - 23:13
放送枠特集ドラマ
放送分73分
回数全1回
テンプレートを表示

倫敦ノ山本五十六』(ロンドンのやまもといそろく[1])は、NHK総合の特集ドラマとして、2021年12月30日の木曜 22時00分 - 23時13分に放送予定のテレビドラマ[1][2]。主演は大河ドラマ新選組!」以来17年ぶりのNHKドラマ出演となる香取慎吾[1][2]

概要[編集]

のちに太平洋戦争開戦のきっかけとなる真珠湾攻撃で提督を任されることになる山本五十六は昭和9年(1934年)に日本国の命運を懸けて米国との軍縮交渉に臨むことになるが、米国の絶大なる力を熟知していた山本は「ここで交渉が決裂すれば、日本は国際社会から孤立してしまう」との危機感から交渉の決裂だけは避けたいと思っていた[1][2]。しかし、そんなことなど露とも考えていない日本海軍の上層部は当初からの「結論があってこそ」の姿勢を崩さなかった[1][2]

本作はNHKのエグゼクティブディレクターである右田千代が企画。太平洋戦争開戦から80年の歳月を経て、NHKの独自取材により開拓された日本海軍内部の極秘文書に基づいて制作された[1][2]。日本国民から「英雄」と呼ばれる前の山本五十六がもがき続けてきた若き時代の姿を映し出す[1][2]

キャスト[編集]

山本五十六
演 - 香取慎吾
本作の主人公。海軍将校であり、ロンドン軍縮予備交渉において首席代表を務める。
富岡定俊
演 - 高良健吾[3][4]
海軍軍人。
堀悌吉
演 - 片岡愛之助[3][4]
海軍中将であり、山本五十六の親友。
松平恒雄
演 - 國村隼[3][4]
外交官。駐英大使として軍縮予備交渉で山本に帯同する。
大角岑生
演 - 渡辺いっけい[3][4]
海軍大臣であり、軍縮反対派。
伏見宮博恭王
演 - 嶋田久作[3][4]
皇族出身の軍人であり、軍令部総長
長谷川清
演 - 中村育二[3][4]
海軍次官
岡新
演 - 市原隼人[3][4]
海軍軍人。駐英武官として軍縮予備交渉で山本に帯同する。
山本礼子
演 - 平岩紙[3][4]
山本五十六の妻。
正木美子
演 - 景井ひな[3][4]
山本家の女中。
加藤隆義
演 - 伊武雅刀[3][4]
軍令部次長であり、軍縮反対派。
高橋是清
演 - 山本學[3][4]
政治家であり、前・大蔵大臣。

スタッフ[編集]

  • 脚本 - 古川健
  • 音楽 - 上野耕路
  • 語り - 林田理沙[3]
  • 制作統括 - 夜久恭路
  • 企画 - 右田千代
  • 取材 - 大森健生、梅本肇
  • プロデューサー - 倉崎憲、里内英司(MMJ)、中村直文
  • 演出 - 大原拓

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f g "香取慎吾さん主演 太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」制作開始!". NHKドラマトピックス. 日本放送協会. 11 November 2021. 2021年11月11日閲覧
  2. ^ a b c d e f "香取慎吾 NHK特集ドラマ主演 丸刈り頭で軍人・山本五十六を演じる". nikkansports.com. 日刊スポーツ新聞社. 11 November 2021. 2021年11月11日閲覧
  3. ^ a b c d e f g h i j k l "香取慎吾さん主演 太平洋戦争80年・特集ドラマ「倫敦ノ山本五十六」追加キャスト発表&メインビジュアル公開!". NHKドラマトピックス. 日本放送協会. 1 December 2021. 2021年12月1日閲覧
  4. ^ a b c d e f g h i j k "香取慎吾主演『倫敦ノ山本五十六』追加キャストに高良健吾&片岡愛之助ら メインビジュアルも公開". ORICON NEWS. oricon ME. 1 December 2021. 2021年12月1日閲覧

外部リンク[編集]