ぼくのおじさん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ぼくのおじさん
著者 北杜夫
イラスト 和田誠
発行日 1972年11月20日
発行元 旺文社新潮文庫
ジャンル 児童文学
日本の旗 日本
言語 日本語
公式サイト http://www.shinchosha.co.jp/
コード ISBN 978-4101131238
Portal.svg ウィキポータル 文学
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

ぼくのおじさん』は、日本の旺文社より出版された北杜夫による小説。および、それを原作としたテレビドラマ、または日本映画

概要[編集]

小学生の「ぼく」雪男が語る、雪男の父の弟「おじさん」との日常を描いた作品であり児童文学

旺文社の雑誌『中二時代』で昭和37年(1962年)5月号から翌年『中三時代』まで連載され、旺文社ジュニア図書館から1972年11月20日に発売された。その後1981年に新潮文庫として発売。絶版状態だったが、映画化に伴い2015年12月に新潮文庫で記念復刊している。

表紙と挿絵は和田誠。発売当時の挿絵はカラーで収録されている。

旺文社ジュニア図書館での発売当時は〈小学5・6年〜中学向き〉と書かれており、全国学校図書館協議会選定図書となっている。

「おじさん」のモデルは作者の北杜夫自身であり、同作家の『高みの見物』に出てくる「目玉医者」はこの作品からとっている。読者層が異なることから、本にすることができたと北はあとがきで語っている。

1974年NHK少年ドラマシリーズで実写ドラマ化、2016年山下敦弘監督、松田龍平、大西利空主演で映画化された。

あらすじ[編集]

書誌情報[編集]

テレビドラマ[編集]

少年ドラマシリーズ(NHK)にて同タイトルで実写ドラマ化。1974年3月18日 - 4月12日(月 - 金)18:05-18:30で放送された。

時代背景もあり、数作を除いてこのシリーズはNHKに残っていないとされており、本作も現存していない。

  • 演出:武井博他
  • 脚本:水原明人・三枝睦明 
  • 出演:ぼく(大鹿純)妹(塩崎由美子)パパ(岡部雅都)おじさん(藤尾年樹)

映画[編集]

ぼくのおじさん
監督 山下敦弘
脚本 須藤泰司
原作 北杜夫
出演者 松田龍平
大西利空
真木よう子
音楽 きだしゅんすけ
配給 東映
公開 日本の旗 2016年11月3日
製作国 日本の旗 日本
言語 日本語
テンプレートを表示

2016年11月3日公開の日本映画

2015年10月5日に都内でクランクインし、10月23日まで日本で撮影。10月30日から11月15日までハワイオアフ島ハワイ島で撮影を行った[1]。設定やあらすじは原作から一部変更されており、設定も現代になっている。

映画『探偵はBARにいる』シリーズのプロデューサー須藤泰司が、「もう少し年齢を重ねた彼(松田龍平)に演じてもらいたい」と切望し、自ら脚本を書いて映画化を決定させた[1]

キャスト[編集]

スタッフ[編集]

脚注[編集]

外部リンク[編集]