零 〜ゼロ〜 女の子だけがかかる呪い

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
劇場版 零 ゼロから転送)
ナビゲーションに移動 検索に移動
零 〜ゼロ〜
女の子だけがかかる呪い
著者 大塚英志
発行日 2014年8月29日
発行元 KADOKAWA
ジャンル ホラー小説
形態 文庫角川ホラー文庫
電子書籍
コード ISBN 978-4-04-101642-8-C0193
[ Wikidata-logo-en.svg ウィキデータ項目を編集 ]
テンプレートを表示

零 〜ゼロ〜 女の子だけがかかる呪い[注 1]』(ゼロ おんなのこだけがかかるのろい)は、ホラーゲーム零シリーズを基にした大塚英志原作による日本ホラー小説、およびそれを基にした別名のホラー映画#劇場版 零 ゼロ)作品のメディアミックスである。

ストーリー・設定[編集]

ストーリー[編集]

舞台は田舎のミッション系全寮制女学園。カスミは、同級生の中でも最も美しいアヤに憧れを抱いていた。アヤは言う。午前0時になる千分の一秒前。写真にキスをすれば、同じ呪いにかかる……。写真にキスをした少女は、次々と消えていってしまうのだった。

設定[編集]

登場人物[編集]

アヤ
本作の主人公。同級生の中で最も美しいと評判の少女で、周囲からは憧れのカリスマ的存在。ある日を境に、部屋に閉じこもってしまう。
カスミ
小説版のもう1人の主人公。ミチの友人で、アヤに憧れを抱いている。少し内気な性格。
ミチ
映画版のもう1人の主人公。写真撮影が趣味の少女。友人が次々と神隠しに遭ったことを機にアヤと共に、事件の謎に迫る。

劇場版 零 ゼロ[編集]

劇場版 零 ゼロ
監督 安里麻里
脚本 安里麻里
原案 零 (ゲーム)
原作 大塚英志『零 〜ゼロ〜 女の子だけがかかる呪い』
製作 「劇場版 零 ゼロ」製作委員会
KADOKAWA
電通
ハピネット
コーエーテクモゲームス
エイベックス・ミュージック・クリエイティヴ
ひかりTV
製作総指揮 角川歴彦
出演者 中条あやみ
森川葵
主題歌 JAMOSA「LOVE AIN'T EASY」
撮影 月永雄太
編集 村上雅樹
製作会社 角川大映スタジオ
配給 KADOKAWA
公開 日本の旗 2014年9月26日
製作国 日本の旗 日本
興行収入 1.2億円[1]
テンプレートを表示

劇場版 零 ゼロ[注 2]』(げきじょうばん ゼロ)は、上述小説『零 〜ゼロ〜 女の子だけがかかる呪い』を原作とする、監督安里麻里、主演中条あやみ森川葵による日本ホラー映画である。キャッチフレーズ“私の呪いを解いて…” および “次の0時の死者は誰”

キャスト[編集]

原作小説との相違点[編集]

注釈[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 角川書店公式サイト上での表記で原文〔ママ〕では〜(波ダッシュ)ではなく~(全角チルダ)での 「零 ~ゼロ~ 女の子だけがかかる呪い」 だが、他のマスメディア記事などでは 「零 ゼロ 女の子だけがかかる呪い」 のような表記揺れも見られる。
  2. ^ タイトルのロゴタイプでの表記だが厳密に言えば統一されておらず、映画公式サイトのタグやソース内・映像・トップページ各所/公式Twitterアカウントおよび回答/Facebookアカウント/KADOKAWA配給サイトなどでは“劇場版 零~ゼロ~”、映画公式サイトのソース内では“映画『零~ゼロ~』”、マスメディア記事/副次資料などでは“劇場版 零 ゼロ”、原案ゲームの1つ 『零 濡鴉ノ巫女』 公式サイト上では“劇場版 ~零~”などとなっており、~(全角チルダ)全角スペースを使用していたり、劇場版やカナ名が無いなど、表記揺れがある。

出典[編集]

  1. ^ キネマ旬報』2015年3月下旬 映画業界決算特別号、93頁。

外部リンク[編集]