デカ 黒川鈴木

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
デカ 黒川鈴木
ジャンル 刑事ドラマ
放送時間 木曜日23:58 - 翌0:38(40分)
放送期間 2012年1月5日 - 3月29日(13回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 読売テレビ
演出 本田隆一 ほか
原作 滝田務雄
脚本 大宮エリー
プロデューサー 堀口良則(CP)
福田浩之
河内俊昭
出演者 板尾創路
田中圭
鶴田真由
田辺誠一 ほか
音声 ステレオ放送
字幕 文字多重放送
データ放送 連動データ放送
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

デカ 黒川鈴木』(デカ くろかわすずき)は、2012年1月5日から同年3月29日まで読売テレビ制作・日本テレビ系列木曜ミステリーシアター枠で放送されていたテレビドラマ

タイトルロゴでは『デカ黒川鈴木』(☆は他の文字よりも小さい)と表記されている。

概要[編集]

滝田務雄警察小説田舎の刑事シリーズ[1]を原作に、都会から離れた田舎にある警察署刑事・黒川鈴木が、無能な部下たちと共に田舎で起きた凶悪事件の解決に全力で取り組む姿をコメディータッチで描く。お笑いタレントが多くゲスト出演しているが、おおむね事件パートに関わるシリアス、陰鬱な役どころであり、ギャグの多くは田辺誠一扮する白石高作や鶴田真由演じる黒川静江が担っている。

板尾創路は、木曜ミステリーシアターの前身である木曜ナイトドラマ枠で放送された『連続ドラマ小説 木下部長とボク』(2010年1月期)以来2年ぶりの主演となり、脚本は同作を手掛けた大宮エリーが担当する。

キャッチコピーは「この刑事たち、チームワークゼロ。

2012年6月13日にDVD-BOXを発売。

原作との主な相違点[編集]

  • 黒川と白石が同じネットゲームに参加している(黒川のみが相手を知っている)設定が省かれている。
  • 黒川夫人に静江というファーストネームが与えられ、静かに遠まわしに毒を吐く性格(「黒川夫人は不満があっても、それを口にするような性格の人間ではないのである」「妻はここで言葉を止めると黒川を優しい目で見つめて、静かな声で言った」)から、よりストレートに喚きちらす人物に変わっている。
  • 黒川が、推理力は鋭いが杓子定規で嫌味な小役人タイプ(「プライドが高くて粘着質で躁鬱が激しい人ですからね」)から、より人生の機微をわきまえたヒーロー型にシフトしているほか、部下に対してや、飲み屋などでは関西弁が出る人物となっている。喜劇的な側面は妻とのやりとりや白石への突っ込みなどが残されている。
  • 黒川と白石の険悪な関係が、じゃれあい程度のソフトなものになっている。これは『動物記』のほうに近い。原作、特に『趣味とお仕事』の白石は黒川をかなり嫌っているが、ドラマ版の白石はむしろ黒川を慕っている。黒川の側は原作ほどではないが白石を突き放している。
  • 黒川が係長と示されているが、階級は不明。原作では逆に階級(巡査部長)のみ示されている。なお、原作ではどの人物も容姿や年配を一切描写していない。黒川の妻が第三者に「どこかの若奥さん」と呼ばれている程度である。
  • 原作に登場する名前不明の課長が登場せず、原作では『動物記』で間接的に語られるのみの署長が直接登場してこれに近い役割を与えられている。ただし出番は少ない。
  • 各事件の動機部分が大幅にオリジナルで付加され、犯人像も変更されているものが多い。窃盗事件が殺人事件に変えられているものもある。
  • 交通課から刑事課に応援勤務する女性警官という設定で緑谷がオリジナル・レギュラーとして加えられている。

キャスト[編集]

レギュラー[編集]

奥野原警察署[編集]

黒川 鈴木 (40) - 板尾創路
刑事係係長。抜群の推理力の持ち主だが、頭が固く浮ついている白石に暴言を吐くこともある。反面、部下や妻の陰口に弱い。天然ボケな一面もあり、ほどけた靴紐を結ぼうとしたり、脱げそうになった靴下を直そうとすると、かがんだ体勢のままダンゴムシのように後ろに転がってしまう。口癖は「トリックは犯人からのメッセージなんや」。
白石 高作 (37) - 田辺誠一
黒川の部下。能天気で空気を読まないマイペースな性格の持ち主で、黒川に殺意を覚えさせるほどである。
赤木 忠志 (26) - 田中圭
黒川の部下。警察署きってのイケメン刑事。黒川や白石とは違い生真面目で、二人のツッコミ役。実家は医院で、入院した父親から医者を継げと言われ、大学の医学部に入るべく受験勉強をするため内勤となり、無事医大生となる。
緑谷 緑 - 藤本泉
交通課。刑事課で捜査の補佐も務める。
署長 - 斉木しげる
「いつもニコニコ、助け合い」をモットーにしている。

その他[編集]

黒川 静江 (35) - 鶴田真由
黒川の妻。お嬢様育ちだが、安月給の黒川に合わせて節約している。突如事件現場に現れては毒舌を吐き、黒川を翻弄させる。
居酒屋「やまぶき」の店主 - 武田幸三
店主の娘 - 岩﨑名美
事件の真相が分かった時や解決後に黒川がいつも訪れる。
『情報ワンダフル』キャスター - 山田将之

ゲスト[編集]

主題歌[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

各話 放送日 サブタイトル 原作タイトル 演出
01 2012年1月05日 ワサビ畑で捕まえて! 田舎の刑事の趣味とお仕事 本田隆一
02 2012年1月12日 殺される前に釣り上げろ! 田舎の刑事の魚と拳銃
03 2012年1月19日 青酸カリを、回収せよ! 田舎の刑事のウサギと猛毒 島崎敏樹
04 2012年1月26日 脱走劇の謎! 田舎の刑事の危機とリベンジ
05 2012年2月02日 美人女将と湯けむり殺人事件! ドラマオリジナル 本田隆一
06 2012年2月09日 二億円のルビーが消えた! 田舎の刑事の赤と黒
07 2012年2月16日 消えた死体の謎! ドラマオリジナル 島崎敏樹
08 2012年2月23日 バーベキュー殺人事件! 関野宗紀
09 2012年3月01日 毒殺死体が身投げした!? 島崎敏樹
10 2012年3月08日 殺人結婚式 木村政和
11 2012年3月15日 ヒットマンは誰だ!? 関野宗紀
12 2012年3月22日 純愛殺人事件 島崎敏樹
13 2012年3月29日 パワーストーン誘拐事件

脚注・出典[編集]

  1. ^ a b 当初は『田舎の刑事の趣味とお仕事』と『田舎の刑事の動物記』を原作にする予定だったが、エンドロールでは『田舎の刑事の趣味とお仕事』のみが原作となっており、制作開始の1年前に刊行されている第二短編集『動物記』(当初題名は『田舎の刑事の闘病記』)所収の作品はひとつも取り上げられなかった。番組後半はオリジナルストーリーとなっている。
  2. ^ 公式サイト内ストーリーでは、角田の職業がDVDレンタル店の店員になっている。
  3. ^ 公式サイト内・田舎町の地図では、流庵寺になっている。

外部リンク[編集]

読売テレビ 木曜ミステリーシアター
前番組 番組名 次番組
秘密諜報員 エリカ
(2011年10月6日 - 12月29日)
デカ 黒川鈴木
(2012年1月5日 - 3月29日)
たぶらかし-代行女優業・マキ-
(2012年4月5日 - 6月28日)