妖しき文豪怪談

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
妖しき文豪怪談
KAIDAN - HORROR CLASSICS
ジャンル テレビドラマドキュメンタリー
放送時間 22:00 - 23:00
放送期間 2010年8月23 - 26日(4回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 NHK
製作総指揮 山崎秋一郎、浜野高宏
監督 落合正幸 「片腕」
塚本晋也 「葉桜と魔笛」
李相日 「鼻」
是枝裕和 「後の日」
原作 放送リスト参照
出演者 平田満 「片腕」
河井青葉 「葉桜と魔笛」
松重豊 「鼻」
加瀬亮 「後の日」
外部リンク 公式サイト
テンプレートを表示

妖しき文豪怪談』(あやしきぶんごうかいだん)は、NHKデジタル衛星ハイビジョン(BShi)で2010年8月に放送されたテレビ番組シリーズである。2010年8月23日から4夜連続で放送された。

概要[編集]

日本の文豪たちの短編小説作品を、気鋭の映画監督たちが映像化に挑戦したドラマ・パート(番組前半・約35分)と、ドラマのメイキング映像及び文豪の生涯から作品の背景に迫るドキュメンタリー・パート(約25分)で構成された4本のシリーズである。

番組タイトルに「怪談」とあるが、いずれの作品も原作から見てとれるようにホラー映画的な怖さに焦点を当てたものではなく、「妖しき」幽玄・夢幻の世界を描いた作風となっている。

2010年11月2425日、4作品のドラマが「第11回東京フィルメックス」にて特別招待作品として上映された[1]

原作との違い[編集]

  • 『片腕』 - 無し。セリフも含めて忠実に映像化。
  • 『葉桜と魔笛』 - 原作には無い姉の恋人が登場、エピソードが追加される。
  • 『鼻』 - 後日談という設定で完全なオリジナルストーリー。
  • 『後の日』 - ほぼ忠実。ラストシーンの描き方が異なる。

放送リスト[編集]

タイトル 脚本・監督 原作 放送日時
片腕 落合正幸 川端康成片腕 8月23日(月)22:00 - 23:14 再放送
8月29日(日)
21:00 - 25:30
葉桜と魔笛 塚本晋也 太宰治葉桜と魔笛 8月24日(火)22:00 - 23:00
李相日 芥川龍之介 8月25日(水)22:00 - 23:00
後の日 是枝裕和 室生犀星「童子」「後の日の童子」 8月26日(木)22:00 - 23:14

片腕[編集]

英題:The Arm 原作:川端康成 ドラマ43分

葉桜と魔笛[編集]

英題:The Whistler 原作:太宰治 ドラマ35分

[編集]

英題:The Nose 原作:芥川龍之介 ドラマ33分

後の日[編集]

英題:The Days After 原作:室生犀星 ドラマ49分

番組スタッフ[編集]

関連番組[編集]

特別番組[編集]

  • 『怪しき文豪怪談・秋の夜長の怪談会』 2010年11月13日 18:30 - 21:50 BShi
出演:佐野史郎、MEGUMI、東雅夫
内容:本作品のドラマ・パートを一挙放送。ドラマの前後に3人による座談会という構成。ドラマは「鼻」「片腕」「葉桜と魔笛」「後の日」の順で放送された。

プロモーション番組[編集]

放送局は全てNHK総合

  • 『妖しき文豪怪談の魅力』 8月12日 1:00 - 1:54(11日深夜)
出演:佐野史郎、東雅夫、藤井彩子
  • 『文豪怪談に挑む監督たち』 8月16日 3:40 - 4:00(15日深夜)
  • 『ミニ番組 妖しき文豪怪談の魅力』 8月16日から随時 5分×3本(「文豪編」「監督編」「歴史編」)

脚注[編集]

外部リンク[編集]