田中和生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 和生(たなか かずお、1974年8月4日- )は、日本文芸評論家法政大学教授。 富山県出身。慶應義塾大学経済学部文学部仏文科卒業。2001年から『三田文学』の編集に携わり、三田文学新人賞の選考委員を務める。2007年法政大学文学部専任講師。2008年群像新人文学賞選考委員に就任。09年法大准教授、2015年教授。2010年4月より毎日新聞の文芸時評を担当。

受賞歴[編集]

著書[編集]

  • 江藤淳』慶應義塾大学出版会、2001年
  • 『あの戦場を越えて 日本現代文学論』講談社、2005年
  • 『新約 太宰治』講談社、2006年
  • 吉本隆明』アーツアンドクラフツ、2014年
  • 『震災後の日本で戦争を引きうける 吉本隆明『共同幻想論』を読み直す』現代書館「いま読む!名著」、2017年

脚注[編集]


外部リンク[編集]