田中一雄 (官吏)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一雄(たなか かずお、1885年明治18年)11月20日[1][2] - 没年不明)は、大正から昭和時代前期の公吏東京市葛飾区長、荒川区長。

経歴[編集]

田中徳次郎の三男として静岡県に生まれる[1][2]。静岡県書記を振り出しに静岡市主事、渋谷町税務課長、中野区税務課長、東京市社会局、東京市会事務局庶務課長などを経て、1938年(昭和13年)10月、葛飾区長に就任[1]1940年(昭和15年)8月、荒川区長に転じた[2][3]

脚注[編集]

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c 日本官界情報社 1940, タ6頁.
  2. ^ a b c 帝国秘密探偵社 1942, 564頁.
  3. ^ 江戸東京を知る_大東京35区物語_歴代区長一覧”. 東京都総務局. 2020年3月30日閲覧。

参考文献[編集]