田中一雄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一雄(たなか かずお、1956年 - )は、日本のデザインプロデューサー、インダストリアルデザイナー。株式会社GKデザイン機構代表取締役社長/CEO。GKデザイン機構は、栄久庵憲司らによって設立され、総合デザイン会社として知られるGKデザイングループのホールディングカンパニーである。

経歴[編集]

東京都に生まれる。実家は石川県加賀市の旧北前船船主。

1981年(昭和56年)、東京芸術大学美術学部デザイン科機器デザインを卒業、大学院美術研究科デザイン専攻に進み、1983年(昭和58年)に修士課程を修了した。修了制作は最優秀作品として大学が購入した[1]。同年にGKインダストリアルデザイン研究所に入社した。

2000年(平成12年)、2005年日本国際博覧会協会から愛・地球博のサイン・ファニチュアディレクターに任命される[2]

2006年(平成18年)、GK設計、2007年(平成19年)、GKデザイン機構の社長にそれぞれ就任する。2014年(平成26)年にGKインダストリアルデザインの代表取締役社長を経て、2016年(平成28年)よりGKデザイン機構の代表取締役社長を務める。 

社外での役職としては、国際インダストリアルデザイン団体協議会(icsid/現WDO)理事(2007年 - 2011年)、公益社団法人日本インダストリアルデザイナー協会理事長(2013年 - )[3]等を歴任している。

受賞歴 (業務受賞を含む)[編集]

2000年
  • Wall.AGベルリン市ストリート・ファニチュア計画 - レッドドットデザイン賞
2006年
2007年
  • 三洋電機ソーラーチャージャー - グッドデザイン大賞総理大臣賞・ドイツIF賞

主な作品[編集]

※上記の受賞作品は除く

著書[編集]

  • 『パブリックデザイン辞典』(共著)産業調査会、1991年
  • 『都市とデザイン』(共著)電通、1992年
  • 『クルマ社会のリ・デザイン』(共著)日本デザイン機構、2004年
  • 『マイナスのデザイン』(共著)日本デザイン機構、2011年

脚注[編集]

  1. ^ 如意具 - 東京芸術大学美術館収蔵品データベース
  2. ^ サインファニチュアディレクター 田中 一雄(たなか かずお) プロフィール - 地球産業文化研究所
  3. ^ JIDAから【田中理事長再任の挨拶】 - 日本インダストリアルデザイン協会(2017年6月)

外部リンク[編集]