田中一生

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

田中 一生(たなか かずお、1935年11月21日 - 2007年3月9日)は、ユーゴスラビアの言語・文学研究者、翻訳家。

北海道美唄市生まれ。本名・一夫。早稲田大学第一文学部ロシア文学科卒業。1962年、政府交換留学生としてベオグラード大学哲学部美術史科に留学。1968年に帰国後、大学講師などを務めながら、イヴォ・アンドリッチの翻訳のほか、セルビア語、クロアチア語、マケドニア語、スロベニア語、バルカン現代史を研究した。2006年には、バルカン地域の紹介などの業績に対し、当時のセルビア・モンテネグロから勲二等ヴーク・カラジッチ勲章が送られた。

著書[編集]

  • 『バルカンの心 - ユーゴスラビアと私』彩流社〈叢書東欧〉 2007

編著[編集]

  • 『セルビア・クロアチア語基礎1500語』山崎洋共編 大学書林 1979
  • 『セルビア・クロアチア語会話練習帳』山崎洋共編 大学書林 1979
  • 『マケドニア語会話練習帳』中島由美共編 大学書林 1981
  • 『スロベニア語会話練習帳』山崎洋共編 大学書林 1983年

翻訳[編集]

  • ヴィンテルハルテル『チトー伝 ユーゴスラヴィア社会主義の道』徳間書店 1972
  • イヴォ・アンドリッチ『ゴヤとの対話』恒文社 1976
  • ブラニミル・シュチェパノビッチ『土に還る』恒文社 1978
  • スティーヴン・クリソルド『ユーゴスラヴィア史』恒文社 1980.11
  • 『ユーゴスラビアの民話 1』栗原成郎共編訳 恒文社 1980.7
  • デサンカ・マクシモビッチ『世界のメルヘン16 妖精の女王ドーブラ』直野敦,八百板洋子共訳 講談社 1981
  • イヴォ・アンドリッチ『サラエボの女』恒文社 1982
  • イヴォ・アンドリッチ『ドリーナの橋』大学書林 1985
  • R・オーキー 『東欧近代史』越村勲南塚信吾共編訳 勁草書房 1987
  • バリシァ・クレキッチ『中世都市ドゥブロヴニク アドリア海の東西交易』彩流社 叢書東欧 1990
  • ディミトリエ・ボグダノヴィチ,デアン・メダコヴィチ,ヴォイスラヴ・J.ジューリッチ『ヒランダル修道院』鐸木道剛共訳 恒文社 1995
  • イヴォ・アンドリッチ『サラエボの鐘』山崎洋共訳 恒文社 1997
  • ペタル二世ペトロビッチ・ニェゴシュ『山の花環 十七世紀末の歴史的事件』山崎洋共訳 ニェゴシュ財団 2003
  • ペタル二世ペトロビッチ・ニェゴシュ『小宇宙の光』山崎洋共訳 ニェゴシュ財団 2008

出典[編集]