スキール音

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

スキール音(squeal)とは、乗り物の車輪と路面が擦れ合う際に発生するのことである。

自動車のスキール音[編集]

自動車の場合、タイヤと路面(主に舗装路)が激しく擦れ合うとき(例:急発進時の空転、ドリフト走行時)に発生したりするである。 その音は「キャー」や「ピャー」など悲鳴の音にも聞こえ、非常に大きく甲高い音である為に深夜にこの音を発生させることは、周りに非常に迷惑を掛けることになる。また、これだけの音を出す程タイヤを滑らせると、タイヤのパンクを誘発するだけではなく路面にタイヤ痕が残り環境を汚す事になる。路上の白線をタイヤ痕で潰すと器物損壊罪となる。

鉄道車両のスキール音[編集]

鉄道車両の場合、レール車輪がこすれるときに発生する高い音をいう。

急曲線を通過する場合に発生する。

そのため、レールに散水する設備をつけたり、車両台車)に散油装置をつけたりして、音の低減を図る対策をとっている場合もある。

関連項目[編集]