グルカ兵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
イギリス国防省近くにあるグルカ兵の像

グルカ兵(グルカへい、Gurkha)とは、ネパールの山岳民族から構成される戦闘集団の呼称、おそびその傭兵である。

概要[編集]

一般的に、ネパールのグルカ族出身者で構成される山岳戦白兵戦に非常にたけた戦闘集団であると考えられているが、実際にはグルカ族なる民族は存在せず、マガール族グルン族ライ族リンブー族などの複数のネパール山岳民族から構成されている。

また「グルカ」とは「ゴルカ」(サンスクリット語発音:gau raksha)の英語訛りであり、イギリスが英・ネパール戦争当時、ネパールのことを「グルカ」と呼んでいた(当時のネパール王国を支配していた王朝がゴルカ朝だった)ことによる。なお、グルカの原義は『牛を守る者』である。

グルカ兵は現地では「ラフレ(lāhure)」と呼ばれている。これはラホール(現パキスタンパンジャーブ州)のマハラジャが1809年に兵士としてネパール人を雇用したのがきっかけである[1]

ネパール人にとって傭兵として海外に出兵することは貴重な外貨取得方法の一つである[2][3]反面、結局はイギリス植民地帝国の一翼を担っただけという意見もあり、また本人にとっても傭兵として出兵し長期不在となることは家族関係を悪化させ、家族を不幸にさせるだけだったという意見もある[3]

歴史[編集]

グルカ兵(1815年)

1809年にラホールのマハラジャによってグルカ兵が登用されると、ネパール山岳民族特有の尚武の気性と白兵戦能力、宗教的な制約が小さい点(ヒンドゥー教徒のインド人は宗教的な制約が多いため近代戦の兵士に向かず、運用に不自由をきたしていた)から、ネパールとイギリス東インド会社軍との戦争(英・ネパール戦争)の頃から東インド会社もグルカ兵を登用するようになった[1]

その後、セポイの乱が発生すると、ネパールは14,000人のグルカ兵を派遣し、イギリス軍が行った鎮圧戦で大きな戦力となり、後に発足した英印軍では、シク教徒・ムスリム系インド人・パシュトゥーン人などとともに重要な地位を占めた。

ネパールは英領インドの影響を受けながらも独立を維持したアジアでも数少ない国の一つであり、その要因の一つにグルカ兵の輸出による防衛戦略も挙げられている[2]

グルカ兵は二度の大戦でもイギリス軍の兵士として活躍し、13名にヴィクトリア勲章が授与されている[1]。また第二次世界大戦では日本軍とも交戦。竹山道雄著「ビルマの竪琴」の記述では「・・最もこわいのは、短機関銃を抱えてジャングルの樹上にひそみ、下を日本軍部隊が通ると掃射を加えてくる、草色の服を着た剽悍な土民兵であるグルカ兵であり、日本軍はグルカ兵のいる村落を避けて回り道をした」という。戦後はイギリス連邦占領軍として、日本の占領任務や朝鮮戦争にも従事した。

戦後は当時ラナ家による鎖国状態であったネパールを開国するための先導役となり、また反ラナ闘争に参加し民主化にも貢献した[1]

現在のグルカ兵[編集]

2005年にシンガポールで開催された国際オリンピック委員会会議の会場警備をするシンガポール警察部隊のグルカ兵

以上の歴史からイギリスやイギリス連邦諸国との繋がりが深い。イギリス陸軍にはグルカ兵からなるグルカ旅団があり、2005年現在、イギリス軍に従軍しているグルカ兵は約3,600人である。イギリスのグルカ兵の人数は大戦期には11万2000人を数えたが、香港返還後の時点では3400人となった[3]。非常に勇猛なことで知られフォークランド紛争など、イギリスが関わる戦争や紛争地域への派兵で先遣隊として派遣されることが多い。フォークランド紛争時にはグルカの兵が攻めてきたと聞いて逃げ出すアルゼンチン部隊もあったという。現在においてもイギリスからの信頼は非常に深く、2004年には、イギリスのブレア首相によって、イギリス軍で勤務したグルカ兵は、完全なイギリスの市民権を付与されるようになった。

またインドには2000年時点で10万人のグルカ兵が在籍する[3]ゴルカ連隊英語版)。独立当初の協定では12大隊3万人であり、ネパール人士官が指揮するということであった[4]が、協定を無視した増員を繰り返し、またインド人部隊の中に投入したり、準軍隊への配置もしている[4]。しかしながら、インドとの関係からこのことに対し明確な態度を取ることは困難である[4]

シンガポール警察でも2000人のグルカ部隊が存在し、要人警護などに就いている。1949年に組織され、初代大統領リー・クアンユーも「民族間紛争の暴動鎮圧のため、民族的に中立な彼らを登用した」と回顧録に記している[5]

その他、イギリス連邦諸国に駐屯しているほか、マレーシア軍アメリカ海軍にも雇用されている。また、非同盟政策をとるネパールは、国連のPKO要員として受け入れられることも多い[4]。2014年1月末時点で人口2700万人の小国ながら4692人を派遣し、これは世界で7番目の規模である[2]

一方で冷戦の終結により、イギリス軍の部隊縮小計画で若いまま退役したグルカ兵が、シエラレオネ内戦などの紛争で傭兵として参加していることが問題になったという(後述の特集番組の報道)。

特徴[編集]

19世紀のグルカ兵: 手にしたスナイドル銃との対比から140~150cm程の身長である事が分かる

グルカ兵は山岳民族特有の小柄な体格(150cm前後)の持ち主が多い。性格は勇猛かつ敏捷であることを求められる。体力差については、イギリス本土の白人兵士との徒競走において、平地では大柄な白人兵が優位であったが、傾斜地でのそれでは白人兵はグルカ兵に全く歯が立たなかったとされる[6]。NHKの特集番組では訓練教官が、射撃姿勢に移るまで0.5秒で終わる、と証言している[7]。ヒマラヤでの山岳ガイドを行うシェルパ族には、元グルカ兵という経歴の者がしばしば見られる。

グルカ兵は「ククリ」「グルカナイフ」などと呼称される、刀身が内側に湾曲した独特な形状の刃物を携帯しており、イギリス陸軍グルカ・ライフル連隊では部隊章に使用されている。

また、ネパールはカースト制が緩やかなため、食事などに関するタブーが少ないことも近代的な兵士に向いているという。

登用・退役[編集]

元グルカ兵のPMCコントラクター(アフガニスタンナンガルハール州

グルカ兵への登用は非常に狭き門で、小学生程度の子供の頃から格闘技英語等の基礎教育を受けさせるための専門学校もネパール国内に存在する。また、グルカ兵は、徴兵制でも志願制でもなく、イギリス軍のスカウト部隊が山村を巡回する方式を取っている。

退役したグルカ兵は、雇用契約によりネパールへ帰国させられる。しかしながらグルカ兵の待遇は決して良くはなく、退役年金も2000年に退役グルカ兵協会の是正運動もあって増額が決定したとはいえ、イギリス軍の兵士と比べるとはるかに少ない[注釈 1]。軍の年金だけでは生活できずビジネスを始めたり、民間軍事会社の契約社員として現役復帰を果たし、自ら紛争地域に向かう者もいる。

現代ではグルカ・セキュリティー・ガーズ (GSG) を初めとしてグルカ・セキュリティー・グループと呼ばれる大規模な民間軍事会社が形成され、世界中にグルカ兵を派遣しており、実質上の傭兵派遣業となっている。これらの会社を経営しているのは、主にイギリス軍ローデシア軍などに所属していた白人将校である。

民間軍事会社では月給1,000ドル以上の高給で働くことが出来る。国民一人当たりの(年間の)GDPが1,200ドルしかないネパールでは、かなりの高給職である。また、幼少期より英語と軍事の教育を受けているグルカ兵は、指揮命令において英語で意思疎通ができ、軍の規律を遵守するため、世界的にも重用されている。

階級[編集]

英領インド陸軍時代の階級と現在英国陸軍の階級

  • Subedar Major - Major(メージャー) - 少佐
  • Subedar - Captain(キャプテン) - 大尉
  • Jemadar - Lieutenant(ルーテネント) - 中尉
  • Company Havildar Major - Company Sergeant Major(カンパニー・サージェント・メージャー) - 2等准尉(中隊先任軍曹)
  • Company Quartermaster Havildar - Company Quartermaster Sergeant(カンパニー・クウォートマスター・サージェント) - 中隊補給軍曹
  • Havildar - Sergeant(サージェント) - 軍曹
  • Naik - Corporal(コーポラル) - 伍長
  • Lance Naik - Lance Corporal(ランス・コーポラル) - 兵長(伍長勤務上等兵)
  • Rifleman - Rifleman - ライフルマン

脚注[編集]

注釈[編集]

  1. ^ 例として、1941年から17年間勤務し、第二次世界大戦で重傷を負ったグルカ兵の退役年金は傷痍年金分も含めて45ポンド(是正前)であったのに対し、同条件のイギリス兵の場合は年金だけで1,489ポンドであった。また、1999年のコソボ紛争で戦死したグルカ兵の戦死一時金は19,092ポンド、年金939ポンド(いずれも是正前)であるのに対し、同条件のイギリス兵であればそれぞれ54,548ポンド、15,192ポンドである。エリア・スタディーズ(2000):46

出典[編集]

  1. ^ a b c d エリア・スタディーズ(2000):45
  2. ^ a b c 藤野眞功 (2014年12月24日). “私は「グルカ」──ネパールの「安全保障」の要石たち”. GQJAPAN. 2019年12月4日閲覧。
  3. ^ a b c d エリア・スタディーズ(2000):46
  4. ^ a b c d エリア・スタディーズ(2000):47
  5. ^ 外信コラム (2016年2月1日). “シンガポールの治安を守る勇猛果敢な「グルカ兵」の由縁は…”. 産経新聞. 2019年12月4日閲覧。
  6. ^ ETV特集 20世紀最強の軍隊 グルカ
  7. ^ ETV特集 20世紀最強の軍隊 グルカ

参考資料[編集]

  • ETV特集 20世紀最強の軍隊 グルカ - ヴィクトリア十字章を授与された元グルカ兵のドキュメンタリー。訓練中の様子などが放送された。
  • 『ネパールを知るための60章』日本ネパール協会、明石書店〈エリア・スタディーズ〉、2000年9月25日、45-47頁。

関連項目[編集]