ネットフリックス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
ネットフリックス
Netflix, Inc.
Netflix 2014 logo.svg
種類 公開会社
市場情報 NASDAQ: NFLX
S&P 500 Component
本社所在地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
カリフォルニア州ロスガトス
設立 1997年
業種 ホームエンターテインメント
事業内容 動画ソフトウェアの販売・レンタル、ストリーミング配信
代表者 リード・ヘイスティングスCEO、共同創業者
売上高 3.61十億米ドル(2012年度)[1]
営業利益 50百万米ドル(2012年度)
純利益 17百万米ドル(2012年度)
純資産 3.97十億米ドル(2012年度)
総資産 745百万米ドル(2012年度)
従業員数 2,045名(2012年度)
主要株主 ディッシュ・ネットワーク(2011年 - )
外部リンク Netflix.com
テンプレートを表示
本社

ネットフリックス: Netflix, Inc.NASDAQ: NFLX)は、アメリカ合衆国オンラインDVDレンタル及び映像ストリーミング配信事業会社。

本社はカリフォルニア州ロスガトスに置かれている。10万種類、延べ4200万枚のDVDを保有し、1,600万人の顧客を得ている[2]。映像ストリーミング配信では、全世界で4,040万人(うち米国3,120万人)の加入者がいる(2013年9月現在)。

歴史[編集]

1997年に創業され1998年より運営が開始されたが、当初は固定金額制ではなく、1枚につき4ドルのレンタル料金と2ドルの郵送料金を支払う制度であった。1999年に月定額制が始まり、人気が爆発。同様のサービスは、日本では2000年にDMMが定額制DVDレンタルと言う名称で開始している。以降、米国ではウォルマートブロックバスターなど多くのライバルが同じ制度でオンラインDVDレンタルに参入してきたものの、ネットフリックスが業界1位の座を守り続けている。

2002年株式公開し、一株15ドルで550万株を販売、さらに同価格で82万5000株追加。2007年に通算10億枚のDVDを出荷した後、ストリーミング配信によるビジネスモデルに移行。2010年にはストリーミングサービスをDVD会員から切り離した。

各国での運営[編集]

カナダ[編集]

2010年より、ストリーミングのみのサービスを開始[3]した。

中南米[編集]

2011年には、カリブ海地域、メキシコ、中南米でもストリーミングサービスを開始。

ヨーロッパ[編集]

2012年よりイギリス、アイルランド、ノルウェー、デンマーク、スウェーデン、フィンランドでストリーミングのみのサービスを開始。2013年にはオランダでも開始[4]

日本[編集]

2015年9月2日から日本でのサービスを開始。同年秋以降に発売されるテレビはNetflix対応となり、リモコンに「NETFLIXボタン」を搭載予定[5]フジテレビジョンと組んだ「テラスハウス」の新シーズンやオリジナルドラマ「アンダーウェア」(主演:桐谷美玲)など、日本オリジナルコンテンツも配信予定[6]

サービス開始告知には、ネットフリックスが制作会社と直接契約し、海外での独占配信権を取得しているシドニアの騎士の本編映像を使った動画が配信されている[7]

また、ソフトバンクとも業務提携し、Netflix用の料金プランを設定し、サービスを提供[8]

オンラインDVDレンタル[編集]

ネットフリックスから送られてくるDVDの入った封筒。

パソコンで手続き出来る。ウェブ上からQUEUE(キュー)と呼ばれるレンタル希望一覧リストに登録すると、指定した宛先にDVDが配送されるシステムになっている。キューには借りたい作品を200タイトルまで登録しておき、レンタル可能な作品のうち、リスト上位にある作品が配送されるのが一般的である。

DVDは不織布のカバーに入って紙の封筒で届くため、破損することもあるが、その場合は送り返すだけで弁償する必要はない。返却はポストに投函することになる。アパートなどの集合住宅以外は、郵便物は自宅の郵便受けに入れておけば、配達員が配達のついでに回収して行くため、返却も容易である。

映像ストリーミングサービス[編集]

専用ボタンが搭載されたリモコン(パナソニック CX800)

"Watch Instantly(ウォッチインスタントリー)"の名称で始まった映像ストリーミングサービスでは、DVDを借りることなく映画やテレビ番組、アニメ作品などを鑑賞できる、パソコンや家庭用ゲーム機、スマートテレビ、ブルーレイプレーヤー等を使ったインターネット経由のビデオ・オン・デマンドサービスである。ただし、DVDレンタル事業が終了したわけではなく、2011年には同社から双方の事業を将来も併存していくことが発表されている。

オンデマンドでテレビ番組を見る際、エピソードを毎回選び直す必要はなく、任意のシーズンBox内で前回鑑賞し終えたエピソードの次の回がデフォルトで表示される。

また、"Friends"という機能では、登録した友人が現在何のDVDを保持しているのか、またどの映画をキューに入れているのか、鑑賞した映画にどのような点数を付けたのかまでわかる仕組みになっている。

日本国内での映像ストリーミングサービス[編集]

日本への参入では、対応するテレビのリモコンに専用ボタンを設けるよう規定が設けられており[9]、2015年から東芝、パナソニックなどの一部機種が対応した。また電源がオフでも、専用ボタンを押すとテレビが起動するようにも定められている。一部のコンテンツは4Kでも配信される予定で、同様の配信サービスである「ひかりTV 4K」や「4Kアクトビラ」、CS放送の「スカパー!4K」と同じ、H.265(HEVC)エンコードされる。

レコメンド機能[編集]

革新的レコメンド機能を搭載し、個人視聴履歴だけでなく、6500万人以上の会員を抱えるNetflixオリジナルのアルゴリズムを活用することで、世界各国ではユーザーの75%がレコメンド結果から視聴している [10]

会員数 [編集]

2013年1月発表 2,720万人 2012年10-12月期で205万人増加[11]

批判[編集]

  • 顧客が増えるにつれ、ネットフリックスが映画館に足を運ぶ客数を減らしているとの批判を受けた。そのため、映画制作会社を立ち上げたり、野外で映画の上映会を行うなどした。
  • "Throttling"と呼ばれる方法は訴訟にまで発展した。月定額制であるため、顧客は月に何本でも見ることが出来る。

配信作品[編集]

脚注[編集]

  1. ^ Netflix(NFLX) 2012 annual report
  2. ^ [1]
  3. ^ Nowak, Peter (2010年9月22日). “Netflix launches Canadian movie service”. CBC News. http://www.cbc.ca/news/business/story/2010/09/22/netflix-canada.html 2012年7月2日閲覧。 
  4. ^ Netflix released in the Netherlands Retrieved September 11, 2013
  5. ^ 映像配信世界最大手「Netflix」9・2日本でのサービス開始”. ORICON (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  6. ^ Netflix、9月2日よりサービス開始”. シネマトゥデイ (2015年8月4日). 2015年8月4日閲覧。
  7. ^ 2015.9.2 Netflix 斜め加速! - Netflix Japanの公式YouTubeチャンネル
  8. ^ ソフトバンク、Netflixの映像配信を独占提供”. ORICON (2015年8月24日). 2015年8月24日閲覧。
  9. ^ Netflixに聞く日本参入の勝算 日本から海外展開を支援 - AV Watch(インプレス、2015年2月20日)
  10. ^ “「Netflix」視聴アプリ(無料)がついに登場! App StoreとGoogle Playにて配信開始!!”. (2015年8月21日). http://dramanavi.net/news/2015/08/netflixapp-storegoogle-play.php 2015年8月30日閲覧。 
  11. ^ [2]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]