ビースト・オブ・ノー・ネーション

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ビースト・オブ・ノー・ネーション
Beasts of No Nation
監督 キャリー・ジョージ・フクナガ
原作 ウゾディンマ・イウェアラ英語版
ビースト・オブ・ノー・ネーション英語版
製作 アミー・カウフマン
キャリー・ジョージ・フクナガ
ダニエラ・タプリン・ランドバーグ
リバ・マーカー
ジェフリー・スコール
ダニエル・クラウン
イドリス・エルバ
ウゾディンマ・イウェアラ
出演者 イドリス・エルバ
カート・エジアワン
アブラハム・アター英語版
音楽 ダン・ロマー英語版
撮影 キャリー・ジョージ・フクナガ
編集 ミッケル・E・G・ニールセン
ピート・ボドロー
製作会社 ネットフリックス
レッド・クラウン・プロダクション
パーティシパント・メディア
レヴァンティン・フィルム
ニュー・バルーン
マトレッサ・ムービー
プライマリ・プロダクション
パーリアメント・オブ・オウルズ
マンモス・エンターテイメント
ラディカルメディア
カム・ホワット・メイ・プロダクション
配給 ブリーカー・ストリート英語版
公開
  • 2015年9月3日 (2015-09-03) (ベニス英語版)
  • 2015年10月16日 (2015-10-16) (アメリカ合衆国)
上映時間 137分[1]
製作国 アメリカ合衆国
言語 英語
トウィ語
製作費 600万ドル[2]
興行収入 86,944ドル[3]
テンプレートを表示

ビースト・オブ・ノー・ネーション(原題:Beasts of No Nation )は、2015年に公開されたアフリカの内戦を題材にしたドラマ映画であり、悲惨な内戦を生き延びる少年を描いた作品である。日系人四世のキャリー・ジョージ・フクナガが脚本、撮影、監督をした。撮影はガーナで行われた。俳優はイドリス・エルバら起用。ウゾディンマ・イウェアラが2005年に執筆した同名の小説を原作としている[4]。なお、この小説の題名はフェラ・クティのアルバム名からとられている。

本作は、第72回ヴェネチア国際映画祭の本選で上映され[5][6]マルチェロ・マストロヤンニ賞を受賞した[7]

また、2015年のトロント国際映画祭の特別上演部門でも上映され[8]ネットフリックスで全球規模に公開された。また、2015年10月16日には別の会社が限定上映された。日本ではネットフリックスで配信されている(2016年7月現在)[9]

あらすじ[編集]

西アフリカの小さな村に戦争が近づいていた。その村に、母、弟、赤ん坊の妹と暮らすアグーが本作の中心となるキャラクターである。アグーは思春期にもまだなっていない、ほんの子供である[10]。家族は首都へと旅立つが、アグーと父親、兄、祖父が後ろに残る。しかし、軍隊に襲われ、アグーを除く全員が射殺された。アグーは茂みの中に逃げるが、すぐに自国の反乱軍の部隊に見つかる。彼らは最初アグーを殺そうとするが、少年兵として部隊に加わるよう、強制する。

新入りが部隊に加わるための血なまぐさい儀式として「コマンダント」とよぶ部隊の司令官は、アグーに丸腰の男を殺すように強いた。この殺人は、アグーが強制されることになる数多くの暴力行為の最初のものとなる。子供時代を無理やり終わりにさせられたアグーは、昔のことを思い出す。家族のこと、小さかったころのこと、聖書を毎日どんなふうに読んでいたかということ。アグーは自分が他の人を殺すもので神さまに憎まれるのではないかと恐れる。アグーはやがての少年ストリーカと友達になり、彼や反乱軍の仲間とともに、略奪、レイプ、殺人、飢餓といった戦争の罪と辛苦を経験する。

コマンダントは反乱軍の上官に会う。ダダ・グッドブラッドというの名のこの上官は、以前はコマンダントに将軍への昇進を約束しており、コマンダントに部隊を率いて首都へ向かうことを任せると約束していた。にもかかわらず、コマンダントを降格させ、これは見せかけの戦いであり、お前にできるのは服従だけだと言う。

アグーは時間の感覚を失い、今がいつなのかもわからなくなった。ただ、あの戦争の前は子供だったこと、そして、銃によるいつまでも終わらない審問を受けているような感覚の中で男になってしまったことだけを理解している。アグーは人殺しをやめたいと思うが、コマンダントに殺されることが怖くて、やめられない。

結局コマンダントは、部下を引き連れて反乱軍から離脱し、土地を押さえて鉱物資源を手中に収めた。新しく占領した土地で数か月にわたって金を掘り出そうとするが、むなしくも失敗に終わり、アグーの部隊は飢える。また、病気になる者も出て、弾薬も切れた。彼らはコマンダントを残して国連軍巡視団に投降する。アグーや子供たちは、戦争により心に傷を負った少年兵のためのリハビリ保護施設に送られる。アグーはカウンセラーに自分は怖いことをいくつか経験したと語るが、詳しいことは語ろうとしない。その代わりに自分はどれだけいい子だったか、どれだけいい家庭に生まれたか、どれだけ家族から愛されていたかを語る。海の中で泳ぎ戯れるほかの少年たちの中に、アグーがついに加わるシーンで幕となる。

配役[編集]

2013年8月20日にイドリス・エルバがキャストに加わった[4]。2014年6月6日にガーナの映画俳優、Ama K. Abebrese, Grace Nortey and David Dontoh がキャストに加わった[11]。のちに、Opeyemi Fagbohungbe も加わった[12]

俳優 配役
Abraham Attah
アブラハム・アター
Agu
アグー
Idris Elba
イドリス・エルバ
Commandant
コマンダント
Ama K. Abebrese [11]
アマ・K・アベブルゼ
Mother
母ちゃん
Kobina Amissa-Sam
コビナ・アミッサ=サム
Father
父ちゃん
Emmanuel Nii Adom Quaye
エマニュエル・ニイ・アドム・ケイエ
Strika
ストリーカ
Grace Nortey[11]
グレイス・ノーティー
Old Witch Woman
占い婆あ
David Dontoh[11]
ディヴィッド・ドントー
Linguist
言語療法士
Opeyemi Fagbohungbe[12]
オペイェミ・ファグボフングベ
Sergeant Gaz
ガズ軍曹

制作[編集]

脚本・監督[編集]

キャリー・フクナガ。脚本を書き始めたときから数えて完成するまで7年がかかった。[4]

資金集め[編集]

レッド・クラウン・プロダクションズがプライマリ・プロダクションズとパーリアメント・オブ・オウルと共同で資金集めを行い、製作した[4]。2014年5月17日、マンモス・エンターテイメントと共に、パーティシパント・メディアが英語の協同資金協力委員会に入り、430万ドルを予算に計上したが、最終的に600万ドルかかった。[2]

音楽[編集]

Dan Romer が映画の音楽のスコアを書いた。[13]

撮影[編集]

2014年6月5日、ガーナイースタン州クランクインした[11][14][15]。また、 Koforidua や Ezile Bay at Akwidaa で撮影が行われた[16]

公開[編集]

ネットフリックスが全世界での配給権を約1200万ドルで買った。2015年10月16日に映画館とオンライン・ストリーム・ビデオ等で同時リリースした[17][18]。ただし、これは、従来の映画館配給後90日はオンラインリリースを行わないという慣行に反していると考えられたため、AMC Cinemas, Carmike Cinemas, Cinemark, and Regal Entertainment といった米国の四大配給会社が本作のボイコットをすると発表した。その結果、独立系の映画館で小規模に上映されることとなった[9][19]。なお、英国でも同日公開された[20]

批評[編集]

コマンダント役のエルバと主演のアターの演技を称賛する批評が特に多い。Rotten Tomatoes においては、102のレビューのうち、90%のレーティングを受け、平均で、8.0/10だった。同ウェブサイトでは、「脚本・監督のキャリー・フクナガは才能ある俳優たちに誇張がなく妥協もない演技を要求し、戦争で人命が犠牲になる映画ではあるが、それでもいくぶん希望を見出せるような映画作りをした」というような批評がみられる[21]Metacritic,では、29人の批評家より100点中79点を獲得し、「おおむね良いレビュー」を得た[22]

論争[編集]

アグーが戦闘中に幻覚を引き起こすドラッグを飲むときの印象的なシーケンスについて、監督はアイルランドの芸術家、Richard Mosse の名前を適切にクレジットしていないと指摘されている[23]。Mosse は、コンゴ民主共和国の若い兵士たちを赤外線でうつした2013年の写真とビデオ作品で知られる[24]。フクナガ監督は彼の作品から再構成したと主張する者もいる。[25]

受賞[編集]

Awards
カテゴリ 受賞者又はノミネート者 結果
第72回ヴェネチア国際映画祭 マルチェロ・マストロヤンニ賞 エイブラハム・アッター 受賞
金獅子賞 ノミネート
第20回カプリ・ハリウッド国際映画祭[26] 監督賞 キャリー・ジョージ・フクナガ 受賞
助演男優賞 イドリス・エルバ 受賞
撮影賞 受賞
第22回全米映画俳優組合賞[27] 助演男優賞 イドリス・エルバ 受賞
第31回インディペンデント・スピリット賞[28] 主演男優賞 エイブラハム・アーター 受賞
助演男優賞 イドリス・エルバ 受賞
作品賞 ノミネート
監督賞 キャリー・ジョージ・フクナガ ノミネート
撮影賞 キャリー・ジョージ・フクナガ ノミネート
第47回NAACP賞映画部門[29] 作品賞 未決定
主演男優賞 エイブラハム・アッター 未決定
助演男優賞 イドリス・エルバ 未決定

脚注[編集]

  1. ^ "BEASTS OF NO NATION (15)". British Board of Film Classification. October 5, 2015. October 5, 2015閲覧. 
  2. ^ a b Frater, Patrick (17 May 2014).
  3. ^ Beasts of No Nation (2015)”. 2015年10月28日閲覧。
  4. ^ a b c d Fleming Jr, Mike (20 August 2013).
  5. ^ "Venice Film Festival: Lido Lineup Builds Awards Season Buzz – Full List".
  6. ^ "Venice Fest Reveals Robust Lineup Featuring Hollywood Stars and International Auteurs".
  7. ^ "LIVE: The winners of the 72nd Venice Film Festival".
  8. ^ "Toronto to open with 'Demolition'; world premieres for 'Trumbo', 'The Program'".
  9. ^ a b "Netflix feature films".
  10. ^ Buckley, Cara (September 8, 2015).
  11. ^ a b c d e "Ama K. Abebrese, Grace Nortey and others join Idris Elba in Beast of No Nation Movie". nydjlive.com. 6 June 2014.
  12. ^ a b "Cliff Martinez to Score Cary Fukunaga’s ‘Beasts of No Nation’". filmmusicreporter.com.
  13. ^ Pete (4 September 2015).
  14. ^ "Pix from Idris Elba’s Beast of no Nation Movie Shoot in Ghana". mycelebrityandi.com.
  15. ^ Yamato, Jen (27 June 2014).
  16. ^ "Idris Elba to shoot Beasts of No Nation in Ghana". radiotimes.com. 27 May 2014.
  17. ^ Hurwitz (March 3, 2015).
  18. ^ McNary, Dave (March 2, 2015).
  19. ^ "Netflix's Beasts of No Nation boycotted by big four US cinema chains".
  20. ^ http://variety.com/2015/film/global/netflixs-beasts-of-no-nation-to-receive-u-k-theatrical-release-1201598564/
  21. ^ "Beasts of No Nation (2015)".
  22. ^ "Beasts of No Nation reviews".
  23. ^ http://news.artnet.com/people/did-beasts-no-nation-director-rip-off-richard-mosse-361970/
  24. ^ http://www.newrepublic.com/article/113876/richard-mosses-infrared-congo-photography-enclave/
  25. ^ http://news.artnet.com/people/did-beasts-no-nation-director-rip-off-richard-mosse-361970/
  26. ^ クエンティン・タランティーノ『ヘイトフル・エイト』が4冠!”. シネマトゥデイ (2016年1月7日). 2016年1月7日閲覧。
  27. ^ レオナルド・ディカプリオ 主演男優賞受賞 全米映画俳優組合賞映画部門発表”. シネマトゥデイ (2016年2月1日). 2016年2月2日閲覧。
  28. ^ 米インディペンデント・スピリット賞、「スポットライト」が作品賞含む5冠”. 映画.com (2016年2月29日). 2016年3月1日閲覧。
  29. ^ NAACP賞ノミネーション発表!『クリード チャンプを継ぐ男』が最多6ノミネート”. シネマトゥデイ (2015年12月30日). 2016年1月6日閲覧。


エピソード[編集]

  • 登場人物のキャスティング・オーディションをガーナではじめたものの、人が集まらなかったので、キャスティングメンバーは、地元の学校、教会、シェルター、サッカー場、孤児院などの子どもが集まりそうなところに自ら出向いて、アグー候補を探していたところ、とある金曜日の放課後にたまたまサッカーをしていたアブラハム・アターをみつけて、彼に「映画にでてみないか?」と声をかけたという。最初、アターは、サッカーのスカウトのオーディションだと勘違いしたという。
  • スクリーンテストの際に、「もし妹が誘拐されたら…」という設定でアブラハム・アターにインプロのテストしてみたところ、彼が涙を流した。その表情をカメラ越しにみた監督のキャリー・フクナガが、「的確な演技のセオリーで指導すれば、この子なら主役をこなせる」と思ったという。
  • イドリス・エルバは、フクナガとの電話での打ち合わせのみで出演をOKとしたという。
  • ロケーション地の候補として、英語圏のナイジェリアシエラレオネガーナが挙がったが、ナイジェリアはプロダクション上の問題で、シエラレオネは、保険上の問題で候補からはずれ、最後に残ったオプション国であるガーナでの撮影になった。ガーナでは、実態に、本編のような内戦は起きていないが、ナイジェリアとシエラレオネで起きた内戦の実態に、ロケーション地であるガーナの文化と言葉を融合させて、脚本を再構成したという。
  • フクナガ監督は、本来は撮影技師を担当する予定ではなかったのだが、技師が怪我をしたり、その他のハプニング続出のために急遽担当することになったという。
  • ロケーション地のガーナでは、サッカーの試合が行われる日は地元で雇った撮影クルーが時間通りに撮影現場に現れなかったり、雨がいつ止むのか誰も分からなかったりして常に難航を極めたという。「毎日何かのトラブルが起きて、一時は我々撮影隊はまさに『沈みゆく舟』状態だった。もうこうなったら、誰かがこの撮影の進捗具合をドキュメンタリーにおさめてそれが売れてくれれば、とも思った」とフクナガは回想している。彼自身もガーナに到着して間もなくマラリアにかかったが「療養中に脚本の見直しや手直しに取り組めたのでまぁ悪くなかったかも」と冗談交じりに言っている。
  • フクナガ監督はフランスの政治学院在学中に、ダイヤモンドなどの天然資源を争って勃発するアフリカの地域紛争を学び、そこでチャイルド・ソルジャーに興味を持ち、調べ始めたという。NYUの映画プログラムに入学願書を提出した際、チャイルドソルジャーについて触れたという。
  • PRツアー中に、フクナガは日本食をアブラハム・アターに作ってあげたのだが、「チキンとライスしか食べないアブラハムには不評だった」と語っている。


外部リンク[編集]