君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか
V6シングル
初出アルバム『SUPER Very best (#1)』
B面 FLASH BACK
Summer Day/20th Century
キミノカケラ/Coming Century
リリース
規格 マキシシングル
ジャンル J-POP
レーベル avex trax
チャート最高順位
  • 週間3位オリコン
  • 2013年度年間116位(オリコン)
V6 シングル 年表
ROCK YOUR SOUL
2012年
君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか
(2013年)
涙のアトが消える頃
2014年
テンプレートを表示

君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか」(きみがおもいだすぼくは きみをあいしているだろうか)は、V6の42作目のシングル曲。2013年8月21日avex traxから発売。

解説[編集]

前作「ROCK YOUR SOUL」から約8ヶ月ぶりのシングル[1]。この曲は、V6史上一番タイトルが長い。

初回生産限定盤A(CD+DVD)、初回生産限定盤B(CD+DVD)、通常盤(CD)の3形態で販売され、通常盤には3年ぶりに20th CenturyとComing Centuryの新曲が収録された[2]

収録曲[編集]

CD[編集]

※(instrumental)は通常盤のみ収録

  1. 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか
    作詞:Mariko Ogata、作曲:Baby Scent・Dino Cirone、編曲:鶴田海生
    • 井ノ原快彦出演 テレビ朝日系ドラマ『警視庁捜査一課9係 第8シリーズ』主題歌
    • ピアノ1本で歌い上げるバラード曲。ドラマのエンディングに合うものをと、この曲が選ばれた。プロのコーラスは一切入っておらず、メンバー全員がコーラスを行っている。[3]
  2. FLASH BACK
    作詞:ARIA、作曲:HAN SANG WON、編曲:HAN SANG WON・YOON YOUNG MIN
  3. Summer Day / 20th Century
    作詞:山下和彰、作曲・編曲:Shinjiroh Inoue
    • 通常盤のみ収録
  4. キミノカケラ / Coming Century
    作詞・作曲:TAMATE BOX、編曲:Yasutaka Kume
    • 通常盤のみ収録
  5. 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか(instrumental)
  6. FLASH BACK(instrumental)
  7. Summer Day(instrumental)/ 20th Century
  8. キミノカケラ(instrumental)/ Coming Century

DVD[編集]

初回生産限定盤A

  1. 君が思い出す僕は 君を愛しているだろうか ミュージックビデオ Long ver.
    • メンバー全員が別の場所で撮影を行ったため、PV撮影において初めて、メンバー同士が顔を合わせていない[4]

初回生産限定盤B

  1. FLASH BACK V6 LIVE TOUR 2013 Oh! My! Goodness! DANCE ver. & メンバーマルチアングルver.

脚注[編集]

  1. ^ 『月刊ソングス 2013年9月号 Vol.129』(ドレミ楽譜出版社)p.1
  2. ^ DISCOGRAPHY”. V6公式サイト (2013年7月). 2017年2月6日閲覧。
  3. ^ a b 『月刊ソングス 2013年9月号 Vol.129』(ドレミ楽譜出版社)V6のインタビュー記事。p.6
  4. ^ a b STAFF MEMO STAFF MEMO”. V6公式サイト (2013年8月2日). 2017年3月5日閲覧。