夜中に犬に起こった奇妙な事件 (演劇)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
夜中に犬に起こった奇妙な事件
The Curious Incident of the Dog in the Night-Time
脚本 マーク・ハッドン原作、サイモン・スティーブンス脚本
登場人物 クリストファー・ジョン・フランシス・ボーン(15歳の少年。数学の天才で探偵的なことをする);
エド・ボーン(父);
ジュディ・ボーン(母);
シボーン(学校の指導者);
ロジャー&アイリーン・シアーズ(近所の住民);
アレキサンダー夫人(近所の住民);
トビー(クリストファーのペットのネズミ);
ウェリントン(シアーズ夫人の亡くなった犬)
初演日 2012年8月2日 (2012-08-02)[1]
初演場所 ロイヤル・ナショナル・シアター[1]
オリジナル言語 英語
主題 自閉症スペクトラム障害ファミリー・ドラマ、犯罪フィクション
ジャンル ドラマ
舞台設定 スウィンドンおよびロンドン

夜中に犬に起こった奇妙な事件 (英語: The Curious Incident of the Dog in the Night-Time) は、小説『夜中に犬に起こった奇妙な事件』の舞台化作品。自閉症スペクトラム障害の少年クリストファー・ボーンによる、近所の犬の死を取り巻くミステリーの調査、両親や学校の指導者との関係などを描いている。初演時、2013年度ローレンス・オリヴィエ賞において新作演劇作品賞を含む7部門を受賞し、オリヴィエ賞最多受賞となった。

2012年8月2日、ロンドンウエスト・エンドにあるロイヤル・ナショナル・シアターの、客席が囲む形態の舞台で開幕した。2013年、アポロ・シアターに移行したが、屋根の崩壊により閉幕した。2014年7月9日、ギールグッド・シアターで再開した。2014年10月5日、エセル・バリモア・シアターにてブロードウェイ公演が開幕した。2015年度ドラマ・デスク・アワード演劇作品賞、2015年度海外批評家サークル賞新作ブロードウェイ演劇作品賞、2015年度ドラマ・リーグ・アワードブロードウェイ/オフ・ブロードウェイ演劇プロダクション賞、2015年度トニー賞演劇作品賞を受賞した。

劇中劇を取り入れ、原作とは基本的構造が違っている。複数の批評家が少年の視点、学校の指導者の慈悲の心などに感銘し、一般的に評価を得ている。また批評家らは視覚効果についても評価している[2]

登場人物[編集]

  • クリストファー・ジョン・フランシス・ボーン: 主人公。15歳の少年で、シアーズ夫人の大きな黒い犬ウェリントン殺害事件を調査する。
  • エド・ボーン: クリストファーの父でボイラー技士。2年間シングル・ファーザーとしてクリストファーと暮らしていた。
  • ジュディ・ボーン: クリストファーの母。クリストファーは母が2年前に心臓発作で亡くなったと思っていた。
  • シボーン: クリストファーの学校の助手で助言者。社会や規則に沿った行動などを教える。
  • ロジャー・シアーズ: 近所の住民だったが、家を出ている。
  • アイリーン・シアーズ: ミスター・シアーズの妻。クリストファーが母の死の真相を知った時、エドを慰めようとする。
  • アレキサンダー夫人: 近所の年配の女性。クリストファーに両親とシアーズ夫妻のことを伝える。
  • トビー: クリストファーのペットのネズミ。
  • ウェリントン: シアーズ夫人の大きな黒いプードル。シアーズ邸の庭で園芸フォークで刺されて死んでいるのをクリストファーが見つける。
  • サンディ: クリストファーの新しいペットの子犬。

あらすじ[編集]

この脚本は原作とは基本的構造が違っている。原作では主人公の一人称で語られるが、脚本ではクリストファーが書いた本を先生が読むという劇中劇の形式となっている[3][4]

ロンドンスウィンドン[5]。15歳のアマチュア探偵であるクリストファー・ジョン・フランシス・ボーンは数学の天才である。何らかの自閉症スペクトラム障害であると見られ、自閉症[6]もしくはアスペルガー症候群[7]の特徴を持つように描写されているが、作品中には明白にこれらの名は登場しない[8]。「奇妙な事件」とは園芸フォークで刺されて亡くなった近所の犬を取り巻くミステリーのことを指す[8]

犬殺害の犯人を捜す間、父エドを含む近所の住民の多くから抵抗にあう。クリストファーは規則は破るためにあると自分に言い聞かせ、自身にシャーロック・ホームズを投影して答えを探し続ける。彼は父が犬を殺したと知り、クリストファーは自分の命が心配になり、死んだと聞かされていた母がロンドンに住んでいると知って母を探しにロンドンへ向かう。旅の途中様々な困難に遭遇するが、なんとか母に再会し歓迎される。しかし数学の重要な試験があるためスウィンドンへ戻りたくなる。八方塞がりに思えたが、最終的に父と再会し、未来がひらける。

カーテンコールの後、クリストファーはずっと解けなかった数学の問題を解き明かす。

プロダクション[編集]

劇場 開幕日 閉幕日 特記事項
ロイヤル・ナショナル・シアター(ロンドン) 2012年8月2日 2012年10月27日 初演
アポロ・シアター(ウエスト・エンド) 2013年3月12日 2013年12月19日 ウエスト・エンド初演
Teatro de los Insurgentes(メキシコ) 2013年10月24日 2015年1月4日 海外初演
世田谷パブリックシアター 2014年4月4日 2014年4月20日 日本初演
ギールグッド・シアター(ウエスト・エンド) 2014年7月9日 2017年6月3日 ウエスト・エンド再開
エセル・バリモア・シアター(ブロードウェイ) 2014年10月5日 2016年9月4日 ブロードウェイ初演
Kwanglim Art Center BBCH Hall(ソウル) 2015年11月27日 2016年1月31日 韓国初演
Citadel Theatre(エドモントン) 2016年9月22日 2016年11月12日 カナダ初演

ウエスト・エンド[編集]

2012年8月2日、ロイヤル・ナショナル・シアターにてサイモン・スティーブンス脚本、マリアン・エリオット演出により初演が開幕した[9][1]。客席が取り囲む舞台で上演された[10]ルーク・トレッダウェイがクリストファー役、ポール・リッターが父エド役、ニコラ・ウォーカーが母ジュディ役、ニーヴ・キューザックがシボーン役、ユーナ・スタッブスがアレキサンダー夫人役を演じた[11]。9月6日、ナショナル・シアター・ライヴを通して世界中の映画館で生中継され、10月下旬に閉幕した[12]。3月、ウエスト・エンドにあるアポロ・シアターに移行した[13]。3月1日にプレビュー公演が行なわれ、3月12日に正式に開幕した。クリストファーの両親役にショーン・グレッソンとホリー・エアードが参加した[14]

2013年12月19日の公演中、アポロ・シアターの屋根が壊れて観客約80名が負傷した[15]。これにより以降の公演は全て休演となり[16][17]、新たな劇場を探すこととなった[18]。アポロ・シアターのバルコニーは大幅な改修が必要となった[19][20]。2014年2月、ストラトフォード・オールド・タウン・ホールにて、中学校14校の生徒を昼公演に無料招待し、8回上演した[10]。近隣の劇場で再開することとなり、2014年6月24日、ギールグッド・シアターにてプレビュー公演が開幕し、7月9日に正式に開幕した[21]

2017年6月3日に1,600公演上演後閉幕する予定である[22]

ブロードウェイ[編集]

2014年、ブロードウエイにあるエセル・バリモア・シアターにて、9月10日からプレビュー公演が行なわれ、10月5日に正式に開幕した[23]。再度ロイヤル・ナショナル・シアターがプロデュースし[24]、エリオットが演出を行なった[25]。アレックス・シャープがクリストファー役でプロ・デビューし[26]、イアン・バーフォードが父エド役、イニッド・グラハムが母ジュディ役、フランチェスカ・フェリダニーがシボーン役に配役された[27]。スコット・グラハムとスティーヴン・ホゲットが振付を担当した[28]

800回上演後、2016年9月4日に閉幕した[29][30]

ツアー[編集]

2014年12月、イギリスおよびアイルランドのツアー公演がサルフォードにあるロウリー・シアターにて開幕し、32都市で上演された[31]。2016年9月27日、全米ツアー公演がニューヨーク州ロチェスターにあるオーディトリアム・シアターで開幕した[32]

2017年1月、2度目のイギリスおよびアイルランドのツアーがサルフォードで開幕し、9月に閉幕する予定である[33]

メキシコ[編集]

2013年、ブロードウェイ初演前にメキシコにて『El Curioso Incidente del Perro a Medianoche 』として初の海外プロダクションが開幕した。Luis Gerardo MéndezAlfonso Dosal がクリストファー役を交代で演じた。2015年、閉幕した[34]

ソウル[編集]

2015年11月27日、韓国ソウルにあるKwanglim Art Centerで韓国人キャストによる公演が開幕し、2016年1月31日、閉幕した[35]

日本での公演[編集]

2014年4月4日から20日まで、世田谷パブリックシアターにて日本人キャストによる公演が上演された[36]蓬莱竜太が上演脚本、鈴木裕美が演出を担当した[36]。舞台は日本に置き換えられ、役名も異なる[37]。その後4月24日から29日までシアターBRAVA!にて大阪公演が行なわれた[37]

キャスティング[編集]

オリジナル・キャストを以下に示す:

登場人物 ロイヤル・ナショナル・シアター[11]
コテスロー・シアター, 2012年
ウエスト・エンド[38] メキシコ[39]
Teatro de los Insurgentes, 2013
日本[36]
世田谷パブリックシアター, 2014
ブロードウェイ[40]
エセル・バリモア・シアター, 2014
第1回全英ツアー
2015
第1回全米ツアー
2016-2017
ソウル[41]
Kwanglim Art Center, 2015
アポロ・シアター, 2013 ギールグッド・シアター, 2014
クリストファー ルーク・トレッダウェイ グラハム・バトラー Luis Gerardo Méndez
Alfonso Dosal
"幸人"
森田剛
アレックス・シャープ
テイラー・トレンチ*
ジョシュア・ジェンキンス
クリス・アシュビー*
アダム・ランドン
ベンジャミン・ウィールライト*
Yoon Na Mu
リョウク
Jeon Sung Woo
シボーン ニーヴ・キューザック サラ・ウッドウォード Cecilia Suárez
クラウディア・ラミレス
"瑛子"
小島聖
フランチェスカ・フェリダニー ゲラルディン・アレキサンダー マリア・エレナ・ラミレス Bae Hae Seon
Kim Ji Hyun
エド ポール・リッター ショーン・グリーソン ニコラス・テナント Alejandro Camacho "誠"
入江雅人
イアン・バーフォード スチュアート・レイン ジーン・ジレット Kim Young Ho
Shim Hyung Tak
ジュディ ニコラ・ウォーカー ホリー・エアード エミリー・ジョイス レベッカ・ジョーンズ
モニカ・ディオン
"広美"
高岡早紀
イニッド・グラハム ジーナ・アイザック フェリシティ・ジョーンズ・ラッタ Kim Rosa
Yang So Min
シアーズ夫人
ガスコイン夫人
電車の女性
店員
声1
ソフィ・デュヴァル ヴィクトリア・ウィリング Luz María Aguilar "佐久間夫人"
西尾まり
メルセデス・ヘレロ クレア・パーキンス シャーロット・メイアー Han Se Ra
ロジャー・シアーズ
軍曹
ミスター・ワイズ
カウンターの男
酔客1
声2
ニック・サイディ ダニエル・ケイシー Moisés Arrizmendi "佐久間氏"
リチャード・ホリス ルーカス・ヘア ジョン・ヘムフィル Kim Dong Hyun
Hwang Sung Hyun
ミスター・トンプソン
警官1
酔客2
靴下の男
ロンドン警察
声3
マシュー・バーカー ポール・ストッカー Ramón Cadaval
Gabriel Casanova
ベン・ホーナー エドワード・グレース ブライアン・ロバート・バーンズ Shin Chang Joo
ピーターズ師
テリー伯父
鉄道警察
鉄道警備員
声4
ハワード・ウォード トニー・ターナー Bernardo Benitez デイヴィッド・マニス ジョン・マカンドリュー ジョフリー・ウェイド Kim Jong Chul
37番
通行人
インフォメーション
パンク・ガール
声5
Rhiannon Harper-Rafferty Vivienne Acheampong Erika Stettner
Paula Watson
Jocelyn Bioh Emmanuella Cole Francesca Choy-Kee Jo Han Na
アレキサンダー夫人
上流階級の女性
声6
ユーナ・スタッブス ティリー・トレメイン ゲイ・ソパー Lourdes Echavarría "白瀬"
木野花
ヘレン・ケイリー ロバータ・カー アメリア・ホワイト Kang Jung Im

* - 限られた公演にのみ出演

アポロ・シアター公演での主な代役にはシボーン役にレイキー・エイヴォラ、ジュディ役にアマンダ・ドリュー、ロジャー・シアーズ役にダニエル・ケイシーが配役された[42]。2015年9月13日、オリジナル・ブロードウェイ・キャストの何人かが最終日を迎え、9月15日から新キャストとなった[43][44][45]。韓国初演では主な登場人物のほとんどがダブル・キャスト、トリプル・キャストとなった[41][46]

受賞歴[編集]

2013年3月26日、ロンドン公演が評価されローレンス・オリヴィエ賞へのノミネートが発表された。新作演劇作品賞、演出賞(エリオット)、主演男優賞(トレッダウェイ)、助演女優賞、装置デザイン賞、照明デザイン賞、音響デザイン賞、振付賞の最多8部門にノミネートされた[47]。7部門で受賞し[48]、2012年のミュージカルマチルダ』の記録と同等となった[49][50]。2013年2月17日、ワトソンステージ賞の新作演劇作品として称賛を得た[51]

ウエスト・エンド・プロダクション[編集]

部門 ノミネート者 結果
2013 ローレンス・オリヴィエ賞[48] 新作演劇作品賞 受賞
演出賞 マリアン・エリオット 受賞
主演男優賞 ルーク・トレッダウェイ 受賞
助演女優賞 ニコラ・ウォーカー 受賞
音響デザイン賞 イアン・ディッキンソン、エイドリアン・サットン 受賞
照明デザイン賞 ポール・コンスタブル 受賞
装置デザイン賞 バニー・クリスティ、フィン・ロス 受賞
振付賞 スコット・グラハム、スティーヴン・ホゲット ノミネート

ブロードウエイ・プロダクション[編集]

部門 ノミネート者 結果
2015 トニー賞[52] 演劇作品賞 受賞
演劇演出賞 マリアン・エリオット 受賞
演劇主演男優賞 アレックス・シャープ 受賞
演劇照明デザイン賞 ポール・コンスタブル 受賞
演劇装置デザイン賞 バニー・クリスティ、フィン・ロス 受賞
振付賞 スコット・グラハム、スティーヴン・ホゲット ノミネート
ドラマ・デスク・アワード[53] 演劇作品賞 受賞
演劇主演男優賞 アレックス・シャープ 受賞
演劇演出賞 マリアン・エリオット 受賞
照明デザイン賞 ポール・コンスタブル 受賞
プロジェクション・デザイン賞 フィン・ロス 受賞
演劇音響デザイン賞 イアン・ディッキンソン 受賞
ドラマ・リーグ・アワード[54] ブロードウェイ/オフ・ブロードウェイ演劇プロダクション賞 受賞
パフォーマンス賞 アレキサンダー・シャープ ノミネート
海外批評家サークル賞[55] ブロードウェイ新作演劇作品賞 受賞
演劇演出賞 マリアン・エリオット 受賞
装置デザイン賞 バニー・クリスティ 受賞
照明デザイン賞 ポール・コンスタブル 受賞
演劇男優賞 アレックス・シャープ 受賞
演劇助演女優賞 フランチェスカ・ファリデニー ノミネート

脚注[編集]

  1. ^ a b c The Curious Incident of the Dog in the Night-Time”. NationalTheatre.org.uk. 2014年10月13日閲覧。
  2. ^ Spencer, Charles (2015年6月8日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time, Apollo Theatre, review”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/theatre/what-to-see/the-curious-incident-of-the-dog-in-the-night-time-apollo-theatre-review/ 2016年4月29日閲覧。 
  3. ^ Zoglin, Richard (2014年10月6日). “Broadway Mind Games: The Curious Incident of the Dog in the Night-Time”. Time. 2014年10月17日閲覧。
  4. ^ Green, Adam (2014年10月8日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time Makes Its Way to Broadway”. Vogue. 2014年10月17日閲覧。
  5. ^ Shilling, Jane (2014年7月10日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time, Gielgud Theatre, review: 'muted'”. The Daily Telegraph. http://www.telegraph.co.uk/culture/theatre/theatre-reviews/10958547/The-Curious-Incident-of-the-Dog-in-the-Night-Time-Gielgud-Theatre-review-muted.html 2015年1月4日閲覧。 
  6. ^ Brantley, Ben (2014年10月5日). “Plotting the Grid of Sensory Overload: The Curious Incident of the Dog in the Night-Time Opens on Broadway”. The New York Times. 2014年10月15日閲覧。
  7. ^ Costa, Maddy (2012年7月25日). “A Curious Incident on stage”. The Guardian. 2013年4月29日閲覧。
  8. ^ a b Wolf, Matt (2012年8月7日). “The National Theatre Hits Its Mark”. The New York Times. 2013年4月29日閲覧。
  9. ^ Gardner, Lyn (2013年3月13日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time – review”. The Guardian (London: Guardian News and Media). https://www.theguardian.com/stage/2013/mar/13/curious-incident-dog-night-time-review 2013年8月20日閲覧。 
  10. ^ a b Usborne, Simon (2014年2月5日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time: The show must go on”. The Independent. 2014年10月13日閲覧。
  11. ^ a b Geoghegan, Kev (2012年8月5日). “National Theatre adapts Mark Haddon's Curious Incident”. BBC News Online. 2013年3月29日閲覧。
  12. ^ Hetrick, Adam (2012年6月13日). “National Theatre Live to Broadcast Curious Incident of the Dog in the Night-Time and Timon of Athens”. Playbill. 2014年10月15日閲覧。
  13. ^ The Curious Incident of the Dog in the Night-Time”. Apollo Theatre. 2013年4月29日閲覧。
  14. ^ Shenton, Mark (2012年11月1日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-time to Transfer to West End's Apollo Theatre”. Playbill. 2014年10月13日閲覧。
  15. ^ Paul, Raven (2014年1月8日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time to move from the Apollo to Gielgud Theatre”. WestEndTheatre.com. 2014年10月14日閲覧。
  16. ^ Ng, David (2013年12月20日). “Apollo Theatre: Curious Incident of the Dog cancels performances”. latimes.com. Los Angeles Times. 2013年12月20日閲覧。
  17. ^ Hetrick, Adam (2013年12月30日). “The Curious Incident Of The Dog In The Night-time Cancels Additional Performances at London's Apollo Theatre”. playbill.com. Playbill. 2013年12月31日閲覧。
  18. ^ Curious Incident play changes venue after ceiling collapse”. bbc.co.uk/news. BBC News (2014年1月8日). 2014年1月8日閲覧。
  19. ^ Brown, Mark and Matt Trueman (2014年1月8日). “Apollo dismayed as Curious Incident of the Dog in the Night-Time moves house”. theguardian.com. The Guardian. 2014年1月8日閲覧。
  20. ^ ‘The Curious Incident of the Dog in the Night-Time’ moves home”. timeout.com. Time Out (2014年1月8日). 2014年1月8日閲覧。
  21. ^ Shenton, Mark. "The Curious Incident of the Dog in the Night-time Will Move to West End's Gielgud in June; Broadway to Follow", playbill.com, 8 January 2014
  22. ^ Lloyd Webber, Imogen (2016年12月9日). “The Curious Incident of the Dog in the Night-Time Sets West End Closing Date”. Broadway.com. http://www.broadway.com/buzz/187022/the-curious-incident-of-the-dog-in-the-night-time-sets-west-end-closing-date/ 2016年12月9日閲覧。 
  23. ^ The Verdict: Critics Review The Curious Incident of the Dog in the Night-Time on Broadway”. Playbill (2014年10月4日). 2014年10月13日閲覧。
  24. ^ Ng, David (2014年1月8日). “'The Curious Incident of the Dog' coming to Broadway in fall”. latimes.com. Los Angeles Times. 2014年10月14日閲覧。
  25. ^ Healy, Patrick (2014年1月8日). “'The Curious Incident of the Dog in the Night-Time’ Coming to Broadway in the Fall”. nytimes.com. New York Times. 2014年1月8日閲覧。
  26. ^ Pogrebin, Robin (2014年9月4日). “Incident of the Actor for the First Time: Alex Sharp in The Curious Incident of the Dog in the Night-Time”. The New York Times. 2014年10月15日閲覧。
  27. ^ Dziemianowicz, Joe (2014年10月5日). “‘The Curious Incident of the Dog in the Night-Time,’ theater review: A compelling blend of mystery and self-discovery propels fine adaptation of Mark Haddon's novel, starring Alex Sharp, Francesca Faridany and Enid Graham”. Daily News. 2014年10月13日閲覧。
  28. ^ Brantley, Ben (2015年10月5日). “Plotting the Grid of Sensory Overload: 'The Curious Incident of the Dog in the Night-Time' Opens on Broadway”. The New York Times. 2015年10月24日閲覧。
  29. ^ Chow, Andrew R. (2016年3月22日). “‘Curious Incident’ to Close in September”. The New York Times. 2016年3月22日閲覧。
  30. ^ Clement, Olivia. "Broadway Welcomes a New Musical and Says Farewell to a Hamilton Favorite" Playbill, September 1, 2016
  31. ^ National confirms full dates for Curious Incident of the Dog in the Night-time tour”. WhatsOnStage.com. 2016年4月15日閲覧。
  32. ^ Viagas, Robert (2016年6月15日). “Curious Incident National Tour Announces Cities and Dates | Playbill”. Playbill. 2016年12月9日閲覧。
  33. ^ UK Tour | The Curious Incident of the Dog in the Night-Time” (英語). The Curious Incident of the Dog in the Night-Time. 2016年4月15日閲覧。
  34. ^ "El curioso incidente del perro a medianoche" - Proceso” (スペイン語). Proceso. 2016年3月7日閲覧。
  35. ^ [STAGE 김수로프로젝트 14탄 `한밤중에 개에게 일어난 의문의 사건` 으악! 이런 건 꼭 봐줘야 해]”. MK News (2015年11月11日). 2015年11月14日閲覧。
  36. ^ a b c 『夜中に犬に起こった奇妙な事件』公演情報”. 世田谷パブリックシアター (2014年3月3日). 2017年2月14日閲覧。
  37. ^ a b 森田剛主演、鈴木裕美演出『夜中に犬に起こった奇妙な事件』が上演中”. シアターガイド (2014年4月9日). 2017年2月14日閲覧。
  38. ^ Shenton, Mark. "Casting Announced for West End Return of The Curious Incident of the Dog in the Night-time", Playbill, 4 April 2014
  39. ^ El curioso incidente del perro a medianoche - Cartelera de Teatro DF” (スペイン語). Cartelera de Teatro DF. 2016年3月7日閲覧。
  40. ^ The Curious Incident of the Dog in the Night-Time”. Playbill. 2014年10月13日閲覧。
  41. ^ a b "한밤중에 개에게 일어난 의문의 사건", "PlayDB", 14 November 2015
  42. ^ Amer, Matthew. "New Curious cast unveiled", OfficialLondonTheatre, 22 July 2013, accessed 14 October 2014
  43. ^ Lloyd Webber, Imogen (2015年7月28日). “Tyler Lea Will Replace Alex Sharp in Tony-Winning The Curious Incident of the Dog in the Night-Time on Broadway”. Broadway.com. 2015年9月27日閲覧。
  44. ^ Heller, Scott (2015年7月28日). “Matthew Broderick Cast in ‘Sylvia'; Alex Sharp to Leave ‘Curious Incident’”. The New York Times. 2015年9月30日閲覧。
  45. ^ Viagas, Robert (2015年7月28日). “See Who's Taking Over the Leads in Broadway's Curious Incident”. Playbill. 2015年9月30日閲覧。
  46. ^ "한밤중에 개에게 일어난 의문의 사건", "Interpark", 14 November 2015
  47. ^ Clark, Nick (2013年3月26日). “Olivier Awards 2013: Stars of the Silver Screen Helen Mirren, James McAvoy and Rupert Everett in Competition for top theatre gongs”. The Independent (London). http://www.independent.co.uk/arts-entertainment/theatre-dance/news/olivier-awards-2013-stars-of-the-silver-screen-helen-mirren--james-mcavoy-and-rupert-everett-in-competition-for-top-theatre-gongs-8549674.html 2013年3月29日閲覧。 
  48. ^ a b Curious Night at the Oliviers”. Olivier Awards (2013年4月28日). 2013年5月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2013年4月29日閲覧。
  49. ^ Curious Incident wins seven”. BBC News (2013年4月28日). 2013年4月28日閲覧。
  50. ^ Pickford, James (2013年4月28日). “Curious Incident of the Dog in the Night-Time wins seven Oliviers”. Financial Times. 2013年4月29日閲覧。
  51. ^ Whatsonstage Awards winners announced”. WestEndTheatre.com (2013年2月18日). 2014年10月13日閲覧。
  52. ^ Viagas, Robert (2015年6月7日). “Fun Home, Curious Incident, Kelli O'Hara, Helen Mirren, Michael Cerveris, Alex Sharp Top 69th Annual Tony Awards”. Playbill. 2015年6月9日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年6月10日閲覧。
  53. ^ Gans, Andrew and Michael Gioia (2015年5月31日). “Drama Desk Award Winners Announced; Hamilton Wins Seven Awards”. Playbill. 2015年6月1日閲覧。
  54. ^ Gans, Andrew (2015年5月15日). “An American in Paris, Curious Incident and Chita Rivera Win Drama League Awards”. Playbill. 2015年5月17日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2015年5月24日閲覧。
  55. ^ Clement, Olivia. " 'Curious Incident' Top Winner at Outer Critics Circle Awards" playbill.com, 11 May 2015

外部リンク[編集]