ユーナ・スタッブス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ユーナ・スタッブス
Una Stubbs
Una Stubbs
SHERLOCK/シャーロック 忌まわしき花嫁』を撮影中のスタッブス(右、2015年2月)
生年月日 (1937-05-01) 1937年5月1日(81歳)
出生地

イングランドの旗 イングランド

ハートフォードシャーウェリン・ガーデン・シティ
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 女優、(元)ダンサー
活動期間 1956年 - 現在
配偶者 ピーター・ギルモア英語版1958年 - 1969年)(離婚)
ニッキー・ヘンソン英語版1969年 - 1975年)(離婚)
主な作品

ユーナ・スタッブス[1](Una Stubbs, 1937年5月1日 - )は、イギリスのテレビ・舞台・映画女優である。かつてはイギリスのテレビや、劇場、時には映画にも出演したダンサーであった。イギリスでは、シットコムTill Death Us Do Part英語版』で演じたリタや、子供向けシリーズ "Worzel Gummidge" (en で演じたサリーおばさん英語版役で知られている。またTVシリーズ『ワーストウイッチ (enで演じたバットさん役でも有名である。最近では『SHERLOCK』でシャーロックの大家ハドスン夫人を演じている。

活動歴[編集]

1950年代中頃、スタッブスはラウントリーズ英語版[注 1]製のデイリー・ボックス・チョコレートのカバーガールを務めていた[2]。彼女はヨークにあったラウントリーズ社の工場への訪問について言及した際に、自身のことを「ラウントリーのチョコレート少女」[注 2]と呼んでいる(彼女は知らなかったものの、奇しくもヨークは彼女の祖父が働いていた土地だった)[3]

スタッブスは1956年に、イギリスのテレビ音楽番組『クール・フォー・キャッツ英語版』において、ダギー・スクワイアズ英語版・ダンサーの一員として、テレビに初出演した。彼女はこの頃ロンドンキャバレーナイトクラブレヴューでも働いており、ライオネル・ブレア英語版のダンス・アンサンブルの一員でもあった。

彼女が初めて大きな役を得たのは、クリフ・リチャードの1963年の映画『サマー・ホリデイ英語版』でのことである。彼女はまた、リチャードの次の映画『ワンダフル・ライフ英語版』にも出演している(1964年)。それから数年後、彼女はBBCシットコムTill Death Us Do Part英語版』(1966年 – 1975年)に出演し、アルフ・ガーネット英語版の結婚した娘・リタ役を演じたことで一躍成功する。また1981年の短い生放送シットコム『Till Death...英語版』においてもリタを演じた。彼女は1985年から1992年放映のBBC制作シットコム『In Sickness and in Health英語版』においても、いくつかのエピソードでリタを演じた(これが3度目のリタ役となる)。1970年から1971年にかけて、スタッブスは再びクリフ・リチャードとタッグを組み、毎週彼のBBC Oneのテレビシリーズ "It's Cliff Richard!" に出演した。次のシリーズには出演しなかったが、それは放送が彼女の出産直後であったためである。この作品では、"Till Death Us Do Part" で共演しており、彼女のテレビでの「母」であったダンディー・ニコルズ英語版が代役を務めた[注 3]

スタッブスは『フォルティ・タワーズ』において、1979年のエピソード『結婚記念日』 (The Anniversary で主演を務めている。1979年から1981年にかけて、彼女はITVの子供向けシリーズ "Worzel Gummidge" (enジョン・パートウィー英語版バーバラ・ウィンザーに対抗する役・サリーおばさんを演じた。また、1980年代にはゲームショー "Give Us a Clue" でチーム・キャプテンを務め、他チームのキャプテンを務めていたライオネル・ブレアと再会している。

彼女は『バーナビー警部』、『ハートビート英語版』、『カジュアルティー英語版』、『Keeping Up Appearances英語版』、『ボーン・アンド・ブレッド英語版』、そして『ワーストウイッチ (enなどの番組に出演した。近年にはスタッブスは、『ヴィクトリア・ウッド英語版』 の第4話 "We'd Quite Like to Apologise"、 『ザ・キャスリーン・テイト・ショー英語版』、『アガサ・クリスティー ミス・マープル』、『イーストエンダーズ』、『ベニドルム英語版』 などに出演している。また、2010年からは、『SHERLOCK』でハドスン夫人を演じている。

スタッブスはウェスト・エンド・シアターにも2001年と2005年に出演している。このうち2001年にはノエル・カワードの最終作 "Star Quality" でペネロープ・キース英語版と共演し、2005年にはシラーの『ドン・カルロス』でデレク・ジャコビと共演している。近年では、メニエール・チョコレート・ファクトリー英語版でのミュージカル『ラ・カージュ・オ・フォール』や、バース王立劇場英語版オールド・ヴィック・シアターでの『ピグマリオン』、そしてドンマー・ウエアハウスでの『一族再会英語版[注 4]などに出演した。彼女はまた、2012年にロイヤル・ナショナル・シアターで上演された『夜中に犬に起こった奇妙な事件』のオリジナル・キャストでもある。

2015年、スタッブスはBBC Oneの "The Big Painting Challenge" に、リチャード・ベーコン英語版と共に出演した。

私生活[編集]

スタッブスはハートフォードシャーウェリン・ガーデン・シティで、アンジェラ・K・ローリンソンとクラレンス・レジナルド・スタッブスの娘として生まれた[4]。彼女はレスターシャーヒンクリー英語版で育った[5]。1958年に俳優ピーター・ギルモア英語版と結婚し、ジェイソンという息子を養子に取る。彼らは1969年に離婚したが、その後彼女は同じく俳優のニッキー・ヘンソン英語版と結婚した。スタッブスはヘンソンと1975年に離婚したものの、良い交友関係は保っている。彼らの間には2人の子供がいる。一人は作曲家のクリスチャン・ヘンソン(1975年12月25日 - )で、もう一人はミュージシャンで作曲家のジョー・ヘンソン(1973年9月18日 - )である[6]

長年の間、スタッブスはロンドン周辺をヴィネット英語版で描き続けており、メイフェアの自宅近くで、これらの絵の展覧会を開いたこともある[7]

スタッブスは、母ワンダ・ヴェンサムと共演した縁で、『SHERLOCK』での共演者ベネディクト・カンバーバッチを、彼が4歳の頃から知っていたという[8][9]

また、スタッブスを題材としたBBCの "Who Do You Think You Are?" が、2013年7月24日に放映された。この番組の中で、彼女の祖先が何人か紹介された。例えば曾祖父にあたるエベネザー・ハワードは、田園都市の提唱者であり、最初の田園都市であるハートフォードシャーレッチワースならびにウェリン・ガーデン・シティにおいて、その設計と建設の原動力となった人物である[10][注 5]

出演作[編集]

映画[編集]

テレビ番組[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ : Rowntree's
  2. ^ : 'Rowntrees Chocolate Girl'
  3. ^ "Till Death Us Do Part" でアルフ・ガーネットを演じたのがニコルズである。
  4. ^ T・S・エリオットの1937年の戯曲 "The Family Reunion" (en
  5. ^ ちなみにウェリン・ガーデン・シティは、彼女の出身地でもある。
  6. ^ 2015年10月26日現在、日本未放送。

出典[編集]

  1. ^ omazeのツイート(994625212317499392) - 『SHERLOCK』の共演者、ベネディクト・カンバーバッチによる発音、2018年5月11日閲覧。
  2. ^ “Nestlé archive shows the history of Rowntree's chocolate”. York Press (York). (2011年9月30日). http://www.yorkpress.co.uk/features/features/9280672.Sweet_memories_of_Rowntree_s_chocolates/ 2014年1月3日閲覧. "Alex points out a photo of Una Stubbs, who was used as the cover girl for Dairy Box." 
  3. ^ Who Do You Think You Are?, "Una Stubbs", Director Mary Cranitch, Producer Colette Flight, BBC, 2013, approx 26 minutes
  4. ^ http://www.thegenealogist.co.uk/treeview/tree_view.php?&&tree_id=22078
  5. ^ Vicki Power (2013年8月2日). “Una Stubbs: My family values”. The Guardian. 2016年4月9日閲覧。
  6. ^ “Stubbs to join ex-husband in soap”. BBCニュース. (2006年5月23日). http://news.bbc.co.uk/1/hi/entertainment/5007346.stm 2016年4月9日閲覧。 
  7. ^ Stubbs at Panter & Hall gallery
  8. ^ Margy Rochlin (2012年5月7日). “Q & A With Una Stubbs: The Joy of Victoria Sponges + Getting Sherlock Holmes to Eat”. LA WEEKLY. 2016年4月9日閲覧。
  9. ^ あなたの知らないドラマ「SHERLOCK/シャーロック」の秘密24”. ELLE. p. 8 (2017年1月19日). 2017年2月18日閲覧。
  10. ^ "Una Stubbs". Who Do You Think You Are?. BBC. 1回,10シリーズ. 2013年7月24日閲覧。
  11. ^ ブライズメイドとは”. 2015年10月26日閲覧。

外部リンク[編集]