ハンサムマン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索

ハンサムマン』 (Handsome Man) は、テレビ朝日系列で1996年1月8日から同年3月11日まで月曜ドラマイン枠で放送されたテレビドラマラテ欄には他の番組のタイトルを組みかえし、それをサブタイトルとして載せていた。当時のテレビドラマとしては異色の撮影手法であったハンディー(手持ちカメラ)で、ほぼ全編にわたって撮影された。

ストーリー[編集]

イケメン医師・佐伯トビオは、プレイボーイで周囲の女性(患者、看護師など)の人気者であった。ある時、一人の初老の男性に出会う。その人から不思議な実「シンヘン」と言う惚れ薬をもらい「あなたが本当に愛している人の前でこの実を食べると、その人とずっと一緒にいることが出来る」と言われる。トビオはナンパした女性とホテルに行き、その実を彼女の前で口にした。すると、彼は少しでもエッチなことを考えると、女性に全く相手にもされないようなブ男に変身してしまうという不思議な能力がついてしまった。そんな中、トビオと一緒に働く新人看護師の高見萌子は、偶然起きたある出来事が原因で、彼を男としては軽蔑していた。彼女はトビオの変身後の姿とは知らずに、トビオ2号(金太郎)の誠実な態度に好意を寄せていく…。

主要人物[編集]

本作の主人公。大前田病院に勤務する25歳の自称「天才外科医」。少しクールなイケメンで、高級スポーツカーで通勤する。病院の内外を問わず女の子たちからあこがれの存在になっていた。プレイボーイで女癖が悪い。診察に於いても病院内で絶大な支持を得ていたが、手術を開始する前に必ず「It's a showtime!!」、終了時には「Party is over!!」と掛け声をする癖がある。ところがある日、行きつけのバーのカウンター席に座っていた神様からもらった惚れ薬「シンヘン」を飲んでから、彼の人生が大きく変わってしまった。
「シンヘン」を服用後のトビオがエッチなことを考えて変身してしまった姿。寝ると元の姿に戻る。萌子の前では自身の名を伏せて「佐江金太郎」と名乗って接していた。但し、医療スキルは変わっていない為、変身後は暗闇で手術をることも可能。
大前田病院に新人看護師として勤務することになる。沖縄県の離れ小島の出身で、真面目だが少しドジな所もある。看護師長や先輩看護師にいじめられながらも、自分の信念を貫き通す。「がんばらべっちゃ」が口癖。偶然上京する飛行機の中でトビオと出会うが、彼の幼馴染みの客室乗務員にバレて騒ぎが起き、それ以来しばらくトビオのことを嫌っていたが、金太郎は気に入っていた。
トビオの先輩外科医で、ナンパが得意。トビオと同様、手術前に必ず「Let's enjoy!!」と雄叫びをしてから開始する癖がある。最終的に「シンヘン」を服用してしまい、直らなくなってしまう。
萌子の直属の上司で、常に厳しく指導しているが、患者の家族からの差し入れは喜んで貰う。
同じ病院内で、仕事熱心な小児科医として勤務する。独身だが、恋にはほとんど関心を持っていない。植物観賞が趣味。最終的にはまゆと結婚し、病院長に就任。
大前田病院の院長。コーヒーを自ら煎れて飲むのが趣味。最終的に院長を引退し、病院内に喫茶店を開業させ、夫婦で経営する。
院長夫人。コーヒーの味にうるさく、少しでも自分のイメージに合わないと文句を言う。
雄二と久美の間に生まれた一人娘。自身を「まゆぴょん」と呼ぶ。医学の道へ行く意思はなく、学校での成績も「結納」を「けつのう」と読むほど酷い。しかし、いつかトビオと結婚し病院の後継ぎにしたいと夢見ている。
沖縄の離れ小島で漁師をしている。遠く離れた東京で萌子が仕事が出来るか、常に気にかけている。
外科病棟の共同部屋に半ば居候状態で入院している3人。一旦は退院し、病人食事業に成功し、病室を買い取り、3人仲良く隠居生活を送る。
黒いスーツ姿でトビオの前に現れ、「真実の愛」の試練を与えた張本人。タクシー乗務員やヤブ医者、飛行機の機長の姿などに変装し、彼の行動を常に見ている。

テーマソング[編集]

主題歌[編集]

挿入歌[編集]

スタッフ[編集]

サブタイトル[編集]

  1. 罰?変身したボク!!の巻
  2. 金パツ先生に思わず変身!?
  3. コギャル集団入院で誘惑大戦争!!トビオに子が!?
  4. トビオ二代目組長に!?ピュアな恋の恋いちもんめ
  5. 脱獄!?人質!?250億要求!?決死のリスキーゲーム
  6. ママは発明将軍で赤恥青恥!!恋してオンリーユー
  7. 月曜の怪談!?病院の花子さん心霊怪奇ファイル!!
  8. 奇跡のロマンス始まる!!驚きももの木西城秀樹!?
  9. 真実の愛に走らんか!ついに告白ごっつええ感じ
  10. 涙の最終回!!神様僕を一生ブ男にして!愛は決して後悔しないこと

類似項目[編集]