バイバイ。

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
バイバイ。
相川七瀬シングル
初出アルバム『Red
B面 情熱に死す
リリース
録音 T's STUDIO
ジャンル J-POP
レーベル motorod
作詞・作曲 織田哲郎
プロデュース 織田哲郎
チャート最高順位
  • 週間19位(オリコン
  • 登場回数11回(オリコン)
相川七瀬 シングル 年表
夢見る少女じゃいられない
1995年
バイバイ。
1996年
LIKE A HARD RAIN
(1996年)
テンプレートを表示

バイバイ。』は、日本の女性歌手、相川七瀬の2ndシングル。

概要[編集]

  • デビュー作に続きこの曲も織田が所属するビーイングのスタジオで制作された。プロデューサーの織田哲郎はこの曲をデビュー曲の候補として考えていたが、結局2枚目のシングルとしてリリースされたことを後のインタビューで明らかにしている。
  • セールス的にはファーストアルバム『Red』に収録されたシングルの中では最低であり、芳しいものではなかったが、2004年にスウェーデンの人気女性シンガーグループ・プレイがそのアルバム『ドント・ストップ・ザ・ミュージック』のなかでガールズ・キャントゥー(Girls Can Too)という題でカバー、更に同年にはイギリスのポップシンガー・ジェニファー・エリソンが『バイ・バイ・ボーイ』という題でカバー。後者はイギリス国内だけで17万枚近くを売り上げる大ヒットとなり、UKチャートで13位にまで上がった。また、原曲の相川バージョンの方も、タイのクラブを中心にヒットしている[1]

収録曲[編集]

  1. バイバイ。
    テレビ朝日系ドラマ『ハンサムマン』挿入歌。
  2. 情熱に死す
    • 作詞:相川七瀬 / 作曲:森徹也 / 編曲:織田哲郎、秋葉伸実、森徹也
    2014年現在、ベストアルバムを含むいずれのアルバムにも収録されていない。
  3. バイバイ。 (オリジナルカラオケ)

収録アルバム[編集]

バイバイ。

脚注[編集]

  1. ^ 織田哲郎の公式diary 2004年08月05日付より

関連項目[編集]