(株)世界衝撃映像社

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
(株)世界衝撃映像社
THE WORLD IMPACT IMAGE COMPANY LTD.
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜日19:00 - 19:57(57分)
放送期間 2010年10月16日 - 2011年3月5日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 片岡飛鳥
演出 小仲正重
監修 玉井貴代志〆谷浩斗
プロデューサー 神原孝(CP)ほか
出演者 マツコ・デラックス
高田純次
加藤綾子(フジテレビアナウンサー
ジョン・オーウェンズ
ほか
音声 ステレオ放送(レギュラー放送以降)
字幕 文字多重放送
外部リンク 公式サイト
パイロット版
放送時間 21:00 - 23:10(130分)
放送期間 2010年7月3日
テンプレートを表示

(株)世界衝撃映像社』(かぶしきがいしゃ せかいしょうげきえいぞうしゃ、THE WORLD IMPACT IMAGE COMPANY LTD.)は、フジテレビ系列日本バラエティ番組

概要[編集]

架空の映像製作会社である「(株)世界衝撃映像社」の社長・カルロス・ゴードンから指令を受けたディレクター陣(若手・中堅芸人)が、世界各地の現場に赴き自ら取材した映像を基に作成される超密着ドキュメントバラエティ番組である。社長のゴードンは日本語が話せないため専属通訳士を介してディレクター陣に指令を出す。放送される「衝撃映像」は全てこの番組で制作したものであり、他から入手した衝撃映像を積極的に流すことはない。

衝撃映像を観覧した後、映像を見に来たバイヤー(ゲスト)を交えたトークを行う流れになっている。

司会進行はプロデューサー役の高田純次とAP(アシスタント・プロデューサー)役の加藤綾子が行う。副社長役のマツコ・デラックスはコメンテーターとして出演。

2010年7月3日に『土曜プレミアム』枠で単発放送され、同年10月16日から『人志松本の○○な話』の枠移動による後番組としてレギュラー放送化された[1]

2011年2月12日は「めちゃ²衝撃映像社」として20時台の『めちゃ²イケてるッ!』とコラボした2時間スペシャルを放送した。

視聴率は10%前後であったが、放送開始からわずか半年で打ち切りが決定した。

2011年3月12日を以て番組自体が終了する予定となっていたものの、当日は東日本大震災関連の報道特別番組を放送したため休止となり、振替放送も実施されなかったことから前週の3月5日を以てレギュラー放送終了(事実上最終回未放映のまま打ち切り[2]となったが、その幻の最終回が8月20日土曜α関東ローカル、12:00-12:55)枠にて放送された他[1]新潟総合テレビでも島田紳助の影響で土曜16:30 - 17:25に放送している『開運!なんでも鑑定団』(テレビ東京)の放送が当面休止となるため、2011年8月27日の16:30 - 17:25に『なんでも鑑定団』の代替番組として放送された。

2011年8月27日には『土曜プレミアム』枠にてレギュラー放送終了後のスペシャルとして放送され、視聴率は14.0%(関東地区・ビデオリサーチ調べ)だった。

2012年3月17日には特番第2弾として放送された。

主な企画[編集]

警察密着24時
狩野英孝が世界各地の警察に密着取材し現地の治安情勢を取材する企画。これまでに「マニラ市警」「プノンペン市警」に所属し臨時警察官としてスラム街の警備、盗難車両の追跡、ケンカの仲裁、消火活動などを体験取材。狩野自ら逃走者を逮捕したこともある。
ホッピングマン
ペナルティが世界各地の危険地帯でホッピングを行う企画。ホッピングを行うのはワッキー。これまでにノルウェーの宙に浮く岩、アメリカの孤立した岩(マッシュルームタワー)、バヌアツの火山口でホッピングを成功させている。
ホームステイin部族
平成ノブシコブシが世界の秘境で生活する部族の家にホームステイし現地生活を体験する企画。これまでにインドネシアのコロワイ族、エチオピアのスルマ族、マリ共和国のドゴン族に滞在し現地の風習や祭りに参加。現地生活への順応が早く部族とのコミュニケーションに積極的な徳井に対し吉村は遅い。

出演者[編集]

司会・進行[編集]

ディレクター(芸人)[編集]

パイロット版


レギュラー版


スペシャル版
  • 福田彩乃
  • フットボールアワー
  • 平成ノブシコブシ


バイヤー[編集]

パイロット版
レギュラー版


スペシャル版


ネット局と放送時間[編集]

『(株)世界衝撃映像社』放送時間とネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・時間 備考
関東広域圏 フジテレビ(CX)
『(株)世界衝撃映像社』製作局
フジテレビ系列 土曜
19:00 - 19:57
同時ネット
北海道 北海道文化放送(UHB)
岩手県 岩手めんこいテレビ(MIT)
宮城県 仙台放送(OX)
秋田県 秋田テレビ(AKT)
山形県 さくらんぼテレビ(SAY)
福島県 福島テレビ(FTV)
新潟県 新潟総合テレビ(NST)
長野県 長野放送(NBS)
静岡県 テレビ静岡(SUT)
富山県 富山テレビ(BBT)
石川県 石川テレビ(ITC)
福井県 福井テレビ(FTB)
中京広域圏 東海テレビ(THK)
近畿広域圏 関西テレビ(KTV)
島根県鳥取県 山陰中央テレビ(TSK)
岡山県・香川県 岡山放送(OHK)
広島県 テレビ新広島(TSS)
愛媛県 テレビ愛媛(EBC)
高知県 高知さんさんテレビ(KSS)
福岡県 テレビ西日本(TNC)
佐賀県 サガテレビ(STS)
長崎県 テレビ長崎(KTN)
熊本県 テレビ熊本(TKU)
宮崎県 テレビ宮崎(UMK) フジテレビ系列
日本テレビ系列
テレビ朝日系列
鹿児島県 鹿児島テレビ(KTS) フジテレビ系列
沖縄県 沖縄テレビ(OTV)
大分県 テレビ大分(TOS) フジテレビ系列
日本テレビ系列
金曜
25:38 - 26:38
不明

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

パイロット版[編集]

  • 制作総指揮:港浩一
  • 企画統括:片岡飛鳥清水宏泰
  • 構成:小野高義、石原健次、渡辺真也、酒井健作、山内正之、大平尚志
  • リサーチ:ジーワン
  • コーディネーター:Antelope-Ball、イデアネットワーク、牧野孝子、Nishikawa Tours
  • 美術制作:大坊雄二
  • デザイン: 木陽次
  • 美術進行:楫野淳司
  • 大道具:松本達也
  • 電飾:森智
  • 装飾:羽染香樹
  • アクリル装飾:土屋祥太
  • 特殊装置:栢本大輔
  • アートフレーム:石井智之
  • メイク:石井織恵
  • 衣装:山田斉
  • CG:松本幸也(orb)
  • TP:高瀬義美
  • SW:河西純
  • カメラ:長瀬正人
  • 映像:宮本学
  • 音声:奈良岡純一
  • 照明:川田敦史、安藤雄郎
  • 編集:岩崎秀徳、太田正人
  • MA:鈴木久美子
  • 音響効果:田中寿一
  • TK:水越理恵
  • デスク:遠藤千恵美
  • 広報:正岡高子
  • 編成:佐々木渉
  • 協力P:亀高美智子
  • ディレクター:千葉隆弥、樽見近工、神尾昌宏、井上陽史、浅野克己、大平進士
  • 監修:〆谷浩斗、疋田雅一
  • 演出:金子傑、小仲正重
  • プロデューサー:浜野貴敏
  • チーフプロデューサー:神原孝石井浩二
  • 映像協力:フォーミュレーションさいたま水族館
  • 技術協力:ニユーテレスFLT、マルチバックス、岩崎通信機、msi、ツインバード工業
  • 制作協力:D:COMPLEXダイナマイトレボリューションカンパニー、HIHO-TV
  • 制作:フジテレビバラエティ制作センター
  • 制作著作:フジテレビ

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]

フジテレビ系列 土曜19時台
前番組 番組名 次番組
人志松本の○○な話
【金曜23時台前半枠に移動・縮小して継続】
(株)世界衝撃映像社