マツコの部屋

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
マツコの部屋
ジャンル バラエティ番組
放送時間 木曜日 25:45 - 26:00(15分)
放送期間 2009年10月15日 - 2011年3月24日
放送国 日本の旗 日本
制作局 フジテレビ
企画 清水宏泰
演出 遠藤達也、池田哲也
プロデューサー 亀高美智子金佐智絵
出演者 マツコ・デラックス
テンプレートを表示

マツコの部屋(マツコのへや)は、フジテレビ2009年10月15日から2011年3月24日まで毎週木曜日 25:45 - 26:00に放送していた番組。ハイビジョン制作

概要[編集]

特徴[編集]

池田哲也ディレクターがマツコ・デラックスを満足させるためにさまざまなVTRを撮ってきて、そのVTRをマツコ自身が『アリ』か『ナシ』かをジャッジする。

2011年3月24日で番組終了した(この日に終了したのはフジテレビ・北海道文化放送のみ)。

低予算[編集]

前番組『FNS地球特捜隊ダイバスター』に続き低予算であることを隠さない構成で、マツコ・デラックスのトーク中など画面の左上に「低予算プログラム マツコの部屋」と表示される。また、マツコ・デラックスのギャラは1回 5000円と番組中に公言している。

挿入歌[編集]

番組内でバックグラウンドミュージックとしても使用されている挿入歌は、かつてのTVドラマ「傷だらけの天使」で岸田今日子演ずる綾部の事務所で流れていた、ポーラ・ネグリが歌う映画『Mazurka』(マヅルカ 1935年、独映画)の主題歌「Ich spür in mir」である。2009年現在、日本ではCD化されていない。なお、ドイツで発売されたCD『Erfolge, Sammlerstücke & Raritäten: Historische Aufnahmen aus den Jahren 1935-1940 - Peter Kreuder』[1]に収録されている。

その他[編集]

  • 第1回の放送でマツコは番組構成のあまりの体たらくぶりに「これダイバスター終わらせてやる番組?」と発言している。
  • 番組名の由来は「徹子の部屋」からだと思われるが、番組ロゴもフォントを忠実に再現している[2]
  • 収録は制作会社ザ・ワークスの会議室内で全面ブルーバック収録され、放送では赤いカーテンがCG合成されている。第3回目からはマツコがディレクターに説教や激怒しているときは赤いカーテンがなびくようになる。また、収録中にサイレンなどの騒音が聞こえても番組を中断することはない(むしろテロップで「この番組はサイレンの音でも収録を止めません」というテロップが表記されるほど)。
  • スタッフロールが流れる際、構成を担当していた酒井健作は極端に文字が小さくなったり流れている途中で消えるなど回によってはなんらかの細工がされている。(12月18日放送回ではあまりの体たらくにマツコからクビを宣告され、その日のスタッフロールでは「酒井健作(最終回)」と表記されるに至るが2010年4月8日放送分をもって実際にクビとなった。2010年1月15日放送分での発言が発端で酒井健作の部分が「へなちょこ」という表記になっていた。)
  • 2010年5月6日放送分からスタッフロールの構成部分が「堀由史(ナメリカ)」という表記になった。これはマツコが酒井健作がクビになったことを知って提案したことがきっかけ。ちなみに「ナメリカ」とは堀が過去に組んでいたお笑いコンビの名前である。
  • スポンサーが江崎グリコのため(フジテレビのみ)、度々プッチンプリンのVTRを出した。そして放送でのそのカットを引用してCMとして流している。
  • 放送禁止用語や放送にふさわしくない言葉を隠すとき「テニスのやつ」や「Sorry」などの言葉を入れた白い模様で口を隠して、テニスのスマッシュの音(選手の声が入っているもの)が流れる。時々この演出が多用され、テニスの試合のようになっていることもある。マツコ自身はこの演出を使われることを嫌がっているが、本人による失言の場合は逆に多用することを要求する。

スタッフ[編集]

過去スタッフ[編集]

  • 構成:へなちょこ(マツコの独断で途中降板させられた)

放送局[編集]

放送地域 放送局 放送期間 放送日時 備考
関東広域圏 フジテレビ 2009年10月15日 - 2011年3月24日 木曜 25:45 - 26:00 制作局
北海道 北海道文化放送 2010年7月5日 - 2011年3月24日 月曜 25:50 - 26:05 約2ヶ月遅れ
第20回放送分から
2011年3月21日~23日は2011年1月 - 3月3日放送分を集中放送。
3月24日はフジテレビで3月17日に放送した回を放送した後、最終回を同時ネット。
福岡県 テレビ西日本 2009年10月23日 - 2010年3月19日
2010年4月7日 - 2010年10月20日
2010年11月9日 - 2011年3月22日
金曜 26:50 - 27:05
水曜 26:20 - 26:35
火曜 25:55 - 26:10
5日遅れ
3月22日に、フジテレビで3月10・17日に放送した分を2話一挙に放送したが、最終回のみは放送せず、そのまま番組を終了した。
広島県 テレビ新広島 2010年4月5日 - 2011年3月21日 月曜 25:30 - 25:45 約半年遅れ
静岡県 テレビ静岡 2010年4月7日 - 2010年5月5日 水曜 24:45 - 25:00
宮城県 仙台放送 2010年4月22日 - 2011年3月17日[3] 木曜 25:40 - 25:55 約半年遅れ
沖縄県 沖縄テレビ 2009年11月14日 - 2011年3月19日 土曜 26:05 - 26:20 2週遅れ
熊本県 テレビ熊本 2010年5月1日 - 2011年3月19日[3] 土曜 26:35 - 26:50 3ヶ月遅れ
新潟県 新潟総合テレビ 2010年4月13日 - 2011年3月18日 金曜 25:40 - 25:55 遅れ不明
福井県 福井テレビ 2010年10月4日 - 2011年3月21日[3] 月曜 24:40 - 24:55 約半年遅れ
4月15日放送分より
近畿広域圏 関西テレビ 2010年10月27日 - 2011年3月23日 水曜 25:35 - 25:50 6日遅れ
石川県 石川テレビ 2010年11月15日 - 2011年3月21日[3] 月曜 25:45 - 26:05
秋田県 秋田テレビ 2010年12月7日 - 2011年3月22日[3] 火曜 24:35 - 24:50
中京広域圏 東海テレビ 2011年1月13日 - 2011年3月23日 水曜 25:00 - 25:15 4ヶ月遅れ
第45回放送分から

DVD[編集]

  • マツコの部屋 アンタがいるから素直に笑えないのよ 編 (2011年2月16日発売、ポニーキャニオン
  • マツコの部屋 アタシ、誰のために生きてるの? 編 (2011年3月16日発売、ポニーキャニオン)

脚注[編集]

  1. ^ Diverse Interpreten: Erfolge, Sammlerstücke & Raritäten - Peter Kreuder” (ドイツ語). Monopol-Verlag GmbH. 2010年9月8日閲覧。
  2. ^ なお、マツコが『徹子の部屋』に出演した際、本番組と同名の企画を実施したことがある(ゲスト役は司会の黒柳徹子)。
  3. ^ a b c d e 番組表における終マークの記載なし。ここでは最後に放送された日時を放送終了日として記載。

外部リンク[編集]

フジテレビ 木曜25:45枠
前番組 番組名 次番組
マツコの部屋
(2009.10.15 - 2011.3.24)
フジテレビからの〜!
※25:45 - 27:15
(2011.4.21 - 2012.9.27)