マツコとマツコ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
マツコとマツコ
ジャンル バラエティ番組
放送時間 土曜日 23:00 - 23:30(30分)
放送期間 2015年4月4日 - 9月26日
(2015年8月22日は休止)(25回)
放送国 日本の旗 日本
制作局 日本テレビ
企画 橋本和明
演出 橋本和明
プロデューサー 吉無田剛
田中宏史(チーフプロデューサー)
出演者 マツコ・デラックス
マツコロイド(声 - ホリ
石黒浩
ナレーター 服部伴蔵門
字幕 文字多重放送
オープニング Coming Back as a Man」(Caro Emerald
外部リンク 公式サイト
パイロット版
放送時間 月曜日 23:00 - 23:55(55分)
放送期間 2014年12月29日(1回)
プロデューサー 田中宏史(チーフプロデューサー)、吉無田剛、水口智就、河野安治、石原由季子
レギュラー放送終了後のスペシャル版
放送時間 月曜日 21:00 - 22:54(114分)
放送期間 2015年9月28日(1回)
テンプレートを表示

マツコとマツコ』は、2015年4月4日から同年9月26日まで日本テレビ系列で毎週土曜日 23:00 - 23:30(JST)に放送されたバラエティ番組。全25回。

マツコ・デラックス冠番組である。

概要[編集]

「世界初のアンドロイドバラエティー」と銘打ち、「人間そっくりのアンドロイドはどこまで人間に近づけるのか?」「自分そっくりのアンドロイドの進化にマツコは何を感じ、何を発見するのか?」をコンセプトに、マツコそっくりのアンドロイド「マツコロイド」を使ったチャレンジを本人とともに検証する。

2014年12月29日 23:00 - 23:55に放送されたパイロット版特別番組が好評だったことから、レギュラー化が決定した[1]

なお、同局の2015年10月改編では、連続ドラマ・ミニ枠を除く19時から翌日1時までの全番組のうち、全曜日を通じて同月18日終了済みの『笑神様は突然に…』が唯一の改編番組である[2]とされていたが、『キャラオケ18番』と共に、各種番組表にて急遽最終回マークが付され、レギュラー放送の終了となった。翌々日28日21:00 - 22:54には2時間スペシャルが放送される。このスペシャルのタイトルに「最終回」という文言が入ったため、番組表でレギュラー放送最後の回に付されていた最終回マークは消滅した。

出演[編集]

マツコロイド[編集]

マツコロイドの製作に関しては、ロボット工学の第一人者である石黒浩が監修。2015年に、『アジア太平洋国際広告祭(アドフェスト)』のメディア部門でシルバー賞、5月には『ニューヨークフェスティバル』のブランデッドコンテンツ部門でブロンズ賞、6月には『カンヌライオンズ 国際クリエイティビティ・フェスティバル(旧称カンヌ広告祭)』のプロモ&アクティベーション部門で、ブロンズ賞を獲得している[5]

「マツコロイド」は、2015年度グッドデザイン賞を受賞し[6]、2016年1月2日にNHK総合で放送のテレビドラマ『富士ファミリー』にも出演しドラマデビューを果たした[7]。また、デジタル・コンテンツ・オブ・ジ・イヤー’15/第21回AMDアワードでは「先端科学技術賞」を受賞[8]

ネット局[編集]

『マツコとマツコ』ネット局
放送対象地域 放送局 系列 放送曜日・放送時間
関東広域圏 日本テレビ (NTV)
『マツコとマツコ』制作局
日本テレビ系列 土曜
23:00 - 23:30
北海道 札幌テレビ (STV)
青森県 青森放送 (RAB)
岩手県 テレビ岩手 (TVI)
宮城県 ミヤギテレビ (MMT)
秋田県 秋田放送 (ABS)
山形県 山形放送 (YBC)
福島県 福島中央テレビ (FCT)
山梨県 山梨放送 (YBS)
新潟県 テレビ新潟 (TeNY)
長野県 テレビ信州 (TSB)
静岡県 静岡第一テレビ (SDT)
富山県 北日本放送 (KNB)
石川県 テレビ金沢 (KTK)
福井県 福井放送 (FBC) 日本テレビ系列
テレビ朝日系列
中京広域圏 中京テレビ (CTV) 日本テレビ系列
近畿広域圏 読売テレビ (ytv)[9]
鳥取県島根県 日本海テレビ (NKT)
広島県 広島テレビ (HTV)
山口県 山口放送 (KRY)
徳島県 四国放送 (JRT)
香川県・岡山県 西日本放送 (RNC)[10]
愛媛県 南海放送 (RNB)
高知県 高知放送 (RKC)
福岡県 福岡放送 (FBS)
長崎県 長崎国際テレビ (NIB)
熊本県 くまもと県民テレビ (KKT)
大分県 テレビ大分 (TOS) 日本テレビ系列
フジテレビ系列
鹿児島県 鹿児島読売テレビ (KYT) 日本テレビ系列

※2015年8月22日は大型特別番組24時間テレビ 「愛は地球を救う」』のため休止。

スタッフ[編集]

レギュラー版[編集]

  • 企画・演出:橋本和明
  • ナレーション:服部伴蔵門
  • 構成:桜井慎一そーたに、木南広明、橋本大介
  • TM:江村多加司
  • SW:松嶋賢一
  • CAM:小林宏義
  • MIX:依田真和
  • AUD:白石(水)英国、村瀬脩一、木本文子
  • VE:古手川大
  • 照明:加藤恵介
  • 中継技術:久城雅文
  • ロケ技術:磯野伸吾、砂押秀寿、小野寺康敏、金光利也、壇允、小出秀久、安田朗
  • 美術プロデューサー:稲本浩
  • デザイン:栗原純二
  • 装置:溝口博志
  • 電飾:山崎晃浩
  • 装飾:伊沢英樹
  • 生け花:藤崎華代
  • 編集:木村有宏
  • MA:阿世知貴彦、市川徹
  • 音効:中村由紀
  • 技術協力:NiTROエスユー、エーラボ、極東電視台、PRESS MANS、株式会社エーアイ、キャミックス、VSQ、池田屋
  • 美術協力:日本テレビアート
  • リサーチ:今井紳介
  • CG:藤井彩人
  • OPCG:森三平
  • 協力:マツコロイド製作委員会
  • 編成:佐藤俊之
  • 宣伝:境祐介
  • 営業:朝倉玲子
  • TK:山沢啓子
  • デスク:阿部絵里子
  • AD:古庄裕、田中安美、丹治幹、北村汐里、日野有也佳、国吉真廉、稲永隆弘、坂井龍太
  • AP:宮太一、河野安治、嶺村友江、伊藤真和、森川高行、二瓶朱美、後藤めぐみ
  • ディレクター:栗原憲也、酒井甚哉、千葉博史、浅沼雄介、吉田陵、花岡圭一郎、諏訪一三、奥川祐輝、清水奈津子、橋本伸行、大村健介、田渕公博、中島孝志、鈴木大二郎、佐々木英敏、流石英昭、山本圭亮
  • 演出:首藤光典
  • プロデューサー:吉無田剛、今泉昌子、石原由季子、鈴木希巳江
  • チーフプロデューサー:田中宏史
  • 制作協力:ナチュラルエイト、極東電視台ZION
  • 製作著作:日本テレビ

パイロット版[編集]

  • 企画・演出:橋本和明
  • ナレーション:服部伴蔵門
  • 構成:桜井慎一、そーたに、木南広明
  • TM:江村多加司
  • SW:松嶋賢一
  • CAM:小林宏義
  • MIX:三石敏生
  • AUD:山田値
  • VE:石山実
  • 照明:名取孝昌
  • 中継技術:久城雅文
  • ロケ技術:李承宰
  • 美術プロデューサー:大川明子
  • デザイン:栗原純二
  • 大道具:橋本洸平
  • 小道具:伊沢英樹
  • 電飾:二階堂哲也
  • 編集:木村有宏
  • MA:阿世知貴彦
  • 音効:中村有紀
  • 技術協力:NìTRO、エスユー、ヴィ・ビジョンスタジオ、PRESS MANS、エーラボ
  • 美術協力:日本テレビアート
  • イラスト:石橋加奈子
  • リサーチ:今井紳介
  • CG:藤井彩人
  • OPCG:森三平
  • 協力:マツコロイド製作委員会
  • 編成:荻野健
  • 宣伝:高木明子
  • TK:山沢啓子
  • デスク:阿部絵里子
  • AD:稲垣和将、中尾有美子、円成寺健一
  • AP:森川高行
  • ディレクター:栗原憲也、千葉博史、奥川祐輝、浅沼雄介、津宏典
  • 演出:首藤光典
  • プロデューサー:吉無田剛、水口智就、河野安治、石原由季子
  • チーフプロデューサー:田中宏史
  • 制作協力:極東電視台、ZION
  • 製作著作:日本テレビ

過去のスタッフ[編集]

  • 編成:荻野健
  • 営業:夏目充博
  • プロデューサー:成瀬広靖

テーマ曲[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 「マツコロイド」が話題!新番組「マツコとマツコ」が4月レギュラー化 スポーツ報知 2015年2月14日閲覧。
  2. ^ 「笑神様…」9月18日で終了”. デイリースポーツ (2015年8月28日). 2015年9月19日閲覧。
  3. ^ クレジットでは「・」なしで「マツコデラックス」名義。
  4. ^ ロケ等で使用する場合はマツコの声をサンプリングした合成ソフトを使って喋っている。また、芸能人などが実際にパソコンを使って操作する場面も時折見られた。
  5. ^ マツコロイド、3つの海外賞を受賞 出演番組も高視聴率を獲得”. ORICON (2015年6月30日). 2015年6月30日閲覧。
  6. ^ グッドデザイン賞 アンドロイド 「マツコロイド」日本デザイン振興会
  7. ^ マツコロイド、NHKドラマで役者デビュー せりふはあらかじめプログラミング”. ORICON STYLE (2015年12月10日). 2015年12月10日閲覧。
  8. ^ マツコロイド:「先端科学技術賞」受賞で「でかい私にビッグな賞」 高市総務相「マツコさんの大ファン」”. MANTANWEB (2016年3月14日). 2016年3月15日閲覧。
  9. ^ 不定期で再放送あり
  10. ^ 不定期で再放送あり

外部リンク[編集]

日本テレビ系列 土曜日23時台前半枠
前番組 番組名 次番組
マツコとマツコ