石黒浩

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
石黒 浩.

石黒 浩 (いしぐろ ひろし、1963年10月23日[1] - ) は、滋賀県高島市出身[2]ロボット研究者[3]で、知能情報学を専門とする工学博士[4]である。大阪大学教授[3]国際電気通信基礎技術研究所石黒浩特別研究所所長[3]をそれぞれ務める。二足歩行ロボットや外見や動作が人間に酷似するアンドロイドなどを研究する。石黒が参加する産学協同の「チーム大阪 (Team OSAKA)」は、ロボカップ世界大会のサッカー競技ヒューマノイドクラスで2004年から2007年まで優勝する。

略歴[編集]

  • 1986年 山梨大学工学部計算機科学科卒業[5]
  • 1991年 大阪大学大学院基礎工学研究科物理系専攻博士課程修了[5]
  • 1991年 山梨大学工学部情報工学科助手 (1992年まで)[5]
  • 1992年 大阪大学基礎工学部システム工学科助手 (1994年まで)[5]
  • 1994年 京都大学大学院工学研究科情報工学専攻助教授 (1998年まで)[5]
  • 1998年 カリフォルニア大学サンディエゴ校客員研究員 (1999年まで)[5]
  • 1998年 京都大学大学院情報学研究科社会情報学専攻助教授 (2000年まで)[5]
  • 1999年 国際電気通信基礎技術研究所 (ATR) 知能映像研究所・客員研究員 (2002年まで)[5]
  • 2000年 和歌山大学システム工学部情報通信システム学科助教授 (2001年まで)[5]
  • 2001年 和歌山大学システム工学部情報通信システム学科教授 (2002年まで)[5]
  • 2002年 ATR知能ロボティクス研究所第2研究室客員室長 (2011年まで)[5]
  • 2002年 大阪大学大学院工学研究科知能・機能創成工学専攻教授 (2009年まで)[5]
  • 2009年 大阪大学大学院基礎工学研究科システム創成専攻教授[† 1][5]
  • 2010年 ATRフェロー[† 1][6]
  • 2013年 大阪大学特別教授 (2016年まで)[5]
  • 2017年 大阪大学栄誉教授[† 1][5]
  • 2019年 先導的学際研究機構共生知能システム研究センター センター長[† 1][5]
  1. ^ a b c d 2021年現在在職中

学外における役職[編集]

  • 国際電気通信基礎技術研究所 社会メディア総合研究所 石黒浩特別研究所 所長
  • ヴィストン特別顧問
  • 次世代ロボット開発ネットワークRooBOアドバイザー
  • 2015年第2回星新一賞最終選考委員。

受賞歴[編集]

  • 2005年 遠隔操作型アンドロイド「ジェミノイド」が世界記録、成人女性型アンドロイド「リプリーQ2」が実物そっくりなアンドロイド、としてそれぞれギネス世界記録に記載[7]される。
  • 2007年7月 CNNが「世界を変える8人の天才」に選出する[8]
  • 2007年10月 英国のコンサルタント会社が「生きている天才100人」で日本人最高の26位に選出[9]する。
  • 2011年 大阪文化賞を受賞する。
  • 2015年 文部科学大臣表彰、シェイク・ムハンマド・ビン・ラーシド・アール・マクトゥーム知識賞をそれぞれ受賞する。

活動[編集]

Team Osaka[編集]

石黒の阪大研究室、京都大学ロボ・ガレージ、システクアカザワ社、ヴイストン社、国際電気通信基礎技術研究所らが参画する「Team OSAKA」のロボットVisiON (ヴィジオン) は、2004年にリスボンで開かれた「ロボカップ2004世界大会」で、自律型ロボットによるサッカー競技のヒューマノイド・リーグでクラス優勝した。VisiONは自律歩行型で、思考して行動し人間の指示を要さず、二足歩行で転倒しても自立する。

その他[編集]

  • 映画『サロゲート』の冒頭に登場シーンがあり、この映画は「決して荒唐無稽なSFではない」と述べている[10]
  • 2012年に3代目桂米朝米寿を記念し、高齢の米朝に代わり子息の5代目桂米團治が動作モデル[11][12][13]を務めて「米朝アンドロイド」を製作したが、米朝は「気色悪い」と感想を語った。
    • 米朝の死後、追悼番組で桂鞠輔が「動いている米朝師匠を見たことがない」と発言し、桂南光が「そいつアンドロイドちゃうか?!」とネタにした[14]
  • 「次にロボットが爆発的に流行るとしたら様々な要因から中国[15]として、2015年に中国のロボット研究施設と女性ロボット「ヤンヤン」を共同開発した[16]
  • 平田オリザ主宰の劇団青年団とともにアンドロイド演劇を創作している。

著書[編集]

  • 『アンドロイドサイエンス』 (毎日コミュニケーションズ、2007年9月)
  • 『ロボットとは何か』 (講談社現代新書、2009年11月)
  • 『ロボットは涙を流すか』 (池谷瑠絵共著 PHP研究所、2010年2月)
  • 『どうすれば「人」を創れるか』 (新潮社、2011年4月)
  • 『人と芸術とアンドロイド――私はなぜロボットを作るのか』 (日本評論社、2012年9月)
  • 『アンドロイドは人間になれるか』 (文春新書、2015年12月)
  • 『人はアンドロイドになるために』 (飯田一史共著 筑摩書房、2017年3月)
  • 『枠を壊して自分を生きる。』 (三笠書房、2017年4月)
  • 『人間とロボットの法則』 (日刊工業新聞社、2017年7月)
  • 『僕がロボットをつくる理由』 (世界思想社、2018年3月)
  • 『人とは何か』 (NHK出版、2019年4月)
  • 『最後の講義 完全版』 (主婦の友社、2020年3月)

脚注[編集]

  1. ^ ロボット開発偉人伝#4 石黒浩さん〜ジェミノイド,リプリーQ2等〜”. ROBOT MEDIA. アンドロボグループ (2019年9月27日). 2021年1月11日閲覧。
  2. ^ 大阪大学教授・ロボット工学者 石黒 浩さん”. 滋賀県ホームページ (2016年). 2021年1月11日閲覧。
  3. ^ a b c 石黒浩『僕がロボットをつくる理由』世界思想社、2018年3月、奥付。ISBN 978-4-7907-1708-9
  4. ^ 石黒浩『僕がロボットをつくる理由』世界思想社、2018年3月、奥付。ISBN 978-4-7907-1708-9
  5. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 研究者詳細 - 石黒 浩”. 大阪大学. 2021年1月11日閲覧。
  6. ^ ATRフェロー - 株式会社 国際電気通信基礎技術研究所
  7. ^ 読売人物データベースより[要文献特定詳細情報]
  8. ^ Geniuses who will change your life - CNN.com
  9. ^ [1][リンク切れ]
  10. ^ 映画「サロゲート」描くロボット社会の未来 石黒浩教授に聞く - ウェイバックマシン(2010年3月9日アーカイブ分)
  11. ^ “さらに人間らしく 米朝アンドロイド「初高座」 “落語電脳対決”に歓声”. 産経WEST. (2013年5月19日). オリジナルの2016年3月13日時点におけるアーカイブ。. http://web.archive.org/web/20160313055100/http://www.sankei.com/west/news/130519/wst1305190012-n1.html 2018年12月13日閲覧。 
  12. ^ 「米朝アンドロイド」完成  大阪 発表会を開催”. 共同通信社 (2012年7月23日). 2018年12月13日閲覧。
  13. ^ 米朝アンドロイド・姫路落語会特別公演”. 産経新聞社 (2014年5月11日). 2018年12月13日閲覧。
  14. ^ 関西テレビ 一門勢揃い!スゴすぎまっせ米朝師匠!感謝申し上げます 2015年4月12日放送。
  15. ^ ロボットと人間の境界線はどこにあるのか? 石黒浩教授が「超」授業を公開!”. WirelessWire News (2015年6月8日). 2018年12月13日閲覧。
  16. ^ 中国IT会議に人間そっくりのロボット、表情豊かに握手も”. ロイター (2015年4月30日). 2017年12月1日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]