池沢麻奈美

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

池沢 麻奈美(いけざわ まなみ 、1990年9月22日 - )は、競技麻雀プロ雀士愛知県出身。血液型O型。日本プロ麻雀連盟中部本部所属、第29期生。同団体での段位は初段(2015年3月現在)。

略歴[編集]

  • 2012年 アマチュアとして出場した「第六期夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦」にて優勝。(副賞の女流モンド杯出場権利はアマのため得られず)
  • 2013年 日本プロ麻雀連盟へ合格。プロ雀士となる。
  • 同年 「第七期「夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦」にて、二年連続決勝進出を果たすも、準優勝に終わる。
  • 2014年 第八期女流桜花Cリーグ1位となり、Bリーグへの昇級を果たす。
  • 2015年 「第13回野口恭一郎賞女性棋士部門」受賞。第13回女流モンド杯への出場権を獲得。
  • 2017年 第15回女流モンド杯(MONDO TV)で初優勝。
  • 2019年 第17回女流モンド杯にて結婚を発表。

人物[編集]

  • 愛称は「いけちゃん」「いけっち」「女王」[1]
  • 守備重視の雀風から、麻雀最強戦でのキャッチフレーズは「麻雀イージスシステム搭載」
  • 趣味はゲーム[2]
  • ライバルは「己自身」[2]
  • 夕刊フジ杯生放送ではコミカルな一面も見せる。

関連項目[編集]

出典[編集]

  1. ^ 夕刊フジ杯争奪麻雀女王決定戦』のニコニコ生放送配信内での、本人自己紹介
  2. ^ a b 近代麻雀 2015年 4/15号 特別付録『麻雀プロ全選手名鑑2015』

外部リンク[編集]