プーペガール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
株式会社プーペガール
poupeegirl,Inc.
種類 株式会社
本社所在地 150-0043
東京都渋谷区道玄坂2-11-1
サイバーエージェントビル7F
設立 2008年3月3日
業種 サービス業
事業内容 インターネットメディア事業
代表者 岡田寿代(代表取締役社長
資本金 6,500万円
主要株主 サイバーエージェント 100%
テンプレートを表示

プーペガール(Poupée Girl)は、かつてサイバーエージェントグループが提供していた女性用インターネットコミュニティサービス、またはそれを運営していた事業者。

概要[編集]

2007年2月にサービスを開始した、ファッションブランドに特化したコミュニティサービスである。プーペ(Poupée)はフランス語で人形の意味である。

当初はサイバーエージェント直営であったが、2008年3月3日に株式会社プーペガールを設立し、プーペガール事業を全て事業譲渡した。同日からは、携帯電話向けに「プチプーペ」のサービスも開始している[1]

サービス開始後の1年半で、登録ユーザー数は約17万人[2]で、そのうち98 %が女性である[2]。また、ユーザーの約20 %は日本語圏外のユーザーである[2]

プーペガールの月間PVは、サービス開始1年後の2008年2月時点で約1億5,000万PVに達していた[3]

利用規約上では特に男性の利用は禁止されてはいない[4]が、出会い目的等での参加についてはアカウント停止や関係機関への通報などの対処も行なうとしている[4]。なお、サイバーエージェント社長の藤田晋は、自身のブログの中で「プーペガールは男子禁制」とコメントしている[5]が、藤田晋自身もプーペガールに登録している[6][7]

2009年12月17日にはニンテンドーDS用のソフトとして「プーペガールDS」が発売された。

2012年5月1日にはコミュニティサービス事業は株式会社プーペガールからサイバーエージェントに継承された[8]

2015年2月27日、同年3月31日をもってサービスを終了することが発表された[9]

サービス内容[編集]

コンセプトは「あなたのクローゼットがプーペをつくる」。

利用者自身の所持するファッションアイテムを画像としてアップロードすることが可能で、また「プーペ」と呼ばれる人形(アバター)で、着せ替え人形遊びを行なうことが出来る。アバターの表情は目の形18種類・顔と口の形が12種類・ほくろ位置が5種類・そばかすの有無などを選択できる。

画像を投稿すると、プーペガール内の通貨「リボン」(以下「リボン」)およびプーペ用の着せ替えアイテムを得ることが出来る。着せ替えアイテムの種類は、下着・シャツ・コートなどの衣類からバッグ・日傘などのアクセサリー、さらにメイクアップ用品まで多岐にわたる。

着せ替えアイテムはプーペガール内に設置された「キャサリンショップ」などで購入可能。また、プーペガール内には「きせかえフリマ」というコーナーもあり、不要になった着せ替えアイテムを他のユーザーに販売することも可能である。

「リボン」は、アイテム画像を投稿したり、着せ替えアイテムを他のユーザーに売ることで得ることが出来る。このため、特にファッションアイテムを多数持っている場合、「リボン」は無料で入手でき、各種アイテムをプーペガール内ショップで購入することも可能である。

2009年8月に新しいゲーム内通貨である「ジュエル」(以下「ジュエル」)を導入した。「ジュエル」はコンビニやクレジットカードなどで購入することが出来る通貨で、「ジュエル」から「リボン」へ変換することが出来る。ただし、「リボン」から「ジュエル」に変換することは出来ない。ゲーム内の「キャサリンショップ」は「ジュエルエリア」と「リボンエリア」に分けられ、それぞれのエリアでの買物をできる。そのため、「ジュエル」を購入していないユーザーも楽しめるようになっている。2013年8月31日限りで「ジュエル」の発行は終了となった[10]

利用者同士のコミュニケーションを図る場として「プペカフェ」というコーナーがあり、短文に限られるが他のユーザーとの対話も可能である。

また、ファッションデータベースとして「おしゃれじてん」というコンテンツが用意されており、登録ユーザー以外でも参照可能である。

タイアップ[編集]

著名なファッションブランドとのタイアップが行なわれることがある。

例えば、2008年8月にコーセーのブランドの1つである「HAPPY BATH DAY Precious Rose」とのタイアップが行なわれた際には、プーペガール内の「キャサリンショップ」でも「ROSE LIFE SHOP」コーナーが開設され、オリジナルの着せ替えアイテムを購入することが出来た[11][12]

また、2008年12月には、COACHとタイアップして、同社モバイルサイトのメールマガジンに登録すると、オリジナルの着せ替えアイテムを得ることが出来た。また、プーペガール内でも「COACHストア」がオープンし、着せ替えアイテムとしてCOACHブランドのバッグやコートを購入することが出来た[13]

その他、2009年には木村カエラ[14]が『カエラショップ』にて、自身がデザインしたアイテムの販売を行なったり、TBS女神サーチ』とのタイアップでは、プーペガール内でアイテム販売数が多かった浴衣を実際に販売するなどのイベントも行なわれた[15]。 そして、平山あや辻希美YUUKIがジュエル通貨での販売のみの「芸能人ショップ」にてオリジナルアイテムを販売。 (平山あや・『AYA★HIRAYAMAショップ』|辻希美・『Tsuji Nozomi shop』|YUUKI・『Smaddy SHOP produced by YUUKI』) 人気コスメマジョリカマジョルカ資生堂)ともタイアップ。

2010年になると、NTTドコモとのタイアップで、壁紙とセットのケータイが16種類販売された。 また、千秋が「芸能人ショップ」にてオリジナルアイテムを販売。(『苺同盟ショップ』) そして、雑誌「Ranzuki」モデルの鈴木あや川端かなこも 「芸能人ショップ」にてオリジナルアイテムを販売。 (鈴木あや・『AYA SUZUKI SHOP』|川端かなこ・『KANAKO KAWABATA SHOP』)

これらの芸能人ショップについては、2013年8月31日限りですべて終了した[16]

その他[編集]

「プペツールハウス」というコーナーで、以下のようなサービスが提供されている。

  • ブログパーツとして、自分のプーペの画像を自身のブログに掲出する。
  • 携帯電話の待ち受け画像の作成。
  • パソコンのデスクトップ上に自分のプーペを表示。
  • ご意見ポストに新機能などについての意見を投稿できる。

脚注[編集]

  1. ^ サイバーエージェント、株式会社プーペガールを設立” (日本語). japan.internet.com (2008年2月28日). 2015年3月5日閲覧。
  2. ^ a b c 「ハマる」女性が続出。女性ユーザー率98%の「プーペガール」” (日本語). インプレス・BB Watch (2008年9月22日). 2015年3月5日閲覧。
  3. ^ 月間1億5000万PVの「プーペガール」が3月に新会社設立、モバイル版提供へ” (日本語). MarkeZine (2008年2月29日). 2015年3月5日閲覧。
  4. ^ a b 出会いを目的とした利用に対する措置について” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2010年4月6日). 2015年3月5日閲覧。
  5. ^ プーペガール” (日本語). 渋谷ではたらく社長のアメブロ (2008年7月17日). 2015年3月5日閲覧。
  6. ^ プロフィール” (日本語). プーペガール. 2015年3月5日閲覧。
  7. ^ プロフィール” (日本語). プーペガール. 2015年3月5日閲覧。
  8. ^ 【重要なお知らせ】プーペガールをご利用の皆様へ” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2012年4月3日). 2015年3月5日閲覧。
  9. ^ サービス終了のお知らせ” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2015年2月27日). 2015年3月5日閲覧。
  10. ^ 【重要】ジュエルご購入機能と今後のアイテムリリース停止について” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2013年7月5日). 2015年3月5日閲覧。
  11. ^ 期間限定ショップ「ROSE LIFE SHOP」オープン!!” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2008年8月18日). 2015年3月5日閲覧。
  12. ^ 期間限定ショップ「ROSE LIFE SHOP」が再びオープン!!” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2008年11月17日). 2015年3月5日閲覧。
  13. ^ 期間限定ショップ「COACHストア」オープン!!” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2008年12月4日). 2015年3月5日閲覧。
  14. ^ “国内最大規模のファッションコミュニティサイト「プーペガール」に人気アーティスト木村カエラのプーペが登場!” (プレスリリース), サイバーエージェント, (2009年4月21日), https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=3442 2015年3月4日閲覧。 
  15. ^ “国内最大規模のファッションコミュニティサイト「プーペガール」 TBS番組「女神サーチ」とコラボレーション企画を展開” (プレスリリース), サイバーエージェント, (2009年5月27日), https://www.cyberagent.co.jp/news/group_press/id=3436 2015年3月4日閲覧。 
  16. ^ 芸能人ショップ終了のお知らせ” (日本語). プーペガールスタッフブログ (2013年8月30日). 2015年3月5日閲覧。