サイバーエージェントレディスゴルフトーナメント

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
Golf pictogram.svgサイバーエージェントレディス
ゴルフトーナメント
Nuvola apps kolf.svg トーナメント情報
創設 2005年(クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントとして)
開催地 静岡県2016年 - )
開催コース グランフィールズカントリークラブ
基準打数 Par72(2018年)[1]
ヤーデージ 6515Yards(2018年)[1]
主催 株式会社テレビ東京
株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
ツアー 日本女子プロゴルフ協会
競技方法 ストロークプレー
賞金総額 8000万円(2018年)[1]
開催月 5月
Nuvola apps kolf.svg 最高記録
通算スコア -15 日本の旗 有村智恵2012年
Nuvola apps kolf.svg 最新優勝者
日本の旗 新垣比菜(2018年)
テンプレートを表示

サイバーエージェントレディスゴルフトーナメントテレビ東京と広告代理店の博報堂DYメディアパートナーズが主催し、サイバーエージェントが協賛する日本女子プロゴルフ協会公認による女子プロゴルフトーナメントの一つである。2018年現在、賞金総額8000万円、優勝賞金1440万円[1]

大会の歴史[編集]

大会が始まった2005年から2009年までは大塚ベバレジが協賛する形で、クリスタルガイザーレディスゴルフトーナメントとして開催されていた。また、2005年から2007年までは毎年8月第1週に開催されていたが、2008年以降は原則として5月第1週に開催されているが、2018年大会は4月最終週に開催された。

また大会の会場は2010年から2015年までは千葉県市原市の鶴舞カントリー倶楽部・東/西コースで開催されていたが、2016年以降は静岡県三島市のグランフィールズカントリークラブに舞台を移して開催されている。

放送[編集]

  • 大会の模様をテレビ東京・TXN系列6局ネットで大会2日目と最終日の模様を放送している。また2016年大会ではサイバーエージェントが運営するAbemaTVでも放送。BSデジタル放送BSジャパンでは2011年までは3日間すべて放送していたが、2012年以降は放送なしとなった。ただしCS放送のスカイAで『GOLF×GOLF(西暦)』として後日放送される。

歴代優勝者[編集]

開催年 大会名称 優勝者名 スコア 開催コース
2005年 クリスタルガイザーレディス
ゴルフトーナメント
日本の旗 藤井かすみ -12 京葉カントリー倶楽部
千葉市若葉区
2006年 日本の旗 大山志保 -11
2007年 日本の旗 茂木宏美 -10
2008年 日本の旗 古閑美保 -10
2009年 日本の旗 有村智恵 -9
2010年 サイバーエージェントレディス
ゴルフトーナメント
大韓民国の旗 申智愛 -8 鶴舞カントリー倶楽部・東コース
千葉県市原市
2011年 日本の旗 不動裕理 -10
2012年 日本の旗 有村智恵 -15
2013年 日本の旗 横峯さくら -10
2014年 日本の旗 一ノ瀬優希 -9 鶴舞カントリー倶楽部・西コース
(千葉県市原市)
2015年 大韓民国の旗 申智愛 -8
2016年 日本の旗 福嶋浩子[2] -5[3] グランフィールズカントリークラブ
静岡県三島市
2017年 大韓民国の旗 キム・ハヌル[4] -7[5]
2018年 日本の旗 新垣比菜[1] -9

出典・脚注[編集]

  1. ^ a b c d e “19歳新垣比菜「完全」でツアー初V 鈴木愛は3位”. 日刊スポーツ. (2018年4月29日). https://www.nikkansports.com/sports/golf/news/201804290000504.html 2018年4月29日閲覧。 
  2. ^ 福嶋浩子、プレーオフ制しツアー初V!史上初の姉妹優勝も達成 - スポニチアネックス、2016年5月1日閲覧
  3. ^ 大韓民国の旗 キム・ハヌルとのプレーオフを制す。
  4. ^ “キム・ハヌル今季初優勝 鈴木愛とのプレーオフ制す”. 日刊スポーツ. (2017年4月30日). http://www.nikkansports.com/sports/golf/news/1815832.html 2017年4月30日閲覧。 
  5. ^ 日本の旗 鈴木愛とのプレーオフを制す。

参考[編集]

外部リンク[編集]