クリスタルガイザー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

クリスタルガイザー (CRYSTAL GEYSER) は、大塚ホールディングスの完全子会社[1]米国クリスタルガイザーウォーターカンパニーおよび関連会社CGロクサーヌ LLCが発売するナチュラルミネラルウォーター、および炭酸水のブランドである(前者が炭酸水、後者がミネラルウォーターを生産している)。日本では大塚ホールディングス傘下の大塚食品(2009年以前は大塚ベバレジ)が輸入販売している。

クリスタルカイザーは誤り。

基本情報 [2][編集]

(100ml当たり)

商品ラインナップ[編集]

  • ミネラルウォーター(ペットボトル)公式では「クリスタルガイザー アルパインスプリングウォーター」
    • 310ml
    • 500ml
    • 700ml
    • 1000ml
    • 3780ml (1ガロンボトル)

650mlが2014年6月30日(月)より新発売された700mlの登場によりラインナップから消えて無くなっていた。 2014年6月23日発表のプレスリリースにおいても、650mlの廃止について触れていない。

  • スパークリングウォーターレモン(ペットボトル)
    • 500ml
  • スパークリングウォーターライム(ペットボトル)
    • 500ml
  • スパークリングウォーターベリー(ペットボトル)
    • 500ml
  • スパークリングウォーターオレンジ(ペットボトル)
    • 500ml

名前の由来 [3][編集]

  • CRYSTAL=水晶
  • GEYSER=間欠泉
  • ALPINE=高山の
  • SPRING=泉

自主回収[編集]

消費者から「かび臭い」「薬品のにおいがする」と言った苦情に対し、大塚ベバレジは2008年11月17日にクリスタルガイザー500mlペットボトルを約800万本を自主回収した。 原因は自社倉庫で保管していたところ、かびなどの異臭が移った模様。

脚注[編集]

外部リンク[編集]