OS-1

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search
OS-1の商品画像

OS-1(オーエスワン)は、株式会社大塚製薬工場が製造・販売する経口補水液。同社の登録商標(日本第4521919号ほか)。消費者庁長官の許可する個別評価型病者用食品である。

概要[編集]

脱水時、特に嘔吐下痢を伴うような病的な脱水時には水分だけでなく電解質も多く失われている。このような病態に対しては、点滴により経静脈的に水と電解質を補給する必要がある。しかし、小児に対して長時間の点滴を行うことは困難であり、屋外での熱中症医療機関が遠方である場合もある。このような場合に簡便に経口で水分と電解質を補給することを目的とするのが経口補水療法である。こうした考え方に基づく米国小児科学会の指針に則って開発された製品がOS-1である。こうした 食事療法の効果が医学的・栄養学的に証明されたことから、個別評価型病者用食品の許可を得た。

なお、メディカルフーズ製品として販売されているオーエスワン パウダーは経口補水イオン飲料であり、病者用食品には属さない栄養製品であるが、一般のスポーツドリンクよりも電解質の濃度が高くなっているため、医師薬剤師看護師管理栄養士の指導の下、飲用することが推奨されている。

用量・用法[編集]

市販されている商品には、500 mL、280 mLのPETボトル飲料のほか、200 gのゼリー飲料高齢者咀嚼嚥下困難者向け)、30 g(1 L用)、15 g(500 mL用)の水に溶かして使用するパウダーがある。成分の濃度はいずれの形態も同一なので、用法・用量も同一。

使用法の目安として一日あたり:

  • 乳児 — 体重1 kgあたり 30 - 50 mL(g)
  • 幼児 — 300 - 600 mL(g)
  • 学童以上(成人含む) — 500 - 1000 mL(g)

特記[編集]

この商品は脱水症状時の食事療法のための特別用途食品であり、一般人が普段飲用することを想定していない。このため大塚製薬工場は、「医師から脱水状態時の食事療法として指示された場合に限りお飲みください。医師、薬剤師、看護師、管理栄養士の指導に従ってお飲みください。食事療法の素材として適するものであって、多く飲用することによって原疾患が治癒するものではありません。」と注意喚起している[1]

小売り販売は、

  • 病院内の売店・コンビニ、自動販売機
  • 調剤薬局
  • ドラッグストア
  • 大塚製薬の通販サイト オオツカ・プラスワン

で行っている[2]。粉末(パウダー)タイプは大塚グループの通販サイトオオツカ・プラスワンでのみご購入できる[3]

大塚製薬工場と同じ大塚グループの大塚製薬からはイオン飲料として「ポカリスエット」が製造・販売されているが、こうしたスポーツドリンクなどのイオン飲料は日常生活やスポーツによる水分補給に最適化された製品であり、上述のような病的脱水時にこれを飲用した場合、電解質濃度が低いことに起因する低ナトリウム血症から水中毒を引き起こす危険があるため注意する必要がある。特に乳幼児の場合、そのリスクはさらに高くなる。

CM出演者[編集]

  • 所ジョージ - 所は2010年夏に家庭菜園の手入れをしている最中に熱中症で救急搬送された経験があることから、CMイメージキャラクターに選ばれた[4]
  • レイチェル・チャン(ナレーション)
    • (2012年)『私が脱水した日』篇、『室内でも脱水に』篇
    • (2013年)『科学的根拠』篇、『薬局・ドラッグストア』篇、『OS-1、覚えてます?』(冷蔵庫篇、ハンモック篇、歌篇、)[5]
    • (2014年)『ひと休み(凄い汗)』篇、『夕涼み』篇

脚注[編集]

[ヘルプ]

関連項目[編集]

外部リンク[編集]