大塚正士

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
Jump to navigation Jump to search

大塚 正士(おおつか まさひと、1916年10月24日 - 2000年4月17日)は日本実業家大塚グループ元総帥。

来歴・人物[編集]

徳島県鳴門市出身。父は大塚武三郎。弟に大塚芳満、大塚公、大塚正富。子女は長男の大塚明彦大塚ホールディングス元会長)と次男の大塚雄二郎(大塚化学元社長)と長女の大塚真紀と次女の大塚薫、孫は大塚一郎大塚ホールディングス会長)、大塚太郎大塚倉庫会長)と大塚雄三(元ヴォーカリスト、ともに雄二郎の子)。

中学校を出た後、父親が興した当時は個人商店形態の大塚製薬工業部に勤め、1947年に代表者となる。その後、大塚製薬工業部は大塚製薬工場として法人化し、社長、会長に就任する。

1970年アース製薬を買収。1973年にアース製薬から発売された「ごきぶりホイホイ」の名付け親である。1974年藍綬褒章1986年勲三等旭日中綬章を受賞。

1998年、地元である徳島鳴門に貢献したいという想いから、大塚グループ設立75周年記念事業として、世界唯一の陶板名画美術館「大塚国際美術館」を開館。初代館長となる。

後を継いだ息子の大塚明彦(当時、大塚製薬社長)が新薬開発をめぐる贈収賄事件で有罪となったことをきっかけに、同族経営への批判が出たことから、経営の一線から退いた。2000年4月17日、83歳で死去。同年5月、鳴門市名誉市民に決まる[1][2]

著書に「わが実証人生」(定価10万円)「金儲けの秘訣」(定価5万円)がある。細川たかしの「人生希望と辛抱だ」(大塚グループの大鵬薬品が製造・発売する胃腸内服液『ソルマック』CMソング)の作詞も手がける。

脚注[編集]

関連項目[編集]

先代:
大塚製薬工場から分社化)
大塚製薬社長
初代:1964年 - 1976年
次代:
大塚明彦