飯田正人

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索

飯田正人(いいだ まさひと、1949年4月5日 - 2012年5月18日 )は、最高位戦日本プロ麻雀協会に所属した競技麻雀プロ雀士(かつては101競技連盟にも所属)。富山県出身。早稲田大学法学部卒。血液型はA型。

略歴[編集]

池袋の雀荘「ハッピー」のマネージャー、立教大学側に立地した雀荘「リツ」の経営を経て1981年、第6期最高位戦BIIリーグでプロデビュー。第7期にBIリーグ、第8期にAリーグへ連続昇級する。以来、2010年まで28期連続Aリーグを維持。2011年は体調不良のため特別休場。2012年5月18日未明に大腸癌のため死去[1]、63歳没。2012年にAリーグ復帰の予定だったが叶わなかった。

プロデビュー後はしばらくタイトルに縁が無かったが、最高位戦と同時に参加していた101競技連盟において、初タイトルとなる第5期八翔位を獲得した。

1989年に最高位を初めて獲得し、以後1993年まで4連覇。2009年に10回目の最高位を獲得してからは、協会から公式に永世最高位と呼ばれるようになった。通算10期の最高位保持は史上最多(2位は金子正輝の4期)。

雀風[編集]

雀風はリーチしてツモるという重厚なもので、手役よりも良形を重視する。モンド麻雀プロリーグの対局でも三色同順を狙わない手順があり、解説の土田浩翔から「飯田さんにはこういう切り方をするので三色の神様は微笑まない。代わりに平和の神様が微笑む」と評された。

エピソード[編集]

  • 「ミスター最高位」「(麻雀)大魔神」(以上、野上武紫)「白鯨」(以上、福島治)などの異名で呼ばれ、金子正輝と共に最高位戦の2枚看板を形成していた。
  • 第5回モンド21王座決定戦では最終戦南3局まで優勝を濃厚としていたが、オーラスで親の和泉由希子が三倍満ツモで逆転され、準優勝に終わった。しかし、この対局で和泉の当たり牌であった一索を止めて放銃を回避する離れ業を見せている。4巡目に飯田が切った二索を和泉がポンして7巡目に索子の混一色対々和・東・白・ドラ(東)3を一索、四索のシャンポン待ちでテンパイ(ロンで親の倍満、ツモで親の三倍満)した後、8巡目に引いてきた一索を切らずに放銃を回避した。まだ序盤であり和泉の手が高く見えないこと(対局後のインタビューで飯田自身は和泉の手を4000オールくらいだろうと思っていたと発言)、飯田の手がタンヤオ狙いである上に二索をポンされたため一索が使いづらいこと、さらに言えば点数に関係なく飯田が自ら和了れば優勝が決定する状況であったことから、解説の梶本琢程馬場裕一は飯田が一索を掴めば振込むだろうと話していた。実際に一索を掴んだ飯田が切らなかった際に、馬場は「これもすごい!」、梶本は「マジッすか!?」と驚嘆の声を上げていた。なお、飯田は対局後に和泉が二索をポンした時点で「一索は切れない」と判断し、和了へは向かわず次局勝負と決断したとコメントしていた。
  • 第6回モンド名人戦で3度目の優勝を果たしたが、出場権を獲得していた第8回モンド王座決定戦は体調不良で欠場したため、準優勝だった前原雄大が繰り上がって出場[2]。結果的に、第6回モンド名人戦決勝第2戦が飯田にとって最後のテレビ対局となった[注 1]
  • 死後、2012年6月27日には最高位戦日本プロ麻雀協会主催による「飯田正人永世最高位お別れの会」が開かれた[1][3]ほか、MONDO TVでも在りし日の対局や足跡などを振り返った追悼特別番組「プロ雀士・飯田正人スペシャル その偉大なる軌跡」が放送された(インターネットでも有料配信)。

獲得タイトル[編集]

出演[編集]

著書[編集]

出典[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ 放送で実況の土屋和彦が説明。

外部リンク[編集]