ハーツクライ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ハーツクライ
Heart's Cry 20051225P01.jpg
2005年12月25日 中山競馬場にて
現役期間 2004 - 2006年
欧字表記 Heart's Cry[1]
香港表記 真心呼喚
品種 サラブレッド
性別 [1]
毛色 鹿毛[1]
生誕 2001年4月15日(18歳)[1]
死没 (現役種牡馬)
抹消日 2006年11月30日
サンデーサイレンス[1]
アイリッシュダンス[1]
母の父 トニービン[1]
生国 日本の旗 日本北海道千歳市[1]
生産 社台ファーム[1]
馬主 (有)社台レースホース[1]
調教師 橋口弘次郎栗東[1]
厩務員 山本国雄[1]
競走成績
生涯成績 19戦5勝[1]
日本国内:17戦4勝
日本国外:2戦1勝[1]
獲得賞金 9億2536万900円[1]
日本国内:5億5573万1000円
日本国外:3億6962万9900円[1]
 
勝ち鞍
GI 有馬記念 2005年
GI ドバイシーマクラシック 2006年
GII 京都新聞杯 2004年
テンプレートを表示

ハーツクライ: Heart's Cry 真心呼喚)は、日本の元競走馬で現在は種牡馬

主な勝ち鞍は2005年有馬記念2006年ドバイシーマクラシック。日本調教馬で唯一ディープインパクトに先着した競走馬である。父は1995年から12年連続でリーディングサイアーに選出されたサンデーサイレンス、母は1995年の新潟大賞典新潟記念など中央競馬で9勝を挙げた馬アイリッシュダンス。馬名は母の名より連想してダンスパフォーマンスの『リバーダンス』中の一曲「ザ・ハーツクライ(The Heart's Cry)」から名付けられた。

競走馬時代[編集]

3歳[編集]

2004年1月の京都競馬場の3歳新馬戦武豊を鞍上にデビュー。1番人気に応え難なく勝利し、次のきさらぎ賞では1戦のキャリアながら3着に入り素質の高さを見せる。その後若葉ステークススズカマンボとの叩きあいを制し、挑んだ3歳牡馬クラシック第一弾皐月賞ダイワメジャーの14着と大敗。続く京都新聞杯では再びスズカマンボに競り勝ち、迎えた東京優駿(日本ダービー)では直線で大外から追い上げ、3着のハイアーゲームを捕らえるがキングカメハメハのレースレコード勝ちの前に屈し、2着となる。秋になり、再び武豊を背に神戸新聞杯に出走するも3着。キングカメハメハ不在の菊花賞ではダービー2着が評価され1番人気に支持されたが、デルタブルースの7着に終わり、クラシック競走優勝は果たせなかった。その後、3歳馬ながらジャパンカップ有馬記念を連戦するが、ジャパンカップは10着、有馬記念は9着に敗れている。

4歳[編集]

2005年初戦の大阪杯は直線だけで追い込み2着、続いて天皇賞(春)では追い上げるもスズカマンボの5着に敗れた。次に挑んだ宝塚記念でも11番人気のスイープトウショウにクビ差及ばず2着と、春は惜しいレースが続いた。その後放牧に出されるが、管理調教師である橋口弘次郎は「放牧が明けて秋になると、春とは別の馬のように馬体が成長した」とコメントしている。

秋初戦、トライアル競走を使わずに天皇賞(秋)に出走。結果はスローペースということもありヘヴンリーロマンスの6着であったが、上がりタイムの32秒8は前走敗れたスイープトウショウ(5着)と同じであり、将来への期待を失わないものだった。なお、2004年の東京優駿と同年の有馬記念以降同馬に騎乗してきた横山典弘ゼンノロブロイに騎乗したため、短期免許で来日中のフランス人騎手のクリストフ・ルメールが騎乗し、その後も騎乗を続けた。

続くジャパンカップは、後方から馬群を掻き分けて追い込み、オグリキャップホーリックスの記録を破る2分22秒1の日本レコードタイムで入線し、イギリス調教馬のアルカセットと同タイムながらハナ差3cmの2着に敗れた。

ハーツクライがGI初勝利を決めた第50回有馬記念(2005年12月25日撮影 左端10番。騎手・ルメール 中央の6番がディープインパクト)

その後ファン投票6位に推され、有馬記念への出走を決まる。迎えた第50回有馬記念では、鞍上のクリストフ・ルメールがこれまでの追い込むスタイルを一転させ大胆な先行策をとって成功し、無敗で三冠を制してこのレースに臨んできた圧倒的1番人気ディープインパクトの追撃を押さえ、半馬身差で初のGI制覇を達成した。

この勝利と年間を通じてのGI戦線での活躍が評価され、JRA賞で2005年度最優秀4歳以上牡馬に選出された。また有馬記念後、橋口は翌年にハーツクライの海外遠征プランを明らかにした。

5歳[編集]

2006年の初戦として選んだのは、3月のドバイシーマクラシックであった。事前の同じ橋口厩舎のユートピアとの追い切りでは、馬なりで上がり3ハロン33秒台という破格の時計を出し、本番では有馬記念と同じく、逃げ先行の作戦で、直線ではムチを入れることなくOuija Board(ウィジャボード)ら後続を突き放し2着に4馬身差をつけ勝利した。

同年7月には欧州最高峰の競走の1つ、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスへ出走。Hurricane Run(ハリケーンラン)に次ぐ2番人気に支持された。1970年以来の6頭立てという少頭数となり、終始3、4番手を追走して、最後の直線で一度は先頭に立つなど健闘したものの、3着に終わった。レース後、橋口は「イギリスへ来て馬が寂しがっていたのは意外だった。来年は帯同馬を連れて、再び同レースにハーツクライを挑戦させたい」と語った。

同年の日本初戦となったジャパンカップでは、凱旋門賞出走後のディープインパクトとの有馬記念以来の再戦ということもあり、注目された。しかしレース前にハーツクライが喘鳴症を発症していることが公表され、不安が残る中での出走となった。そして2番人気で迎えたレースではスタートから先行し、ライバルであるディープインパクトが最後方につける中、ハーツクライは道中3番手を進み、最後の直線を迎えたが、近走の様な手応えがなく、見せ場なく沈み11頭立ての10着と大敗した。

橋口は大敗を喘鳴症の影響によるという見方を示し、オーナー及び関係者協議の結果11月28日に現役引退が発表され2007年より種牡馬入りが決まった。

競走成績[編集]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)

騎手 斤量
[kg]
距離(馬場) タイム
(上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2004. 1. 5 京都 3歳新馬 10 8 9 1.7 (1人) 1着 武豊 56 芝2000m(良) 2:06.0 (35.3) -0.2 (ミヤタイセン)
2. 15 京都 きさらぎ賞 GIII 14 5 8 16.7 (5人) 3着 幸英明 56 芝1800m(良) 1:48.6 (35.2) 0.6 マイネルブルック
3. 20 阪神 若葉S OP 14 2 2 2.6 (2人) 1着 安藤勝己 56 芝2000m(良) 2:00.2 (34.2) 0.0 スズカマンボ
4. 18 中山 皐月賞 GI 18 8 16 14.0 (5人) 14着 安藤勝己 57 芝2000m(良) 2:00.0 (34.3) 1.4 ダイワメジャー
5. 8 京都 京都新聞杯 GII 11 8 11 3.8 (2人) 1着 安藤勝己 56 芝2200m(良) 2:11.9 (33.4) -0.1 (スズカマンボ)
5. 30 東京 東京優駿 GI 18 3 5 17.1 (5人) 2着 横山典弘 57 芝2400m(良) 2:23.5 (34.3) 0.2 キングカメハメハ
9. 26 阪神 神戸新聞杯 GII 8 8 8 2.4 (2人) 3着 武豊 56 芝2000m(良) 1:59.4 (33.8) 0.4 キングカメハメハ
10. 24 京都 菊花賞 GI 18 5 10 2.7 (1人) 7着 武豊 57 芝2000m(良) 3:06.2 (35.3) 0.5 デルタブルース
11. 28 東京 ジャパンC GI 16 2 3 6.5 (3人) 10着 武豊 55 芝2400m(良) 2:25.7 (35.2) 1.5 ゼンノロブロイ
12. 26 中山 有馬記念 GI 15 3 5 45.3 (10人) 9着 横山典弘 55 芝2500m(良) 2:30.5 (34.2) 1.0 ゼンノロブロイ
2005. 4. 3 阪神 大阪杯 GII 9 8 9 5.3 (4人) 2着 横山典弘 58 芝2000m(良) 1:59.2 (34.2) 0.2 サンライズペガサス
5. 1 京都 天皇賞(春) GI 18 8 16 13.7 (8人) 5着 横山典弘 58 芝3200m(良) 3:17.1 (34.5) 0.6 スズカマンボ
6. 26 阪神 宝塚記念 GI 15 3 4 18.3 (3人) 2着 横山典弘 58 芝2200m(良) 2:11.5 (35.2) 0.0 スイープトウショウ
10. 30 東京 天皇賞(秋) GI 18 5 10 6.7 (2人) 6着 C.ルメール 58 芝2000m(良) 2:00.4 (32.8) 0.3 ヘヴンリーロマンス
11. 27 東京 ジャパンC GI 18 8 16 7.2 (2人) 2着 C.ルメール 57 芝2400m(良) 2:22.1 (34.4) 0.0 アルカセット
12. 25 中山 有馬記念 GI 16 5 10 17.1 (4人) 1着 C.ルメール 57 芝2500m(良) 2:31.9 (35.0) -0.1 ディープインパクト
2006. 3. 25 UAE ドバイシーマC GI 14 13 5 - - 1着 C.ルメール 56 芝2400m(良) 2:31.89 (35.0) -0.67 (Collier Hill)
7. 29 英国 KGVI&QEDS GI 6 3 4 4.0 (2人) 3着 C.ルメール 60.5 芝12f(良) - - Hurricane Run
11. 26 東京 ジャパンC GI 11 1 1 5.8 (2人) 10着 C.ルメール 57 芝2400m(良) 2:27.7 (36.4) 2.6 ディープインパクト

種牡馬時代[編集]

繋養先は北海道勇払郡安平町社台スタリオンステーションで、初年度の種付料は500万円となり、春から供用されてその後99頭が受胎した。翌2008年、第1号の産駒となる栗毛の牡馬を、自身の生まれ故郷である社台ファームで繋養されているメイボール1月16日に出産した[2]

2010年に初年度産駒がデビューし、7月24日の小倉競馬場の新馬戦で、バラードソングが産駒としての初勝利を挙げた[3]2011年4月30日青葉賞ウインバリアシオンが産駒のJRA重賞初勝利を挙げる[4]

2013年10月27日天皇賞(秋)ジャスタウェイが優勝し、産駒のJRAGI初勝利を挙げた[5]。さらにジャスタウェイは2014年のドバイデューティーフリーを制し、日本競馬史上初となるドバイミーティング親子制覇を達成した[6]

2014年5月25日の優駿牝馬 (オークス)ではヌーヴォレコルトが勝利。産駒の牝馬GI初制覇を達成した。翌週の東京優駿 (ダービー)ではワンアンドオンリーが優勝。自身がなしえなかった東京優駿制覇を達成した。翌週の安田記念でもジャスタウェイが勝利し同一産駒での3週連続G1制覇を達成している[7]

2018年9月1日にはヨシダウッドワードステークスを勝利[8]。日本生産馬による史上初の米ダートG1勝利となった。

年度別種牡馬成績(中央+地方)[編集]

出走 勝利 順位 AEI 収得賞金
頭数 回数 頭数 回数
2010年 51 132 16 18 76 1.22 2億4957万3000円
2011年 124 616 51 77 19 2.26 11億0359万1000円
2012年 200 1182 93 134 12 2.22 16億7061万3000円
2013年 273 1766 117 213 5 2.12 22億0881万4500円
2014年 356 2579 159 290 3 2.35 33億0327万4000円
2015年 378 2947 177 279 3 1.69 26億0139万8000円
2016年 397 2901 158 288 4 1.60 26億5785万5500円
2017年 427 3109 170 284 4 1.81 33億0105万2000円
2018年 455 3098 195 314 3 1.80 34億3276万9000円

GI競走優勝馬[編集]

太字はGI競走、競走名の前の国旗は開催国 (日本以外の場合に明記)

グレード制重賞優勝馬[編集]

地方重賞優勝馬[編集]

母の父としての産駒[編集]

血統表[編集]

ハーツクライ血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 サンデーサイレンス系ヘイロー系

*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
アメリカ
父の父
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
父の母
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss

アイリッシュダンス
1990 鹿毛
北海道千歳市
*トニービン
Tony Bin
1983 鹿毛
*カンパラ
Kampala
Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
母の母
*ビューパーダンス
Buper Dance
1983 黒鹿毛
Lyphard Northern Dancer
Goofed
My Bupers Bupers
Princess Revoked
母系(F-No.) 6号族(FN:6-a) [§ 2]
5代内の近親交配 5代内アウトブリード [§ 3]
出典
  1. ^ JBIS ハーツクライ5代血統表2016年6月10日閲覧。
  2. ^ JBIS ハーツクライ5代血統表2016年6月10日閲覧。
  3. ^ JBIS ハーツクライ5代血統表2016年6月10日閲覧。

その他[編集]

  • アニメ脚本家である大和屋暁がハーツクライの一口馬主だった[49]

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 21世紀の名馬Vol.4 ハーツクライ、p.63
  2. ^ ハーツクライの初仔誕生”. 競走馬のふるさと案内所 (2008年1月25日). 2017年10月21日閲覧。
  3. ^ ハーツクライ産駒が初勝利/新馬戦”. 日刊スポーツ (2010年7月24日). 2017年10月21日閲覧。
  4. ^ 豪脚ウインバリアシオンV、いざ戦国ダービー獲り!=青葉賞”. スポーツナビ (2011年4月30日). 2017年10月21日閲覧。
  5. ^ 【天皇賞・秋】ジャスタウェイ ハーツクライ産駒初のG1制覇!”. スポニチアネックス (2013年10月27日). 2017年10月21日閲覧。
  6. ^ 有吉正徳 (2014年4月3日). “種牡馬としての価値も上げたハーツクライ”. 朝日新聞デジタル. 2017年10月21日閲覧。
  7. ^ 父サンデーサイレンスも2度達成している。【安田記念】ハーツクライ産駒 3週連続G1制覇”. スポニチアネックス (2014年6月9日). 2017年10月21日閲覧。
  8. ^ ハーツクライ産駒ヨシダがウッドワードSを快勝、芝&ダートG1制覇の快挙”. JRA-VAN ver.World (2018年9月2日). 2018年9月2日閲覧。
  9. ^ ハーツクライ 種牡馬情報 世代・年次別”. JBIS Search. 2019年3月12日閲覧。
  10. ^ ハーツクライ 種牡馬情報 種牡馬成績”. JBIS Search. 2019年3月12日閲覧。
  11. ^ アドマイヤラクティ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  12. ^ ジャスタウェイ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  13. ^ ワンアンドオンリー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  14. ^ ヌーヴォレコルト”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  15. ^ シュヴァルグラン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  16. ^ 【ジャパンC】シュヴァルグラン悲願のG1初制覇!キタサン連覇ならず” (日本語). スポニチアネックス. スポーツニッポン. 2017年11月26日閲覧。
  17. ^ スワーヴリチャード”. JBISサーチ. 2018年4月1日閲覧。
  18. ^ 【大阪杯】スワーヴリチャードが圧巻V!ミルコ大まくりで右回り克服しG1初制覇” (日本語). スポニチアネックス. スポーツニッポン. 2018年4月1日閲覧。
  19. ^ Yoshida”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  20. ^ リスグラシュー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  21. ^ 【エリザベス女王杯】GI・2着4度のリスグラシューがついに戴冠”. サンケイスポーツ (2018年11月11日). 2018年11月11日閲覧。
  22. ^ ギュスターヴクライ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  23. ^ カレンミロティック”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  24. ^ ウインバリアシオン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  25. ^ メイショウナルト”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  26. ^ ツルマルレオン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  27. ^ カポーティスター”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  28. ^ コレクターアイテム”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  29. ^ フェイムゲーム”. JBISサーチ. 2018年2月21日閲覧。
  30. ^ マジックタイム”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  31. ^ シュンドルボン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  32. ^ ストロングサウザー”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  33. ^ ベルラップ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  34. ^ ディアマイダーリン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  35. ^ アドマイヤエイカン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  36. ^ ロジクライ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  37. ^ アドマイヤミヤビ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  38. ^ サトノクロニクル”. JBISサーチ. 2017年12月4日閲覧。
  39. ^ グレイル”. JBISサーチ. 2017年11月27日閲覧。
  40. ^ ゴーフォザサミット”. JBISサーチ. 2018年4月28日閲覧。
  41. ^ ナリタポセイドン”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  42. ^ クライリング”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  43. ^ シンゲツ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  44. ^ ユッコ”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  45. ^ ヤマミダンス”. JBISサーチ. 2017年10月21日閲覧。
  46. ^ アスタークライ”. JBISサーチ. 2018年1月3日閲覧。
  47. ^ ラーゴブルー”. JBISサーチ. 2018年4月27日閲覧。
  48. ^ BMSハーツクライ 2018年度 重賞勝利レース
  49. ^ 大和屋オーナー「頭真っ白」/天皇賞 - 2013年10月28日日刊スポーツ

参考文献[編集]

  • 週刊Gallop編集部『Gallop臨時増刊 21世紀の名馬Vol.4 ハーツクライ』産業経済新聞社、2017年。

外部リンク[編集]