ファンタスティックライト

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ファンタスティックライト
Fantastic Light 20001126R1.jpg
2000年11月26日 東京競馬場(ゼッケン10番)
欧字表記 Fantastic Light
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1996年2月13日
死没 (現役種牡馬)
Rahy
Jood
母の父 Nijinsky II
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Gainsborough Farm Inc.
馬主 シェイク・マクトゥーム
ゴドルフィン
調教師 マイケル・スタウトイギリス
サイード・ビン・スルール (UAE)
競走成績
生涯成績 25戦12勝
獲得賞金 73万5773UKポンド
60万750アイルランド・ポンド
310万7400USドル
6349万8000
800万香港ドル
テンプレートを表示

ファンタスティックライトFantastic Light, 香港表記:奇異光芒)は、アメリカで生まれた競走馬。世界各国の競馬場を駆けめぐり、2000年・2001年とワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ総合優勝馬になっただけでなく、2001年のカルティエ賞年度代表馬および最優秀古馬、エクリプス賞最優秀芝牡馬にも輝いた名馬である。

戦績[編集]

2歳・3歳時代[編集]

2歳時、3歳時はイギリスを中心とするヨーロッパで走っていた。しかしクラシックトライアルを勝ったもののダービートライアルで負けたこともあり、クラシック競走には出走していない。3歳夏、エクリプスステークス3着のあとアークトライアルハイライズエプソムダービー勝ち馬)を破るも、凱旋門賞モンジューの11着に惨敗する。

古馬時代[編集]

4歳の始動はドバイシーマクラシックから。ここでは前々年の凱旋門賞馬サガミックスや英ダービー馬ハイライズらを退け3馬身差のレコードタイムで快勝した。その後もコロネーションカップ2着、キングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークス2着と12ハロン路線で堅実な実績を残した。秋はアメリカに転戦し、初戦となるマンノウォーステークスエラアシーナを退け優勝する。しかし続くターフクラシック招待ステークスではジョンズコールの4着、本番となるブリーダーズカップ・ターフでは凡走したモンジューにこそ先着するもレース中に進路が塞がれる不利を二度も受けてカラニシの5着と勝ち切れなかった。その後はジャパンカップに出走してテイエムオペラオーメイショウドトウに続く3着と好走し、続く香港カップでも1番人気に応え快勝、この勝利でジャイアンツコーズウェイを逆転してワールド・レーシング・チャンピオンシップの2代目チャンピオンとなった。

5歳の始動も前年同様ドバイシーマクラシックからであったが、今回は、ステイゴールドの驚異的な追い込みにハナ差敗れている。その後はタタソールズゴールドカッププリンスオブウェールズステークスG1を連勝してカラニシにBCターフでの借りを返し、古馬代表として臨んだキングジョージでもガリレオの2着と健闘、更に次走のアイリッシュチャンピオンステークスではガリレオとともに3着以下を6馬身突き放すマッチレースを演じたすえアタマ差でガリレオに雪辱を果たした。このレースはレーシングポストの読者が選ぶ名勝負100戦において第7位の名勝負に選ばれている。引退レースとなったBCターフでは、この年のセントレジャーステークス優勝馬ミランを3/4馬身抑えこんでレコード勝ち。2年連続ワールドチャンピオンになるとともに、カルティエ賞・エクリプス賞といった格式ある賞でもチャンピオンと認められた。

競走成績[編集]

出走日 競馬場 競走名 距離 着順 騎手 着差 1着(2着)馬
1998年08月02日 サンダウン ノーヴィスS 芝7f16y 1着 J.リード 1 3/4馬身 (Sicnee)
1998年08月22日 サンダウン 条件S 芝8f14y 1着 J.リード 3/4馬身 (Aesops)
1998年09月11日 グッドウッド スターダムS L 芝8f 3着 R.コクレーン 2 1/2馬身 Mutaahab
1999年04月24日 サンダウン クラシックトライアルS G3 芝10f7y 1着 D.ホランド 短頭 (Dehoush)
1999年05月08日 リングフィールド ダービートライアルS G3 芝11f106y 4着 D.ホランド 6 3/4馬身 Lucido
1999年06月15日 アスコット プリンスオブウェールズS G2 芝10f 2着 G.スティーヴンス アタマ Lear Spear
1999年07月03日 サンダウン エクリプスS G1 芝10f7y 3着 G.スティーヴンス 3/4馬身 Compton Admiral
1999年08月17日 ヨーク グレートヴォルティジュールS G2 芝11f195y 1着 G.スティーヴンス 1 1/4馬身 (Bienamado)
1999年09月19日 ニューベリー アークトライアル L 芝11f5y 1着 K.ファロン 3/4馬身 (High-Rise)
1999年10月03日 ロンシャン 凱旋門賞 G1 芝2400m 11着 J.リード 30馬身 Montjeu
2000年03月25日 ナドアルシバ ドバイシーマクラシック G3 芝2400m 1着 K.ファロン 3馬身 (Caitano)
2000年06月09日 エプソム コロネーションC G1 芝12f10y 2着 C.マッキャロン 3/4馬身 Daliapour
2000年07月08日 サンダウン エクリプスS G1 芝10f7y 5着 J.リード 6馬身 GIant's Causeway
2000年07月29日 アスコット KGVI&QEDS G1 芝12f 2着 J.リード 1 3/4馬身 Montjeu
2000年09月09日 ベルモントパーク マンノウォーS G1 芝11f 1着 J.ベイリー 1馬身 (Ela Athena)
2000年10月07日 ベルモントパーク ターフクラシック招待S G1 芝12f 4着 L.デットーリ 3 1/2馬身 John's Call
2000年11月04日 チャーチルダウンズ BCターフ G1 芝12f 5着 L.デットーリ 2馬身 Kalanisi
2000年11月26日 東京 ジャパンC GI 芝2400m 3着 L.デットーリ クビ テイエムオペラオー
2000年12月17日 沙田 香港C G1 芝2000m 1着 L.デットーリ 1 3/4馬身 (Greek Dance)
2001年03月24日 ナドアルシバ ドバイシーマクラシック G2 芝2400m 2着 L.デットーリ ハナ Stay Gold
2001年05月27日 カラ タタソールズGC G1 芝10f110y 1着 L.デットーリ クビ (Golden Snake)
2001年06月20日 アスコット プリンスオブウェールズS G1 芝10f 1着 L.デットーリ 2 1/2馬身 (Kalanisi)
2001年07月28日 アスコット KGVI&QEDS G1 芝12f 2着 L.デットーリ 2馬身 Galileo
2001年09月08日 レパーズタウン 愛チャンピオンS G1 芝10f 1着 L.デットーリ アタマ (Galileo)
2001年10月27日 ベルモントパーク BCターフ G1 芝12f 1着 L.デットーリ 3/4馬身 (Milan)

種牡馬として[編集]

2002年からダルハムホールスタッド種牡馬入り。2頭のG1勝ち馬を出したほか、日本でも初年度産駒のジャリスコライトが京成杯を勝つなどの活躍を見せた。2007年に日本に輸入され、ダーレー・ジャパン・スタリオン・コンプレックスで繋養される。2010年に日本での産駒がデビューしたものの、これといった活躍馬は現れず、2011年の種付け頭数は14頭にまで落ち込んだ。そしてこの年の種付けシーズン終了後にイギリスへ輸出された[1]

代表産駒[編集]

血統表[編集]

ファンタスティックライト血統ブラッシンググルーム系 / Nearctic4×5=9.38%(母内)、Nearco5x5=6.25%) (血統表の出典)

Rahy 1985
栗毛 アメリカ
父の父
Blushing Groom 1974
栗毛 フランス
Red God Nasrullah
Spring Run
Runaway Bride Wild Risk
Aimee
父の母
Glorious Song 1976
鹿毛 カナダ
Halo Hail to Reason
Cosmah
Ballade Herbager
Miss Swapsco

Jood 1989
鹿毛
Nijinsky 1967
鹿毛 カナダ
Northern Dancer Nearctic
Natalma
Flaming Page Bull Page
Flaring Top
母の母
Kamar 1976
鹿毛
Key to the Mint Graustark
Key Bride
Square Angel Quardrangle
Nangela F-No.14-c

外部リンク[編集]