スラマニ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スラマニ
欧字表記 Sulamani
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1999年4月9日
死没 2017年2月18日(18歳没)
Hernando
Soul Dream
生国 アイルランドの旗 アイルランド
生産 The Niarchos Family
馬主 The Niarchos Family
Godolphin Racing Inc
調教師 Pascal F.Bary(フランス
Saeed bin Suroor (UAE)
競走成績
生涯成績 17戦9勝
獲得賞金 307万2326ユーロ
テンプレートを表示

スラマニ (Sulamani) は、アイルランド生産の競走馬種牡馬。5か国で6つのG1競走に勝利した。2004年ワールドシリーズ・レーシング・チャンピオンシップ総合優勝馬。半兄にドリームウェルがいる。

戦績[編集]

3歳時代[編集]

デビュー戦はやや遅く、2002年4月7日にロンシャン競馬場で行われたシャンペレ賞となった。結果は13頭立ての7着という結果だったが、次走4月30日にメゾンラフィット競馬場で行われたサンクタス賞を3/4馬身差で勝って初勝利を挙げる。続く5月15日にシャンティイ競馬場で行われたラーヴル賞を1馬身半差で勝利を収め、ジョッケクルブ賞に駒を進めた。

6月2日に行われたジョッケクルブ賞では、重賞実績も全く無かったことから7番人気という低評価だった。同レースの圧倒的1番人気は5戦5勝で前走のリュパン賞を快勝したアクトワン (Act One) 。ラムタラ (Lammtarra) 産駒で5連勝中のシメオン (Simeon) が離れた2番人気だった。しかしレースはスラマニがアクトワンを1馬身半抑えて優勝、離れた3着にはシメオンが入った。レース後休養に入ったスラマニは、秋の最大目標を凱旋門賞に定めた。

3歳秋の始動は凱旋門賞と同じ舞台で行われる3歳限定のG2競走ニエル賞となった。3頭立てで行われたこのレースはスタート直後から超スローペース、最後の直線ではスラマニが鋭い末脚を見せ1着となったが、2400mの勝ちタイムは3分12秒8という常識外れに遅い時計[1]だった。

続く次走はロンシャン競馬場で行われる凱旋門賞に出走した。1番人気は同年の英・愛ダービー優勝馬のハイシャパラル (High Chaparral) 、スラマニは2番人気だった。日本からはマンハッタンカフェも参戦していた。結果はドイツのG1競走を2連勝してここへ臨んだ伏兵マリエンバード (Marienbard) の2着に敗れた。ハイシャパラルは3着。この直後スラマニはゴドルフィントレードされることになり、3歳シーズンを終える。

古馬時代[編集]

年が明けて2003年は、初戦にドバイシーマクラシックに出走しレコードタイムで優勝。しかし続くサンクルー大賞では前走で下したアンジュガブリエルの4着と敗退。さらにキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスでは勝馬のアラムシャーに3馬身以上離された2着と敗退。陣営はここで、芝路線の層の薄いアメリカ遠征を決行する。

アメリカ初戦のアーリントンミリオンでは、チャンピオンステークスの優勝馬ストーミングホーム (Storming Home) に続く2位入線となったが、そのストーミングホームが進路妨害により降着となったため、繰り上がり優勝となった。次走のターフクラシック招待では快勝。そしてアメリカ最大の芝レース、ブリーダーズカップ・ターフへと駒を進めるが、ハイシャパラルジョハーの同着優勝を尻目に5着と大敗した。

2004年も現役続行を続行し再びヨーロッパへ戻る。初戦はプリンスオブウェールズステークスへ出走するが4着に敗れ、さらにG2のプリンセスオブウェールズステークスでも2着と惜敗。さらにキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドステークスではドワイエンの3着と勝ちきれないレースが続く。しかしインターナショナルステークスでは勝利を収めると、カナダへと遠征してカナディアンインターナショナルステークスに出走、勝利を収め、これを最後に競走馬を引退。種牡馬となった。

種牡馬時代[編集]

2005年よりダルハムホールスタッドで繋養されている。初年度産駒からG1勝ち馬を出した。2017年2月、病気のため死亡[2]

主な産駒[編集]

Mastery(セントレジャーステークス香港ヴァーズデルビーイタリアーノ

血統表[編集]

スラマニ血統ニジンスキー系 / Northern Dancer 4・5×4=15.63%、Tom Rolfe 4×4=12.5%、Backpasser 5×5=6.25% (血統表の出典)
父系

Hernando
1990 鹿毛
父の父
Niniski
1976 鹿毛
Nijinsky Northern Dancer
Flaming Page
Virginia Hills Tom Rolfe
Ridin' Easy
父の母
Whakilyric
1964 鹿毛
Miswaki Mr.Prospector
Hopespringseternal
*リリスム
Lyrism
Lyphard
Pass a Glance

Soul Dream
1990 鹿毛
Alleged
1974 鹿毛
Hoist the Flag Tom Rolfe
Wavy Navy
Princess Pout Prince John
Determined Lady
母の母
Normia
1981 芦毛
Northfields Northern Dancer
Little Hut
Mia Pola Relko
Polamia F-No.16-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

半兄に1998年のジョッケクルブ賞(フランスダービー)とアイリッシュダービーの優勝馬で、同年のカルティエ賞年度代表馬に選ばれたドリームウェル(父サドラーズウェルズ)がいる。

脚注[編集]

  1. ^ 前年の優勝タイムは2分27秒0であった。
  2. ^ Versatile sire Sulamani dies after short illness”. Racing Post (2017年2月18日). 2017年11月5日閲覧。

外部リンク[編集]