スクリーンヒーロー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
スクリーンヒーロー
Screen Hero 20081109P1.jpg
2008年11月9日 東京競馬場
欧字表記 Screen Hero
香港表記 銀幕英雄
品種 サラブレッド
性別
毛色 栗毛[1]
生誕 2004年4月18日(13歳)
抹消日 2009年12月9日
グラスワンダー[1]
ランニングヒロイン[1]
母の父 サンデーサイレンス
生国 日本の旗 日本北海道千歳市[1]
生産 社台ファーム[1]
馬主 吉田照哉[1]
調教師 矢野進[2]鹿戸雄一美浦[1]
厩務員 寺本秀雄[3]
競走成績
生涯成績 23戦5勝[4]
獲得賞金 5億340万3000円[4]
テンプレートを表示
第46回アルゼンチン共和国杯

スクリーンヒーロー (: Screen Hero) は日本競走馬である。おもな勝ち鞍は2008年ジャパンカップアルゼンチン共和国杯[5]。馬名の意味は「銀幕のヒーロー」[6]

経歴[編集]

2歳-3歳 (2006年-2007年)[編集]

2004年4月18日出生[4]北海道千歳市社台ファームの生産馬[1]。2006年11月、美浦矢野進厩舎からデビュー[7]東京ダート1600mの新馬戦を人気薄(単勝239倍)で4着し、2007年1月13日、3戦目の未勝利戦(中山ダート1800m)で初勝利を挙げる[8]。翌月の500万下(中山ダート1800m)を逃げ切って2勝目[9]。続く初芝のスプリングステークスは5着に敗れた[10]

夏のラジオたんぱ賞を2着後、9月のセントライト記念で3着に入り、菊花賞への優先出走権を獲得[10]。しかし直後に左前脚膝の剥離骨折が判明して菊花賞を断念[11]。長期休養に入る[10]

4歳(2008年)[編集]

療養中の2008年3月、矢野進調教師の定年退職により鹿戸雄一厩舎へ移籍[2]。8月の支笏湖特別(札幌、芝2600m)でおよそ1年ぶりに復帰し、1番人気で勝利を挙げる[12][13]。続く2戦はいずれも2着に敗れるが、格上挑戦で挑んだ11月9日のアルゼンチン共和国杯重賞初勝利を挙げた[14]

3週間後の11月30日、ジャパンカップでGIに初出走[15]。実績のあるディープスカイウオッカメイショウサムソンなどが人気を集める中、ミルコ・デムーロ騎乗のスクリーンヒーローは単勝41倍、9番人気の伏兵だった[1]。レースは前半1000メートル通過が61秒8というスローペースとなり、3、4番手を進んだウオッカは掛かり気味に[1][16]。道中行きたがる素振りを見せる馬が多い中、スクリーンヒーローはスムーズに好位を追走[17]。直線で先頭に立つと、外から追い込んできたディープスカイを半馬身抑えて優勝した[1][17][注 1]

その後の有馬記念ではダイワスカーレットの5着に敗れるが、この年の活躍を評価されJRA賞最優秀4歳以上牡馬に選出された[18][19]。また、鹿戸は翌年のドバイシーマクラシックキングジョージ6世&クイーンエリザベスステークスなど、複数の海外遠征を示唆していた[20]

5歳(2009年)[編集]

1月14日、JRAより2008年度の「ワールド・サラブレッド・ランキング」においてスクリーンヒーローが122ポンドで23位に、同時に「ジャパン・サラブレッド・ランキング」では全部門において1位であることが発表された[21][22]

2009年初戦の阪神大賞典は3番人気で4着[23]。5月の天皇賞(春)アサクサキングスに次ぐ2番人気で出走するも、勝ち馬マイネルキッツから2秒7離された14着と大敗した[24]。鞍上の横山典弘は敗因について「前回、今回と関西への輸送が続いたし、前走は馬場も悪かったから。疲れがあったのかもしれない」と話した[25]。その後、短期休養をはさんだ6月の宝塚記念は5着に終わる[26][27]

4か月の休養をはさみ、秋は休み明けで天皇賞(秋)に出走した[28][29]。鞍上にはクリストフ・ルメールを予定していたが、ルメールの落馬骨折による来日延期のため、2007年以来となる北村宏司が騎乗した[29][30]。7番人気で出走したレースは内枠2番から先行、外からカンパニーに交わされたものの、内から迫るウオッカを抑えて2着に入った[28][31]。史上初の連覇を狙ったジャパンカップは前年と同じくデムーロとコンビを組む[32][33]。4番人気に支持されたスクリーンヒーローだったが、他馬に2回接触して置かれてしまい、勝ったウオッカから2.1秒差の13着に敗れた[33][34][35]

ジャパンカップ敗戦後、暮れの有馬記念では最終的に6位のファン投票を集めることになるが、これを回避して山元トレーニングセンターへ放牧に出されることが発表された[36][37]。 しかし発表直後の12月3日、左前脚に腫れが見られ、検査を行ったところ左前浅屈腱炎が判明[38][39]。9か月以上の休養を要する見込みとなり、オーナーの吉田照哉ら関係者による協議の結果、現役引退し種牡馬入りすることが決まった[5]。12月9日付けで競走馬登録を抹消[5]。翌10日に北海道新ひだか町レックススタッドで種牡馬入りした[12]

引退後[編集]

2010年4月付の「ワールド・サラブレッド・ランキング(2009年10月1日-2010年3月31日の世界主要レースの結果に基づく)」にて119ポンドの評価を受け、カンパニーやドリームジャーニーオウケンブルースリに次いで39位にランクインしたことが発表された[40]

2016年9月3日、札幌競馬場のパドックにて最終レース終了後にお披露目され約7年ぶりに競馬場に登場した。なおこの日のメインレースである札幌2歳ステークスでは産駒のトラストが優勝を果たしていた[41]

競走成績[編集]

[42]

年月日 競馬場 競走名


オッズ
(人気)
着順 騎手
距離(馬場) タイム
上り3F
タイム
勝ち馬/(2着馬)
2006 11. 25 東京 2歳新馬 16 6 11 239.3 (13人) 4着 木幡初広 55 ダ1600m(良) 1:41.4 (39.8) 1.3 レツィーナ
12. 17 中山 2歳未勝利 16 3 5 8.4 (5人) 2着 木幡初広 55 ダ1800m(重) 1:56.0 (40.1) 0.6 ゴールドマイン
2007 1. 13 中山 3歳未勝利 16 3 6 3.1 (2人) 1着 木幡初広 56 ダ1800m(良) 1:57.1 (39.8) -0.7 (ベルグミサイル)
2. 11 東京 カトレア賞 16 2 3 25.2 (8人) 3着 木幡初広 56 ダ1600m(良) 1:39.6 (37.9) 0.8 ドミンゴシチー
2. 25 中山 3歳500万下 9 6 6 2.4 (1人) 1着 木幡初広 56 ダ1800m(稍) 1:56.4 (38.6) 0.0 (テスタロッサ)
3. 18 中山 スプリングS JpnII 11 3 3 110.5 (10人) 5着 木幡初広 56 芝1800m(良) 1:49.5 (36.8) 0.5 フライングアップル
3. 31 中山 伏竜S OP 10 8 9 22.7 (7人) 2着 北村宏司 56 ダ1800m(稍) 1:53.9 (38.2) 0.1 メイショウエグル
5. 5 東京 プリンシパルS OP 13 7 10 19.7 (8人) 7着 蛯名正義 56 芝2000m(良) 2:00.4 (34.4) 0.8 ゴールデンダリア
6. 9 東京 エーデルワイスS 17 3 5 25.0 (8人) 4着 木幡初広 56 芝1600m(良) 1:34.4 (35.5) 0.3 ハイソサエティー
7. 1 福島 ラジオNIKKEI賞 JpnIII 16 4 7 62.6 (14人) 2着 石橋脩 54 芝1800m(良) 1:47.9 (35.3) 0.2 ロックドゥカンブ
8. 26 新潟 新潟記念 GIII 18 7 15 22.4 (9人) 16着 石橋脩 51 芝2000m(良) 1:59.6 (35.8) 1.8 ユメノシルシ
9. 16 中山 セントライト記念 JpnII 17 6 11 64.8 (14人) 3着 木幡初広 56 芝2200m(良) 2.12.7 (36.1) 0.7 ロックドゥカンブ
2008 8. 16 札幌 支笏湖特別 11 5 5 2.5 (1人) 1着 横山典弘 56 芝2600m(良) 2.44.2 (34.8) 0.0 (ビービーファルコン)
9. 7 札幌 札幌日経OP OP 12 8 11 4.6 (3人) 2着 武幸四郎 55 芝2600m(良) 2:42.4 (35.7) 0.4 ビエンナーレ
10. 12 東京 オクトーバーS 16 8 16 5.1 (2人) 2着 横山典弘 56 芝2400m(良) 2:26.2 (33.8) 0.0 ジャガーメイル
11. 9 東京 アルゼンチン共和国杯 JpnII 16 2 4 8.9 (2人) 1着 蛯名正義 53 芝2500m(良) 2:30.8 (33.7) -0.2 (ジャガーメイル)
11. 30 東京 ジャパンC GI 17 8 16 41.0 (9人) 1着 M.デムーロ 57 芝2400m(良) 2:25.5 (34.0) -0.1 ディープスカイ
12. 28 中山 有馬記念 GI 14 5 8 6.4 (3人) 5着 M.デムーロ 57 芝2500m(良) 2:32.0 (36.5) 0.5 ダイワスカーレット
2009 3. 22 阪神 阪神大賞典 GII 12 7 10 4.0 (3人) 4着 横山典弘 59 芝3000m(重) 3:14.0 (39.0) 0.8 アサクサキングス
5. 3 京都 天皇賞(春) GI 18 8 16 6.3 (2人) 14着 横山典弘 58 芝3200m(良) 3:17.1 (37.7) 2.7 マイネルキッツ
6. 28 阪神 宝塚記念 GI 14 6 10 21.4 (6人) 5着 横山典弘 58 芝2200m(良) 2:11.8 (35.3) 0.5 ドリームジャーニー
11. 1 東京 天皇賞(秋) GI 18 1 2 31.4 (7人) 2着 北村宏司 58 芝2000m(良) 1:57.5 (33.6) 0.3 カンパニー
11. 29 東京 ジャパンC GI 18 8 18 7.5 (4人) 13着 M.デムーロ 57 芝2400m(良) 2:24.5 (36.9) 2.1 ウオッカ

種牡馬時代[編集]

グラスワンダー産駒の最初の後継種牡馬となり、良血馬であることに加え初年度の種付け料が30万円(受胎条件)、50万円(出生条件)とリーズナブルであったことから、初年度は84頭との種付けを行った[43][44]。翌年以降の種付頭数はやや減少傾向となり2012年には53頭まで落ち込んだが、デビュー前の産駒が評判を呼んだ2013年は80頭と[10]再び増加し、デビュー後の産駒の活躍によって2014年から種付け頭数は向上していった[45]

そして2015年には2012年度産のグァンチャーレがシンザン記念を制し中央競馬で産駒初の重賞勝利を達成すると、初年度産駒から同年の安田記念マイルチャンピオンシップを勝利し同一年マイルG1競走制覇を達成したモーリスや、アルゼンチン共和国杯で史上初の父子制覇[46]を達成し同年暮れの有馬記念を制したゴールドアクターら2頭のG1競走優勝馬を輩出し、特にモーリスは2015年の海外G1競走である香港マイルも勝利し同年の年度代表馬にも選出された。この年の種付け頭数はキャリアハイとなる190頭と種付けしており、2016年からは余勢申込みで初年度の15倍以上になる500万円まで値上がるが、それでもシーズン前には満口となった[47][48]。2017年には700万(受胎確認後)にまで達し、ディープインパクトキングカメハメハに次ぐ国内3位となった[49]。また、同年から産駒のモーリスも後継として種牡馬入りをしている。

産駒は「仕上がりの早さ、体質の強さが大きな特徴で、早い時期からのデビュー率が高い」とされる[50]

主な産駒[編集]

太字はGI級競走

  • 2012年産(種付け数73頭、血統登録数44頭)
  • 2013年産(種付け数53頭、血統登録数34頭)
  • 2014年産(種付け数80頭、血統登録数47頭)
  • 2015年産(種付け数111頭、血統登録数57頭)
    • 未デビュー
  • 2016年産(種付け数190頭、血統登録数88頭)
    • 未デビュー

血統表[編集]

スクリーンヒーロー血統 (血統表の出典)[§ 1]
父系 ロベルト系
[§ 2]

*グラスワンダー
1995 栗毛
父の父
Silver Hawk
1979 鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Gris Vitesse Amerigo
Matchiche
父の母
Ameriflora
1989 鹿毛
Danzig Northern Dancer
Pas de Nom
Graceful Touch His Majesty
Pi Phi Gal

ランニングヒロイン
1993 鹿毛
*サンデーサイレンス
Sunday Silence
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
母の母
ダイナアクトレス
1983 鹿毛
*ノーザンテースト Northern Dancer
Lady Victoria
モデルスポート *モデルフール
*マジックゴディス
母系(F-No.) (FN:1号族(1-x)) [§ 3]
5代内の近親交配 Hail to Reason4×4、Northern Dancer4×4 [§ 4]
出典
  1. ^ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ スクリーンヒーロー”. 競馬ラボ. 2015年6月24日閲覧。
  3. ^ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月8日閲覧。
  4. ^ 血統情報:5代血統表”. JBISサーチ. 公益社団法人日本軽種馬協会. 2015年6月8日閲覧。

近親[編集]

祖母ダイナアクトレスは重賞5勝[60]。伯父にはステージチャンプ日経賞ステイヤーズステークス[60]、伯母プライムステージ札幌3歳ステークスフェアリーステークス)がいる[61]中山大障害中山グランドジャンプ勝ち馬のマルカラスカルがいる[61]

特徴・エピソード[編集]

  • 担当であった寺本秀雄厩務員曰く人の言うことをよくきく頭のいい馬であったといい、オーナーの吉田照哉は「父(グラスワンダー)もそうだったようで、スクリーンヒーローに騎乗したジョッキーは皆道中全くひっかからない馬だと言っていた。」と当馬の従順で素直な性格について語っていた[62]。またスクリーンヒーローの祖母にあたるダイナアクトレスの主戦騎手であった岡部幸雄は「アクトレスは古馬になってからも成長力に富んだ馬だったけど、その点はスクリーンヒーローにも伝わっている」と述べていた[63]
  • スクリーンヒーローの母系をモデルスポートの代から管理してきた矢野進調教師にとっては最後のクラシックへの出走権を得た当馬であったが、上記の通り剥離骨折により菊花賞は不出走に終わっている。ただ骨折の程度については本番まで誤魔化しながら使っていけばレースに出すことも可能ではあった為、トレセンスタッフも矢野に菊花賞への出走を薦めていた。しかし矢野は「この馬には将来があるし無理しなければ必ず大成するから」といい菊花賞出走への思いを踏みとどまったという[64]
  • 同世代の牡馬のなかでは唯一同期のウオッカに2回先着した馬でもある。ちなみにスクリーンヒーローのウオッカとの対戦成績は3戦2勝であり、3戦すべてが東京競馬場でのレースであった。[要出典]
  • 同じ牧場出身であるダイワメジャー皐月賞を制した同日に生まれてきた馬であったため、社台ファームの長浜卓也は「将来は大きな仕事をするかもしれないと期待していた」と出生当時のことを振り返っていた。また、このときのダイワメジャーの鞍上は、奇しくも後にスクリーンヒーローとともにジャパンカップを制することになるミルコ・デムーロであった[65]
  • ジャパンカップにおける単勝配当4100円は同レース史上歴代1位の高配当である[66]

脚注・出典[編集]

[ヘルプ]

注釈[編集]

  1. ^ 平地GIタイトルの獲得はグラスワンダー産駒としては初となった。

出典[編集]

  1. ^ a b c d e f g h i j k 第28回 ジャパンカップ”. JRA. 2015年6月8日閲覧。
  2. ^ a b ジャパンカップ 2008”. スポニチ. 2015年6月8日閲覧。
  3. ^ 寺本秀雄厩務員インタビュー”. 競馬ラボ. 2015年6月8日閲覧。
  4. ^ a b c スクリーンヒーロー”. JBBA. 2015年6月8日閲覧。
  5. ^ a b c 屈腱炎スクリーンヒーロー引退、種牡馬に”. ニッカンスポーツ (2009年12月10日). 2015年6月8日閲覧。
  6. ^ スクリーンヒーロー プロフィール”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  7. ^ 【皐月賞】スクリーンヒーローの傑作2頭が父に初クラシック届ける!”. 報知新聞 (2015年4月14日). 2015年6月24日閲覧。
  8. ^ マルカラスカルの従弟、スクリーンヒーロー完勝”. netkeiba.com. 2015年6月8日閲覧。
  9. ^ 中山3歳500万下、スクリーンヒーロー逃げ切り”. netkeiba.com. 2015年6月8日閲覧。
  10. ^ a b c d スクリーンヒーローを訪ねて~レックススタッド”. JBBA. 2015年6月24日閲覧。
  11. ^ スクリーンヒーローが骨折、菊花賞断念”. netkeiba.com. 2015年6月24日閲覧。
  12. ^ a b スクリーンヒーローを訪ねて~レックスタッド”. JBBA. 2015年6月8日閲覧。
  13. ^ 【支笏湖特別】(札幌)~休み明けスクリーンヒーローが人気に応える [News]”. 日経ラジオ社. 2015年6月8日閲覧。
  14. ^ ジャパンC、9番人気スクリーンヒーローが大金星”. netkeiba.com. 2015年6月24日閲覧。
  15. ^ 第28回 ジャパンカップ”. JRA. 2015年6月8日閲覧。
  16. ^ 3着 ウオッカ”. スポーツニッポン (2008年12月1日). 2015年6月24日閲覧。
  17. ^ a b 重賞レース回顧:ジャパンカップ”. netkeiba (2008年12月1日). 2015年6月24日閲覧。
  18. ^ JRA賞 バックナンバー”. JRA. 2015年6月8日閲覧。
  19. ^ 5着 スクリーンヒーロー”. スポーツニッポン (2008年12月29日). 2015年6月24日閲覧。
  20. ^ ヒーローにドバイ、Kジョージ遠征プラン”. 日刊スポーツ (2008年12月12日). 2015年6月24日閲覧。
  21. ^ 2008年度ワールドサラブレッドランキング(2009年1月14日発表)”. JRA. 2015年6月8日閲覧。
  22. ^ 08年度JPNサラブレッドランキング発表”. netkeiba.com. 2015年6月8日閲覧。
  23. ^ 第57回阪神大賞典(G2)”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  24. ^ 天皇賞・春、12番人気マイネルキッツがGI初制覇”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  25. ^ 【天皇賞・春】14着スクリーンヒーロー”. スポーツニッポン (2009年5月4日). 2015年6月24日閲覧。
  26. ^ 宝塚記念追切情報(4)スクリーンヒーローなど”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  27. ^ 第50回宝塚記念”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  28. ^ a b 【天皇賞・秋】北村ヒーロー「ウオッカには抜かれなかった」”. スポーツニッポン (2009年10月11日). 2015年6月24日閲覧。
  29. ^ a b 【天皇賞・秋】スクリーンヒーロー北村宏と再コンビ”. スポーツニッポン (2009年10月27日). 2015年6月24日閲覧。
  30. ^ 【古馬次走】スクリーンヒーロー北村宏と新コンビで盾へ”. スポーツニッポン (2009年10月21日). 2015年6月24日閲覧。
  31. ^ 第140回天皇賞(秋)”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  32. ^ 【JC】スクリーンヒーロー心強いデムーロとの再コンビ”. スポーツニッポン (2009年11月25日). 2015年6月24日閲覧。
  33. ^ a b 第29回ジャパンカップ”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  34. ^ 【有馬記念】スクリーン、ディザイア…JC組回避相次ぐ”. スポーツニッポン (2009年12月3日). 2015年6月24日閲覧。
  35. ^ 【JC】13着スクリーンヒーロー”. スポーツニッポン (2009年11月30日). 2015年6月24日閲覧。
  36. ^ 有力馬次走報”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  37. ^ 有馬記念ファン投票・最終結果発表”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。
  38. ^ スクリーンヒーロー屈腱炎、全治9カ月”. 日刊スポーツ (2009年12月5日). 2009年12月10日閲覧。
  39. ^ スクリーンヒーローが屈腱炎発症”. netkeiba (2009年12月4日). 2009年12月10日閲覧。
  40. ^ ワールドサラブレッドランキング(2009年10月1日~2010年3月31日分)”. JRA. 2015年6月9日閲覧。
  41. ^ 札幌競馬場にスクリーンヒーロー登場”. netkeiba.com. 2016年9月27日閲覧。
  42. ^ 競走成績:スクリーンヒーローの競走成績 - netkeiba.com
  43. ^ スクリーンヒーロー(競走馬のふるさと案内所)”. JBBA. 2015年6月8日閲覧。
  44. ^ 【サラブレッド競り市場=馬市】&【馬産地】の最新情報 by馬市.comより
  45. ^ 種牡馬情報”. JBISサーチ. 2016年3月4日閲覧。
  46. ^ ゴールドアクターがゴール寸前で差し切り、3連勝で重賞初V!/アルゼンチン共和国杯”. netkeiba.com. 2016年3月3日閲覧。
  47. ^ サラブレ 2016年3月号"種牡馬スクリーンヒーローの魅力"
  48. ^ うまレター2016年2月号 Vol.104"名馬がつなぐ物語"
  49. ^ http://www.jscompany.jp/nomination/js.cgi
  50. ^ 仕上がりの早さが特徴のスクリーンヒーロー産駒”. デイリー馬三郎. 2015年6月24日閲覧。
  51. ^ モーリス|競走馬データ”. netkeiba.com. 2016年5月2日閲覧。
  52. ^ ゴールドアクター”. JBBA. 2016年9月27日閲覧。
  53. ^ ライズライン(競走成績)”. JBBA. 2016年9月27日閲覧。
  54. ^ カッサイが兵庫勢を退け重賞初V/黒潮スプリンターズC・高知”. netkeiba.com. 2017年2月6日閲覧。
  55. ^ グァンチャーレ”. JBBA. 2015年6月9日閲覧。
  56. ^ ミュゼエイリアン”. JBBA. 2015年6月9日閲覧。
  57. ^ フジノサムライ”. JBBA. 2015年11月24日閲覧。
  58. ^ ランデックハナコ”. JBBA. 2015年6月9日閲覧。
  59. ^ トラスト|競走馬データ”. netkeiba.com. 2016年9月9日閲覧。
  60. ^ a b アルゼンチン共和国杯、スクリーンヒーローが重賞初V”. netkeiba.com. 2015年6月8日閲覧。
  61. ^ a b スクリーンヒーローのカタログ”. レックススタッド. 2015年6月8日閲覧。
  62. ^ 優駿 2009年3月号
  63. ^ 週刊Gallop』2009年11月29日号"祖母の血騒ぐヒーロー再び"
  64. ^ サラブレ 2011年3月号"〈名馬物語〉スクリーンヒーロー"
  65. ^ 優駿』2009年1月号
  66. ^ 柏木集保 『重賞レース回顧』”. netkeiba.com. 2015年6月9日閲覧。

外部リンク[編集]