サラブレ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動

サラブレ』とは株式会社KADOKAWAが発行していた月刊の競馬雑誌。ブランドはエンターブレイン

概要[編集]

1995年アスキーから『月刊ファミコン通信 攻略スペシャル』の増刊として創刊準備号が刊行される。同年10月11日、正式に創刊。当初は勝負服を着た女性タレントを表紙に起用、中央競馬の開催に合わせて年13回刊行された。1997年3月28日、同年5月号として月刊化。毎月28日発売だったが、2002年11月号からは毎月13日発売となった。

2021年4月発行の5月号巻末の編集後記の欄にて「競馬専門誌『サラブレ』は2021年6月号(5月13日発売予定)をもちまして、その後の刊行を休止させていただくこととなりました」、「『サラブレモバイル』は引き続き配信いたします」と掲載し、月刊の紙媒体としての刊行を休止しスマートフォンサイトやTwitterでの情報発信(配信)をメインにシフトすることとなったと公表した[1]

紙面の独自性は、カレンダー・ポスターや小冊子などの付録と、『ダービースタリオン』をはじめとする競馬ゲーム関連記事の多さが特徴だった。

また最盛期には、血統事典などの増刊号、ムック、下記の連載記事を単行本化した書籍、G1レースを中心にしたその年の中央競馬の主要レースの映像を収録したDVDを付録にしたDVDマガジンなどを発行していた。また、これらの別冊には『サラブレBOOK』のレーベル名が付いており、『ダービースタリオン』シリーズのゲーム作品新作発売日と同日発売のゲームガイドブック『今日から始めるダービースタリオン』シリーズも『サラブレBOOK』のレーベルから発行されていた[2]

連載コーナー[編集]

年代を跨いだ長期連載コーナーとして、競馬予想理論を扱う「金満血統王国」(国内担当の王様部屋、海外担当の長老部屋のほか、不定期で広義で競馬サークル内の人物に対するインタビューを担当する迎賓館のコーナーもあった)、

荒川耕の漫画「うままんが日記」(作者が闘病の末に死去し連載終了)、

笑えるネタをメインにした読者投稿ページ「ますざぶ」(いったん終了後、復活)。などがあった。

その他の連載

  • まねき馬倶楽部

休刊直前の中長期連載

  • 田辺裕信騎手の「一鞍専心」
  • 元JRA騎手佐藤哲三の騎乗の競馬論
  • JRA調教師池江泰寿のやっぱり競馬は難しい だから競馬は面白い
  • 競馬本 温故知新

春と秋のG1レース終了後、春分は8~9月号、秋は年明けの2~3月号辺りにG1レース総括の企画も掲載され、 2000年代にはマイケル・キネーン、2010年代後半には藤田伸二が登場し現役騎手の騎乗に辛いコメントをすることもあった。

関連項目[編集]

脚注[編集]

  1. ^ 『サラブレ』2021年5月号 (KADOKAWA、2021年4月13日発行発売、p138)
  2. ^ 『セガサターン版 ダービースタリオン全書』(1999年6月、発行アスキー/発売アスペクト、p336 ISBN 4-7572-0460-4 )

外部リンク[編集]