コスマー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
コスマー
欧字表記 Cosmah
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1953年
死没 (不明)
Cosmic Bomb
Almahmoud
母の父 Mahmoud
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 ヘンリー・ナイト
馬主 ユージン・モリ
競走成績
生涯成績 30戦9勝
獲得賞金 85,525ドル
テンプレートを表示

コスマー (Cosmah) は、アメリカ合衆国競走馬、および繁殖牝馬アメリカ殿堂トスマーや名種牡馬ヘイローなどの母として知られる名繁殖牝馬の一頭である。

経歴[編集]

マームード産駒の牝馬・アルマームードの初仔で、ローレンスリアライゼーションステークス勝ちのある種牡馬コズミックボムとの間に生まれた牝馬である。後に同馬の馬主となったユージン・モリは、当時ケンタッキーの競走馬生産者 オリン・ジェントリーに勧められ、この馬を7000ドルで購入した。

ステークス競走は2歳時に繰り上がりによって勝ったアスタルテステークスがあり、このほかにもガーデニアステークスで2着、フリゼットステークスで3着、3歳時のガゼルハンデキャップで2着に入っている。通算30戦9勝2着5回の成績で85,525ドルの賞金を稼ぎ出し、3歳で競走馬を引退して繁殖入りした。

コスマーの活躍により、初年度産駒にしてステークス競走勝ち馬を出したアルマームードは評価を高め、自身の評価額もまた高額になっていった。

繁殖入り後[編集]

コスマーの代表産駒は2頭おり、そのうちの一頭は繁殖入り初年度の1961年に生まれた父ティムタムの牝馬トスマー、もう一頭は1969年生まれのヘイルトゥリーズン産駒の牡馬ヘイローであった。

トスマーは競走馬として多大な活躍をした馬であった。2歳時からフリゼットステークス勝ちなどにより最優秀2歳牝馬に選ばれ、その後も5歳まで走り続け、最終的に39戦23勝の成績を残した。繁殖成績こそ振るわなかったものの、競走成績を評価されて後にアメリカ競馬殿堂入りを果たしている。

ヘイローも競走馬としてローレンスリアライゼーションステークスを勝つなどの成績を残しているが、同馬はそれ以上に種牡馬として大きな功績を残した。競走馬・種牡馬の両面で活動したサンデーサイレンスをはじめ、キングヘイローの母となったグッバイヘイローカナダ殿堂グローリアスソングなどを出し、北アメリカリーディングサイアーに2度輝いた。

競走馬としてあまり活躍しなかったものも多かったが、その中には牝系を伸ばして活躍馬を出す馬も少なくなかった。以下はその代表的な産駒たちである。

  • Queen Sucree - 父リボー。ケンタッキーダービー優勝馬キャノネイドの母など。
  • La Dame du Lac - 父ラウンドテーブル。アメリカ殿堂馬 Flawlesslyの祖母など。
  • Perfecta - 父スワップス。カナダ殿堂馬 L'Emigrantの祖母。
  • Maribeau - 父リボー。ファウンテインオブユースステークス勝ち馬。種牡馬として活躍する。

日本におけるコスマーの影響はサンデーサイレンスによるところが大きいが、それ以前にもコスマー直仔のファーザーズイメージが種牡馬として日本に輸入されている。同馬は皐月賞ハワイアンイメージの父となった。

血統表[編集]

コスマー血統ファラリス系 / Spearmint 5x5=6.25%、 The Tetrarch 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Cosmic Bomb
1944 鹿毛 アメリカ
父の父
Pharamond
1925 青鹿毛 イギリス
Phalaris Polymelus
Bromus
Selene Chaucer
Serenissima
父の母
Banish Fear
1932 青鹿毛 アメリカ
Blue Larkspur Black Servant
Blossom Time
Herodiade Over There
Herodias

Almahmoud
1947 栗毛 アメリカ
Mahmoud
1933 芦毛 フランス
Blenheim Blandford
Malva
Mah Mahal Gainsborough
Mumtaz Mahal
母の母
Arbitrator
1937 鹿毛 アメリカ
Peace Chance Chance Shot
Peace
Mother Goose Chicle
Flying Witch F-No.2-d


外部リンク[編集]