チョーサー (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
チョーサー
品種 サラブレッド
性別
毛色 黒鹿毛
生誕 1900年
死没 1926年2月4日
セントサイモン
カンタベリーピルグリム
生国 イギリス
生産 フレデリック・スタンリー (第16代ダービー伯爵)
馬主 第16代ダービー伯爵
第17代ダービー伯爵
調教師 ジョージ・ラムトン
競走成績
生涯成績 35戦8勝
テンプレートを表示

チョーサーChaucer1900年 - 1926年)は、イギリス競走馬種牡馬。大種牡馬の母の父として史上屈指の成功を収めた。馬名の由来は母の名カンタベリーピルグリムよりイングランド詩人ジェフリー・チョーサー」を連想したもので、その代表作「カンタベリー物語」が、カンタベリーピルグリム(カンタベリー大聖堂に参詣する巡礼者)によって語られていくという形をとることに関連がある。

その血統背景は一流で、母カンタベリーピルグリムはオークス馬、母の父はセントサイモンの引き立て役となったトリスタン、母の母は1000ギニー2000ギニーに勝ったピルグリミッジであった。半弟にもスウィンフォードがいるという優れた一族。チョーサーは母の小柄な体格を受け継ぎ、自身も小柄で優れた体格というわけではなかったが、美しい馬体だったと伝えられている。

もっとも競走成績はそれほど優れてはおらず、2-6歳の間にジムクラックステークスやリバプールカップに勝った程度であった。種牡馬入り後は順調に種牡馬成績を伸ばし、1916年にはサイアーランキングで2位につけた。

産駒は牝馬の活躍が目立ち、キャニオン、ピリオン、シリーニらが活躍。繁殖牝馬として成功したものもシリーンスカパフローなど数多く、母の父としてハイペリオンフェアウェイファロスシックルファラモンドなどを輩出した。これらの出現により、チョーサーは20世紀で最も優れたブルードメアサイアー(母の父)と呼ばれることもある。牡馬の活躍馬はジョッキークラブステークスでゲインズバラを破ったプリンスチメイ、29戦して22勝したステッドファストがおり、メールラインもプリンスチメイを通じて伸びた。父方子孫はセントサイモンの悲劇を乗り越え一時大きく繁栄、ボワルセルなどが出たが現在は衰退している。1927,1933年チャンピオンブルードメアサイアー。自身は1926年にウッドランド牧場にて死亡。

主な産駒[編集]

競走成績によるもの。

  • プリンスチメイ(ジョッキークラブステークス)
  • ステッドファスト(プリンスオブウェールズステークス、コロネーションカップ、ハードウィックステークス、セントジェームズパレスステークス)
  • シリーン(パークヒルステークス、シェヴェリーパークステークス、ナッソーステークス)
  • キャニオン(1000ギニー)
  • ピリオン(1000ギニー)
  • ダンセロン(2着 - エプソムダービー)

繁殖成績によるもの(競走成績と重複あり)。

  • プリンスチメイ(ヴァトウの父)
  • シリーン(ハイペリオン(英首位種牡馬6回)、シックル(米首位種牡馬)、ファラモンドの母)
  • スカパフロー(ファロス(英仏首位種牡馬)、フェアウェイ(英首位種牡馬4回)、フェアアイルの母)
  • キャニオン(コロラド、カーリオンの母)

血統表[編集]

チョーサー血統セントサイモン系 / Pocahontas4×5=9.38% Voltaire5×5=6.25%(父内)) (血統表の出典)
父系

St. Simon
1881年 黒鹿毛
父の父
Galopin
1872年 黒鹿毛
Vedette Voltigeur
Mrs. Ridgway
Flying Duchess The Flying Dutchman
Merope
父の母
St. Angela
1865年 鹿毛
King Tom Harkaway
Pocahontas
Adeline Ion
Little Fairy

Canterbury Pilgrim
1893年 栗毛
Tristan
1878年 栗毛
Hermit Newminster
Seclusion
Thrift Stockwell
Braxey
母の母
Pilgrimage
1875年 栗毛
The Earl, orThe Palmer Beadsman
Madame Eglantine
Lady Audley Macaroni
Secret F-No.1-g
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]