ブルーラークスパー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ナビゲーションに移動 検索に移動
ブルーラークスパー
欧字表記 Blue Larkspur
品種 サラブレッド
性別
毛色 鹿毛
生誕 1926年
死没 1947年
Black Servant
Blossom Time
生国 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生産 Idle Hour Stock Farm
馬主 Edward Riley Bradley
調教師 Herbert John Thompson
 →T. G. Hastings
競走成績
生涯成績 16戦10勝
獲得賞金 272,070ドル
テンプレートを表示

ブルーラークスパー (Blue Larkspur) は、1920年代末に活躍したアメリカ合衆国競走馬種牡馬ベルモントステークスを含む10勝を挙げ、1957年アメリカ競馬殿堂に殿堂入りした。

経歴[編集]

出生[編集]

父のブラックサーヴァントはブルーグラスステークス勝ちやケンタッキーダービー2着などの成績を残した競走馬で、ブルーラークスパー以外にも10頭ほどのステークスウィナーを輩出している。

馬名のブルーラークスパーとは、「青い飛燕草」という意味である。アメリカのオーナーブリーダーとして知られるエドワード・ライリー・ブラッドリーが生産した馬の一頭で、彼の他の所有馬と同じく頭文字に「B」をあしらって名付けられている[1]

競走馬時代[編集]

1928年ベルモントパーク競馬場の一般戦でデビュー、初戦は3着に敗れるが、続く未勝利戦をハナ差で制して初勝利を挙げた。勢いをつけたブルーラークスパーは、その後ジュヴェナイルステークス、ナショナルスタリオンステークス、サラトガスペシャルステークスとステークス競走を3勝、ベルモントフューチュリティにも出走予定であったがこれを取り消し、2歳シーズンを7戦4勝の成績で終えた。

3歳時はクラシック三冠路線に駒を進めている。クラシック本番のケンタッキーダービーではそれまでの成績から1番人気に推されたが、不良馬場に脚を取られてクライドヴァンデュッセンの4着に敗退した。その後ベルモントステークスに照準を定めてプリークネスステークスには向かわず、ウィザーズステークスに出走してこれを勝ち、当日に向けて調整を行った。ベルモントステークス当日は再び雨によって不良馬場となっていたが、捲土重来を期して1番人気に推され、これに応えるかのように2着に3/4馬身差をつけて優勝した。

ベルモントステークス以後はドワイヤーステークスに出走して2着に入り、次走アーリントンクラシックステークスを5馬身差で勝つなどのパフォーマンスを見せるが、この頃に屈腱炎を発症したため休養に入っている。結果としてこのシーズンを6戦しかできなかったが、これらの走りが評価されて同年の年度代表馬に選定された。

4歳になって復帰したブルーラークスパーは、スターズアンドストライプスハンデキャップをレコードタイムで優勝、続いてアーリントンカップにも勝利し、同年3戦2勝の成績で引退した。

獲得賞金272,070ドルは、当時のアメリカ競馬史上の歴代3位であった。

種牡馬時代[編集]

引退後はブラッドリー所有のアイドルアワーストックファームで種牡馬になり、後に殿堂入りするマートルウッドなどを始めに44頭のステークス勝ち馬を輩出して成功を収めた[2]。ブルードメアサイアーとしてはそれ以上に成功し、114頭のステークス勝ち馬を輩出した。

1946年にブラッドリーが死去するとキングランチに移り、翌年にグリーンツリースタッド移された。1947年に同地で死亡、21歳。

代表的な産駒[編集]

評価[編集]

主な勝鞍[編集]

1928年(2歳) 7戦4勝
ジュヴェナイルステークス、ナショナルスタリオンステークス、サラトガスペシャルステークス
1929年(3歳) 6戦4勝
ウィザーズステークスベルモントステークスアーリントンクラシックステークス
1930年(4歳) 3戦2勝
スターズアンドストライプスハンデキャップ、アーリントンカップ

年度代表馬[編集]

  • 1929年 - 年度代表馬、最優秀3歳牡馬
  • 1930年 - 最優秀ハンデキャップ競走牡馬

表彰[編集]

血統表[編集]

ブルーラークスパー血統ピーターパン系ヒムヤー系) / Padua 3x4=18.75%、Galopin 5x5=6.25%、Macaroni 5x5=6.25%) (血統表の出典)

Black Servant
1918 青毛
父の父
Black Toney
1911 青鹿毛
Peter Pan I Commando
Cinderella
Belgravia Ben Brush
Bonnie Gal
父の母
Padula
1906 青鹿毛
Laveno Bend Or
Napoli
Padua Thurio
Immortelle

Blossom Time
1920 青鹿毛
North Star
1914 栗毛
Sunstar Sundridge
Doris
Angelic St. Angelo
Fota
母の母
Vaila
1911 青鹿毛
Fariman Gallinule
Bellinzona
Padilla Macheath
Padua F-No.8-f


脚注[編集]

  1. ^ ブラッドリー、および彼の開設したアイドルアワーストックファーム(現ダービーダンファーム)の所有馬にはBimelechBlack HelenなどのようにBを頭文字とする馬名がよく付けられていた。
  2. ^ 産駒数の15%にあたる。

外部リンク[編集]