ムムタズマハル (競走馬)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動先: 案内検索
ムムタズマハル
欧字表記 Mumtaz Mahal
品種 サラブレッド
性別
毛色 芦毛ベンドア斑
生誕 1921年
死没 1943年ごろ
ザテトラーク
レディジョセフィン
母の父 サンドリッジ
生国 イギリスの旗 イギリス
生産 タットン・サイクス卿夫人
馬主 アーガー・ハーン3世
調教師 リチャード・セシル・ドウスン
競走成績
生涯成績 10戦7勝
獲得賞金 13,933ポンド
テンプレートを表示

ムムタズマハルMumtaz Mahal)はイギリス競走馬。愛称は「マムティ」。2歳牝馬として驚異的なスピードを示し「Flying Filly」とも呼ばれた。繁殖牝馬としても娘の産駒に活躍馬が多数出て、母レディジョセフィン、姉レディジュラーとともに名牝系を作り上げた。馬名はムガル帝国第5代皇帝・シャー・ジャハーンの第一王妃ムムターズ・マハルが由来。

戦績[編集]

ムムタズマハルは父ザテトラークから優れたスピードと、父と同じ毛色(芦毛ベンドア斑)を受け継ぎこの世に生を受けた。父とは違いすばらしい馬体だったため、1歳時のセリで後の大馬産家アーガー・ハーン3世に9100ギニーという当時としては2番目に高い価格で購入されている。

2歳時の調教で既に高いスピードを示し、調教の試走(5ハロン)ではフライアーズドウター(英クラシック三冠馬バーラムの母)に半ハロン(約100メートル)もの差を開いて先着した。1923年5月16日のスプリングステークス(ニューマーケット競馬場)でデビューすると、楽に流して後のオークス優勝馬ストレイスレース相手に楽勝した。続いて出走したロイヤルアスコット開催のクイーンメアリーステークスでは10馬身差を記録し、ナショナルブリーダーズプロデュースステークスを4馬身、モールコームステークスを10馬身、シャンペンステークスを3馬身と無敵の5連勝を飾った。しかし、インペリアルプロデュースステークスでは調子を崩し、アーケード(Arcade)を相手に初の敗戦を喫してしまった。

それでも3歳の復帰戦1000ギニーでは圧倒的な一番人気に押された。しかし初のマイル戦でスタミナが切れゴール前失速、プラックの2着に敗れた。次走のコロネーションステークスでも距離が長く5着に敗れている。結局1マイル以上の距離では勝てなかった。その後6ハロンのキングジョージステークスとナンソープステークスを連勝し引退した。

現役時代の総評としては先細りの早熟のスプリンターだったが、Flying Fillyの名に相応しく2歳時に見せたスピードは驚異的であったと伝えられている。

繁殖成績[編集]

引退後はアーガー・ハーン3世のシェシューン牧場で繁殖牝馬となった。ジュライカップ優勝馬ミルザやサセックスステークス優勝馬バドルディンなどを出したが、真価はむしろ産駒が繁殖牝馬となってから発揮された。ムムタズベグムはナスルーラを出し現代にスピードを伝えた。ムムタズマハルの牝系子孫はその後も発展し、ロイヤルチャージャーマームード、ミゴリ、アバーナントなどを通じて現代に大きな影響を与えている。日本ではホクトベガタニノギムレットスマートファルコンが代表格である。

ムムタズマハルの子孫の牝系図の主要な部分を示すと次の通りである。

Vintner Mare  F-No.9始祖
|(4代省略) 9号族参照
|Crab Mare 以下F-No.9-c
 |(14代省略)
 |Lady Josephine 1912
  |Lady Julor 1919
  |Mumtaz Mahal 1921
   |Mah Mahal 1928
   ||Mahmoud 1933 牡馬
   ||Mah Iran 1939
   |||Migoli 1944 牡馬
   |||Star of Iran 1949
   ||||Star of Shiraz 1955
   |||| Esmerald 1960
   ||||  *ペルシアンプリンセス Persian Princess 1967
   ||||   *ペルシアンテール Persian Tale 1973
   ||||    ラグビーボール 1983 牡馬
   ||||Petite Etoile 1956
   |||  Zahra 1974
   |||   Zarna 1987
   |||    Zarkana 1992
   |||     Zarkasha 1999
   |||      Zarkava 2005
   |||Mah Behar 1952
   ||  Nucciolina 1957
   ||  |*アリアーン Ariaan 1968
   ||  | キヨウエイシラユキ 1980
   ||  |  ケイシュウハーブ 1988
   ||  |  |ワールドクリーク 1995 牡馬
   ||  |  |スマートファルコン 2005 牡馬
   ||  |Alannya 1972
   ||    Aliysa 1986
   ||     Alaiyda 1991
   ||      *アラムシャー Alamshar 2000 牡馬
   ||Mbale 1945
   |  Flavia 1958
   |   Flaxen 1968
   |    *タニノシーバード Tanino Sea-Bird 1972
   |     タニノクリスタル 1988
   |      タニノギムレット 1999 牡馬
   |Badruddin 1931 牡馬
   |Mumtaz Begum 1932
   ||Sun Princess 1937
   || Royal Charger 1942 牡馬
   ||Dodoma 1939
   || Diableretta 1947
   ||  Ginetta 1956
   ||   Nasreen 1964
   ||    Sharmeen 1972
   ||     Shergar 1978 牡馬
   ||Nasrullah 1940 牡馬
   ||Rivaz 1943
   || Palariva 1953
   || |Atrevida 1958
   || | *シャークスキン Sharkskin 1969
   || |  クールフェアー 1978
   || |   タケノファルコン 1982
   || |    ホクトベガ 1990
   || |Khairunissa 1960
   ||   Kalamoun 1970 牡馬
   ||Malindi 1947
   |  Chandelle 1959
   |   Oh So Fair 1967
   |    Oh So Sharp 1982
   |     Rosefinch 1989
   |Rustom Mahal 1934
   ||Abernant 1946 牡馬
   |Milza 1935 牡馬

ムムタズマハルはその後フランスに移されたが第二次世界大戦によりドイツに接収された。ドイツ占領下で1943 - 1944年ごろに死亡したようである。

血統表[編集]

ムムタズマハル(Mumtaz Mahal)血統ザテトラーク系 / Doncaster5・5×5=9.38%) (血統表の出典)
父系

The Tetrarch
1911 芦毛
父の父
Roi Herode
1904 芦毛
Le Samaritain Le Sancy
Clementina
Roxelane War Dance
Rose of York
父の母
Vahren
1897 栗毛
Bona Vista Bend Or
Vista
Castania Hagioscope
Rose Garden

Lady Josephine
1912 栗毛
Sundridge
1898 栗毛
Amphion Rosebery
Suicide
Sierra Springfield
Sanda
母の母
Americus Girl
1905 栗毛
Americus Emperor of Norfolk
Clara D.
Palotta Gallinule
Maid of kilcreene F-No.9-c
母系(F-No.)
5代内の近親交配
出典

外部リンク[編集]