蛯名正義

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
移動: 案内検索
蛯名正義
Masayoshi-Ebina.jpg
2009年阪神JF表彰式
基本情報
国籍 日本の旗 日本
出身地 北海道
生年月日 1969年3月19日(46歳)
身長 162cm
体重 51kg
血液型 A型
騎手情報
所属団体 JRA
所属厩舎 美浦・矢野進(1987.3 - 1994.6)
美浦・フリー(1994.6 -)
初免許年 1987年
免許区分 平地
テンプレートを表示

蛯名 正義(えびな まさよし、1969年3月19日 - )は、JRA所属の騎手。2001年度の全国リーディングジョッキーであり[1]、2012年に史上7人目のJRA2000勝を達成した関東のトップジョッキーである[2][3]

人物[編集]

北海道出身[2]グリーングラスが勝利した菊花賞を見て騎手を志す[4]。1986年度卒業の競馬学校3期生であり、同期に武豊がいる[5]

競馬学校卒業後の1987年に矢野進厩舎からデビュー[2][4]。初騎乗は同年3月1日、中山競馬場第5競走の新馬戦で、14番人気アイガーターフに騎乗して人気通りの14着に敗れた[6][7]。同年4月12日、同じく中山での未勝利戦で2番人気ダイワパッションに騎乗して初勝利[6][8]。この年、蛯名は30勝を挙げて新人騎手賞を受賞した[4]。2001年には133勝を挙げて全国リーディングジョッキー[1]。2012年には史上7人目のJRA通算2000勝を達成している[3]

愛称は「エビショー」[9]。夫人は元土曜競馬中継司会者の石森かずえ[10]。調教師の蛯名信広は遠縁にあたる[11]

重賞勝利[編集]

アパパネ(2010年秋華賞)

デビューから6年目の1992年、フェブラリーハンデキャップ(GIII)をラシアンゴールドとのコンビで制し、重賞初勝利を挙げる[2][4]。GI初勝利はバブルガムフェローに騎乗した天皇賞(秋)である[2]

クラシックではアパパネとのコンビで秋華賞を含む2010年の牝馬三冠を勝利[4][12]したほか、ウメノファイバーで1999年の優駿牝馬を勝利[13][14][15]。牡馬ではマンハッタンカフェで2001年の菊花賞[4][16]イスラボニータで2014年の皐月賞を勝利している[17]が、東京優駿は1991年の初騎乗(シャコーグレイド)以来、未だ勝利が無い[18]

海外遠征[編集]

エルコンドルパサー(1999年引退式)

1995年、フジヤマケンザンに騎乗した香港国際カップで海外重賞を初勝利[4]。1998年より的場均に代わってエルコンドルパサーの主戦騎手となり[4]、同馬とのコンビでサンクルー大賞を勝利し[19][20]凱旋門賞を2着した[4][21]。2000年夏にはアメリカ合衆国東海岸へ長期遠征[22]。2010年、2011年にはナカヤマフェスタに騎乗し、エルコンドルパサーを管理した二ノ宮敬宇調教師とのコンビで再びフランスに遠征[23]。2010年のフォワ賞、凱旋門賞を2着した[24][25]

GI競走勝利一覧(年度別)[編集]

マンハッタンカフェ(2002年天皇賞(春))
フェノーメノ(2013年天皇賞(春))

斜字は統一GI太字は海外G1を指す。

表彰歴[編集]

テレビ出演[編集]

著書[編集]

脚注[編集]

[ヘルプ]
  1. ^ a b 2001年度 リーディングジョッキー(全国)”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  2. ^ a b c d e 今週の注目レース-ワールドスーパージョッキーズシリーズ”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  3. ^ a b “蛯名正義騎手、JRA通算2000勝達成”. netkeiba. (2012年1月21日). http://news.netkeiba.com/?pid=news_view&no=61287 2015年6月12日閲覧。 
  4. ^ a b c d e f g h i 蛯名正義騎手インタビュー(前編)”. 競馬ラボ (2009年9月6日). 2015年6月12日閲覧。
  5. ^ 騎手卒業生名簿”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  6. ^ a b 蛯名 正義”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  7. ^ 競馬 - サラ系4歳新馬 結果”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  8. ^ 競馬 - サラ系4歳未勝利 結果”. Yahoo!競馬. 2015年6月12日閲覧。
  9. ^ ホースライダーズ スペシャルサイト スペシャル”. コナミ. 2015年6月12日閲覧。
  10. ^ 矢野吉彦 (2015年4月4日). “25年前と今”. netkeiba. 2015年6月12日閲覧。
  11. ^ “障害練習中まさか…馬に蹴られ蛯名信広師死亡”. スポーツニッポン. (2009年4月4日). http://www.sponichi.co.jp/gamble/news/2009/04/04/kiji/K20090404Z00002080.html 2015年6月12日閲覧。 
  12. ^ a b “アパパネ快勝、牝馬3冠達成/秋華賞”. 日刊スポーツ. (2010年10月17日). http://www.nikkansports.com/race/news/f-rc-tp0-20101017-691274.html 2015年6月12日閲覧。 
  13. ^ a b 伊熊恒介「オークス ウメノファイバー 2000年のキーワード―エビショー、府中、ユタカオー産駒」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社別冊宝島492〉、2000年、100-101頁。ISBN 4-7966-9492-7
  14. ^ a b 第60回優駿牝馬(G1)”. netkeiba. 2015年6月12日閲覧。
  15. ^ a b 11R オークス|1999年5月30日(日)3回東京4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  16. ^ 名馬の軌跡マンハッタンカフェ”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  17. ^ a b 第74回 皐月賞”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  18. ^ “【ダービー記者ゴルゴ(前編)】蛯名正義騎手に直撃”. サンケイスポーツ. (2015年5月25日). http://race.sanspo.com/keiba/news/20150526/etc15052610220006-c.html 2015年6月12日閲覧。 
  19. ^ a b 合田直弘「サンクルー大賞 遠征の成否を分ける剣が峰の勝利」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、24-25頁。ISBN 4-7966-9492-7
  20. ^ a b Results From The 3.10 Race At Saint-cloud (FR) 4 July 1999” (英語). レーシング・ポスト. 2015年6月27日閲覧。
  21. ^ 栗山求「凱旋門賞 限りなく勝利に近い2着」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、20-22頁。ISBN 4-7966-9492-7
  22. ^ 『デイリースポーツ馬三郎』2000年9月9日、2面。
  23. ^ 名馬の軌跡エルコンドルパサー”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  24. ^ 蛯名正義/ナカヤマフェスタとアパパネを語る”. UMAJIN (2011年9月9日). 2015年6月12日閲覧。
  25. ^ ナカヤマフェスタ 競走成績”. 日本軽種馬協会. 2015年6月12日閲覧。
  26. ^ 10R 天皇賞(秋)|1996年10月27日(日)5回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  27. ^ 10R ジャパンC|1998年11月29日(日)5回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  28. ^ 木村光男「安田記念 エアジハード “栗毛の法則”の裏に隠された、走る馬の条件」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、104-105頁。ISBN 4-7966-9492-7
  29. ^ 11R 安田記念|1999年6月13日(日)3回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  30. ^ 藤森貞治「マイルCS エアジハード 挑戦者をビビらせたエアジハードの一言」『競馬名馬&名勝負年鑑1999-2000』宝島社〈別冊宝島492〉、2000年、104-105頁。ISBN 4-7966-9492-7
  31. ^ 11R マイルChS|1999年11月21日(日)5回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  32. ^ 9R 帝王賞(中央交流)|2000年6月22日(木)5回大井4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  33. ^ 9R 東京大賞典(中央交流)|2000年12月29日(金)16回大井3日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  34. ^ 11R 高松宮記念|2001年3月25日(日)1回中京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  35. ^ 11R スプリンターズS|2001年9月30日(日)4回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  36. ^ 11R 菊花賞|2001年10月21日(日)4回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  37. ^ 8R JBCスプリント(中央交流)|2001年10月31日(水)13回大井3日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  38. ^ 9R 有馬記念|2001年12月23日(日)5回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  39. ^ 11R 天皇賞(春)|2002年4月28日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  40. ^ 11R マイルChS|2002年11月17日(日)5回京都6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  41. ^ 11R 朝日杯フューチュリティS|2006年12月10日(日)5回中山4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  42. ^ 9R 有馬記念|2007年12月23日(日)5回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  43. ^ 11R 阪神ジュベナイルフィリーズ|2009年12月13日(日)5回阪神4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  44. ^ 10R 桜花賞|2010年4月11日(日)2回阪神6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  45. ^ 11R オークス|2010年5月23日(日)3回東京2日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  46. ^ 11R 秋華賞|2010年10月17日(日)5回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  47. ^ 11R ヴィクトリアマイル|2011年5月15日(日)2回東京8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  48. ^ 11R 天皇賞(春)|2013年4月28日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  49. ^ 11R 皐月賞|2014年4月20日(日)3回中山8日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  50. ^ 11R 天皇賞(春)|2014年5月4日(日)3回京都4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  51. ^ 11R 阪神ジュベナイルフィリーズ|2014年12月14日(日)5回阪神4日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  52. ^ 11R 朝日杯フューチュリティS|2014年12月21日(日)5回阪神6日”. 日本軽種馬協会. 2015年6月27日閲覧。
  53. ^ 平成26年度 民放記者クラブ賞について (PDF)”. 日本中央競馬会. p. 2. 2015年6月12日閲覧。
  54. ^ a b c JRA賞 バックナンバー”. 日本中央競馬会. 2015年6月12日閲覧。
  55. ^ a b ニュースぷらざ”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  56. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “東京競馬記者クラブ賞に蛯名騎手”
  57. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月1日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “蛯名騎手に東京競馬記者クラブ賞”
  58. ^ 「東京競馬記者クラブ賞」はアパパネが受賞”. 競馬ラボ. 2015年6月27日閲覧。
  59. ^ 2014年度「東京競馬記者クラブ賞」は蛯名 正義騎手が受賞日本中央競馬会 2015年6月12日閲覧
  60. ^ JRAヒストリー 2003-1994”. 日本中央競馬会. 2015年6月27日閲覧。
  61. ^ 2010年受賞者”. 日本プロスポーツ協会. 2015年6月27日閲覧。
  62. ^ 平成8年度 厩舎関係者表彰受賞者”. 競馬ニホン. 1997年6月14日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。
  63. ^ アラカルト”. 競馬ニホン. 2002年7月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年6月27日閲覧。 “1999年度代表馬にエルコンドルパサー”
  64. ^ 平成13年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  65. ^ 平成14年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  66. ^ 平成15年度厩舎関係者表彰決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  67. ^ 藤沢和調教師11度目の全国首位”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  68. ^ a b 2010年度JRA厩舎関係者表彰の受賞者が決定”. 日経ラジオ社 (2011年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  69. ^ 2011年度 JRA厩舎関係者表彰の受賞者が発表”. UMAJIN (2012年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  70. ^ a b 平成24年度厩舎関係者表彰受賞者”. ケイバブック (2013年1月4日). 2015年6月27日閲覧。
  71. ^ 「ニュース&インフォメーション『1989年度厩舎関係者定期表彰』」『優駿』1990年2月号、174頁。
  72. ^ 「JRA News『JRAの表彰規則による厩舎関係者の表彰』」『優駿』1994年2月号、173-174頁。
  73. ^ 平成9年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  74. ^ 平成16年度厩舎関係表彰者決まる”. ケイバブック. 2015年6月27日閲覧。
  75. ^ NHKアーカイブス保存番組検索結果詳細”. 日本放送協会. 2015年6月27日閲覧。
  76. ^ 武豊TV!II - フジテレビONE/TWO/NEXT(ワンツーネクスト)”. フジテレビジョン. 2015年6月27日閲覧。

関連項目[編集]

外部リンク[編集]